香港の尖沙咀駅周辺で日本人に合う料理店を紹介

IMG_7653

海外旅行、出張の生活で避けられないのが「食事」です。

いや、食事自体は楽しいものなのですが、日本人は

  • 清潔で
  • それなりに美味しくて
  • 英語もそれなりに通じて
  • 明朗会計

この3つに慣れているので、海外でも同様の料理店に行かないと不安になりますよね。

これに加えて「旅行先の伝統料理」であればベスト。

今回は香港の繁華街である「尖沙咀駅」近辺で日本人にもオススメなレストラン・料理店を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

1.大都烤鴨(北京ダック)

駅から徒歩2分程にある「K11」というショッピングモールの2F(日本的には3階)にあります。

場所的にかなり入り組んだところにあります。K11の店舗マップは非常に見にくいのですが、間違いなく2Fにあります。

IMG_7660

上の写真からさらに奥に歩いていくとあります。(上の方向はレストランの入口に見えるのですが、まだ通路です)

IMG_7659

これが入り口です。

このお店の特徴として、1人で入ってもOKなのが嬉しい。北京ダックって複数で食べる事が多いと思うのですが、出張などで1人で行動しているときも気軽に食べられる。

IMG_7654

店内も清潔で日本人でも安心。

IMG_7649

ウエットティッシュもあります。

IMG_7656

北京ダックのメニューがこちら。Roasted Peking Duckがハーフで$278。基本的にこれを注文すると北京ダックの味噌とか野菜もついてきます。サービス料込みで$300くらい。日本円で5,000円以下ですね。北京ダックを楽しむと思えばリーズナブル。

IMG_7648

熱いジャスミン茶はおかわり自由。

IMG_7650

で、これが肝心の食事です。味噌・砂糖・ネギ・キュウリなど、北京ダックを食べる材料は全て込みです。北京ダックを包む皮も蒸した状態で持ってきてくれて本格的。

IMG_7651

カリカリにしたダックの皮と、その中に柔らかい肉た沢山!

IMG_7652

じっくり丸めて一気に食います。

味と食感ですが、北京で食べた北京ダックと同じレベルの味でした。味噌も北京のモノと違いがわからなかったです。

皮もカリカリで大変美味!オススメです!

2.池記 (海老ワンタン)

香港は海老ワンタンが有名ですが、こちらは行列ができるお店です。

駅の目の前のショッピングモールの後ろにあります。

IMG_7676

こんな感じでオシャレな看板。

IMG_7677

私が行った時間帯は6時ごろですが、こんな感じで大行列でした。

しかし、お店の人に「一人です」と告げると、行列を全てすっぽかして店内に。

で、3人連れの家族と相席になりました・・・少し恥ずかしい。

IMG_7673

上記のようなメニューで注文します。ただ店員さんに「海老ワンタンが食べたい」と言ったら、とりあえず持ってきてくれます。

IMG_7672

私は海老ワンタンとChicken Fingerを注文しました。この写真を見せたら持ってきてくれるはず。

海老ワンタンが5つも入ってます!

IMG_7675

かなり大きくて良い感じ!麺も細くて「香港に来た」雰囲気を味わうことができます。

Chicken Fingerもカリカリで(それ程辛くなく)美味しくいただきました。

3.Tsui Wah Restaurant 香港料理色々

最後は香港の大衆食堂です。非常に有名なチェーン店で、食事時には行列ができるレベルの人気。

こちらも駅から3分ほどなので見つけやすいのもポイント高い。

IMG_7694

5時くらいだった気がするのですが、既に行列が。

IMG_7690

店内は中国・香港の大衆食堂よりも清潔感がある感じ。

IMG_7692

香港で一般的な野菜と海老ワンタンや・・・

IMG_7697

カレーもあります!

IMG_7698

バターと砂糖がまぶしてるパンも美味しい。

IMG_7693

チャーハンは微妙でした・・・

上に紹介した2店よりも賑やかなので「俺、香港に来た!」気分を一番味わえるかと思います。駅に近いので観光客も多く、店員さんも外国の人に慣れてます。英語を話せる店員さんは少ないのですが、片言でも英語で話したら通じるはず。

以上が日本人にオススメな料理店・レストランでした。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">