MacでPythonライブラリ「Ta-lib」をインストールする方法

MacにPythonライブラリ「Ta-lib」をインストールしようとしてハマったので、解決策を記しておきます。

macOS「Catalina」で動作確認できました。

スポンサーリンク
レクタングル大

Ta-libとは?

Pythonで簡単にテクニカル指標を算出できるライブラリです。

RSI・ボリンジャーバンドなどなど、一般的なテクニカル指標ならば網羅しているので、わざわざ自らロジックを組み必要が一切ありません。

以前紹介したビットコインの自動売買ツール(BOT)を構築するに当たり、はじめは自分でテクニカル指標算出のロジックを組んでいたのですが、Ta-libを利用することで構築効率が数倍跳ね上がりました。

昔と違って、最近は便利なツール・ライブラリーが沢山公開されています。この手のツールを利用して、本当に自分が作りたいロジック部分に集中することが重要ですね。

Mac導入時にハマった

さて、このTa-libですが、通常のPythonライブラリの導入より若干面倒くさい。

普通は「pip install」を利用すると思うのですが、環境によってはこれだけだと不十分なのです。

かくいう私もMacでハマりました。

環境:macOS Catalina(10.15)

単純に「pip install TA-Lib」をすると、以下のメッセージでライブラリのインストールに失敗する

ネットで調べてみると、どうやらMacに先にta-libを導入する必要があるらしく、「brew install ta-lib」を実行。

しかし、brew install後も、pip install時のエラーメッセージが消えませんでした・・・。

解決策

私のMacは最新のCatalinaを導入しており、このOSバージョンの情報が見つからなかったので「OSとの相性の問題か?」と半ばあきらめそうになったのですが・・・

結論としては「xcode-select」の導入が必要でした。

(xcode-select –install)

こちら実行後に再度「pip install TA-Lib」を行うと・・・

おお!無事インストールができました!当然ながらPythonコードの中でta-libのインポートもでき、普通に使えています。

macOS Catalinaでもta-libはしっかり使用できます。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">