仮想通貨botの成績報告(2020/5/17-5/23)

スポンサーリンク

今週のbot運用実績を紹介します。

ひたすらレンジ相場です。

仮想通貨botについて

仮想通貨を自動で売買するツールをpythonで構築しました。現在はビットコインの売買です。

ビットコイン相場の把握、Bot作成にほぼ必須のサービス「TradingView」の有料プランは半額で契約できます。詳細は以下の記事を参考にしてください。

期間

2020/5/17-2020/5/23

先週はbotの制限に引っかかってbot自体が停止するなど大失態を犯してしまったのですが、今週は大きな問題もなく稼働し続けてくれました。

今のところ8日間連続稼働しています。ただ、1点エラーに悩まされています。

BybitはTimestampエラーが酷い

これは他のbot開発者も悩んでいるっぽい。

Bybitにリクエストを送信すると、稀に以下のエラーメッセージで処理が失敗する。

{‘ret_code’: 10002, ‘ret_msg’: ‘invalid request, please check your timestamp and recv_window param.

これは「リクエストした時のタイムスタンプと、受信側(Bybitサーバ)のタイムスタンプに差異が発生」した時に出力されるエラーのようです。解決策としてはサーバ側のタイムスタンプと自サーバがズレないように調整すること。

・・・なのですが、私のサーバはNTPサーバとも時刻がズレておらず、時間ウインドウを調整しても、稀な確率で発生してしまう

結局は「発生するもの」と割り切って、エラー許容上限を設けることで対応することに。1時間に10回はエラーの発生を許容して、都度カウンタをリセットする実装を行いました。

収益など

取引回数

今週の取引回数は「1回」でした。

1勝0敗です。

5月はひたすらレンジ相場が続いており、今週も同様でした。そんな中で1勝できたのは、ある意味奇跡。

収支について

今週の収支画面がこちら。

レンジ相場なので「たまたま儲かった」感じです。50%の確率に勝っただけ。

BTC価格との推移比較グラフはこちら。

数日前にドテンショートが発生したため、BTC価格が下がるほど総資産は増加しています。ただ証拠金がBTC建てなので、BTC価格が下落すると証拠金の価値も下落する悪循環が発生する。

BTC価格と資産の比較差について、前回は「-0.05」だったので、若干改善しました。とはいえ、まだまだ誤差の範囲内ですね。大きな価格変動が発生すると一気に損失が発生しそうです。

今週の考察

先週に引き続きトレンドが一切発生しない相場でした。


このグラフを見ると、それなりの値動きが発生しているように見えますが、中長期の視点で見ると「ひたすらレンジ」が続いています。数日に1回急激な値動きが発生しており、その結果(27日の青丸の部分)にドテンショートが発生しました。

しかし、現時点でジリジリ上がってきており、ショートドテンが裏目に出そう。

私のbotは「レンジブレイクによるトレンドフォロー」戦略なので、このままレンジ相場が続いたら損失だけが積み重なっていきます。

このまま安定通貨になるとは思っていませんが、いつトレンドが発生するか・・・謎ですね。

今後の方針。

まずはBotの安定稼働が最優先。今週は安定していましたが、引き続き稼働状況を確認していく必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました