ニューヨークの「Nintendo NY」に行ってみた

IMG_8609

ニューヨークにある、世界唯一の任天堂直営店「Nintendo NY」に行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル大

「Nintendo Store」について

先日タイムズスクエア付近を散歩していると、ゼルダの紙袋をもったグループが歩いていて、気になってググってみたところ、、

任天堂公式ストアがニューヨークにある!

IMG_8598

私はてっきり世界各地に点在しているのかと思ったら、、、ニューヨークにしかないんですね。近いうちに東京にも出店するようです。

息子の好きなゲーム「スプラトゥーン2」関連のアイテムも販売しているとのことで、試しに行ってみることにしました。

場所

場所はロックフェラーセンターの近くです(上の写真が入り口)。

アメリカで有名な薬局のチェーン店「Walgreens」の隣なので、行ってみたらすぐにわかるはず。

IMG_8600

マリオの銅像が「これでもか!」と主張しています。

店内(一階)

今回訪問した(現時点で唯一の)ニューヨーク店舗ですが、2階建ての作りとなっています。

店舗に入ったらはじめに目につくのが、2階に続く階段とエレベーター。

IMG_8601

こちらがエレベーター。ドアの上には任天堂のゲームキャラクターが掘られてたりして、とても凝った作り。店内全体に言えることですが、「あたかもゲームの世界に入ったみたい」な演出が楽しませてくれます。

一階は、主に「任天堂アパレル」が中心でした。

IMG_8602

こんな感じのニューヨーク限定のシャツやトレーナーなど。

IMG_8634

少し残念だったのが、子供用(ユース)のアパレルは、デザインが少なかったこと。大人のサイズの方がデザインが豊富でした。このストアは子供のほうが喜ぶと思うので、子ども用アパレルのデザインを増やしたほうがいいのでは?

IMG_8653

こちらもユースです。

IMG_8604

日本語のシャツもありました。ダサさ的に、、日本では着れないかな(笑)

IMG_8631

数ドル程度でキャンディーなども販売していました。お土産にいいかもしれませんね。

IMG_8603

任天堂のゲームをプレイできるコーナーもありました。

店内(二階)

二階にはエレベーターか階段を使って登っていくのですが、あえて階段を使ってみました。

IMG_8607

登る階段の下にはルイージが。そして、気になる白いポールがあります。

IMG_8609

二階に登ると・・・スーパーマリオのゴールフラグの演出でした。クリアしたときのマリオですね。

さて、二階ですが、様々な任天堂ゲームのコーナーに分かれています。メインで展示されていたコーナーは「ポケモン」・「ゼルダ」・「マリオ」。

IMG_8611

少し小さいスペースでしたが、スプラトゥーンもそれなりに。

IMG_8610

実物大「スプラシューター」も展示されていたり。

IMG_8613

ウオーターボトルやマグカップ。

IMG_8615

ゲーム内のブランドのキャップ。

IMG_8614

シールコレクション。

IMG_8617

漫画「スプラトゥーン」の英語版。

息子がいたらテンション上がってただろうな・・・・

IMG_8624

さて、隣には「これまで任天堂が世に創出したゲーム機」が展示されていました。ファミコンやディスクシステムなど。アメリカに住んでたときのNESが懐かしかったです。

IMG_8620

有名な「湾岸戦争で生き残ったゲームボーイ」も展示されていました。しかも電源が起動されていて、まだ使えることが証明されてる状態。話には聞いたことがあったのですが、それを目の当たりにできたのは、ある意味感動。

ゲームボーイは「子供が使うゲーム機だから、堅牢に作った」ってのは有名な話。

私も子供の頃は2台持っていて、ケーブルを接続してテトリス対戦に熱中した記憶が蘇り、、本当にいい思い出です。

IMG_8623

他には沢山のアミーボが展示されていたり。

IMG_8622

巨大スクリーンでゲームを試したりできたり。

IMG_8619

ゲームボーイのブランケットやバッグなど。

見てるだけでも楽しかったです

結局、私は以下を購入しました。
・自分と息子用に「Nintendo Store限定シャツ」
・息子用に「スプラトゥーンの漫画(英語)」
・息子用に「スプラトゥーンのシールコレクション」

息子は日本語の漫画を持っているので、英語版と読み比べながら少しでも英語の勉強をしてくれたらと、少し浅はかな考えもあったり(笑)

ニューヨークに旅行する機会があれば、一度訪問してみてはいかがでしょうか。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">