アメリカで格安SIMを使用してみました

IMG_8450

日本で購入したT-Mobileの格安SIMをアメリカで使ってみました。

電話番号は付与されるし、テザリングで他のデバイスからも使用できるし、最高です。

スポンサーリンク
レクタングル大

海外旅行するときのインターネット使用について

これはアメリカに限った話ではないのですが。

海外旅行でインターネットを使える状態にすることは非常に重要です。インターネットが使えたら、現在位置がわかるし、交通機関の情報も確認できる。困ったときは現地の言語に翻訳もできる。

スマホ様様です。入念に事前計画していた昔の海外旅行が懐かしく感じるくらい。

さて、海外でインターネット環境を準備する際、大きく2通りの手法を考えると思います。

1.Wi-Fiルーターをレンタルする

2.自分のスマホに入れるSIMを購入する

個人的には「2.」をおすすめします。1.の方が高く付くことが殆どですし、Wi-Fiルーターのバッテリーを気にする必要がある。電話番号も付与されない。

自分のスマホをそのまま使える「2.」の場合は、上記のWi-Fiルーターのデメリットを全て克服できます。

さて、上記の理由でアメリカに旅行するときもSIMをオススメするのですが、現地でSIMを調達すると困ることがいくつか出てきます。

まず「値段」です。ロサンゼルス空港で「2週間使用可能な、電話番号が付与される、無制限インターネットのSIM」を買おうとすると、$80と言われました。。ボッタクりすぎ!

市内のプロバイダで購入したこともあるのですが、なんとテザリングができなかったりして、複数のデバイスで使えず苦労したり。

で、色々試行錯誤した結果、個人的には「事前に日本でSIMを購入する」のがコスパがよく、最も安心できる手法だと感じました。当然、買い切りです。後で追加料金を請求されることもありません。

今回はこの「日本でアメリカ対応SIMの購入」について紹介します。

Amazonで購入

色んなサイトを参考に、私は以下から購入しました。

>>MOST SIM – アメリカ SIMカード(アマゾン公式)

短期旅行用、長期(1ヶ月など)用と、様々なプランが用意されています。

私は21日使用可能なSIMを購入しました。約4,000円と、現地で購入するよりも安い。

アクティベートについて

ポストに入れれるパッケージで届きました。

IMG_8449

中を開けてみると、よくあるSIMのパッケージ。

IMG_8450

QRコードとサイトのURLがありますね。

SIMを使用する前に「アクティベート」が必要になるのですが、この作業を代行してくれるようです。当然無料です。(というか、個人ではアクティベートさせてくれないようです)

IMG_8452

中のSIMがこちら。普通のSIMですね。

IMG_8453

SIMには予め切り込みがされていて、iPhoneのNanoSIMでも使えるようになっていました。

IMG_8454

SIMを付け替えるピンも付属していました。これ、よく無くすので、何気に嬉しい。

SIMカードに「シリアルナンバー」と「パスワード」が記載されているので、上記のアクティベートのサイトにアクセスして、必要事項を入力する。それだけでアクティベート依頼が完了します。

重要なのは「オンラインで依頼して、瞬時にアクティベートされるわけではない」ということ。どうやら情報を受け付けた後にバッチ処理で対応しているらしく、数時間から数日かかるっぽいです。

渡しの場合、実は渡米する1日前に依頼をして、結果的に着陸して半日は使用できませんでした(後述)。なので、渡米する数日前にアクティベート依頼をすることが必須だと思います。

実際に使ってみた

私は事前にSIMを自分のSIMフリースマホに入れて日本からの飛行機に乗り込みました。当然ながら日本にいる間は「圏外」の表示となっています。

で、本来であればアメリカに着陸した瞬間に使用可能になるはずなのですが、上記の通りアクティベートが間に合わなかったみたいでして、半日は圏外のままでした。

この時点で若干不安になったのですが、半日後には無事使用可能に。日本と同様にLTEのマークが左上に表示されました。

今回のSIMを試した地域は以下の通りです。

・ニューヨークのど真ん中

・ニューヨークとニュージャージーの郊外(田舎)

・ロサンゼルス

・ラスベガス

こんな感じで、アメリカの東西両方を試したのですが、全地域にて特に不都合なく使うことができました。T-Mobileの通信域であれば普通に使えるようです。ニューヨークの地下鉄は圏外になりましたが、それは単純に電波がつながっていないので当然ですね。恐らく現地の人も使えてないでしょう。

電話番号も普通に使えました。架電・受電ともに問題ありません。今回は現地の得意先と電話する機会も非常に多く、SIMなければ仕事にならなかったと思います。

インターネット・電話がいつでもできる。これは海外で行動する上で「安心」を持つのと同義です。海外旅行経験が浅い人ほど、事前のSIM購入を強くおすすめします。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">