MacBook Air 2020のキーボードは、最高の出来だと思う

スポンサーリンク

MacBook Air 2020が到着してから、数時間タイピングしまくった感想です。

ひたすらキーボードについてだけの長文なので、キーボードについて興味ない人にとっては面白くない記事だと思います。

 

また、単純に今回のキーボードを称賛するだけでは面白くないので、以下の流れで説明します。

  • なぜ、パソコンのキーボードが重要なのか
  • バタフライキーボードを数年間使った上で確信したマイナスポイント
  • MacBook Air 2020のキーボードの良い点
  • 他のMacBookのキーボードとの比較

たかがキーボード、されどキーボード

唐突ですが、皆さん。

パソコンで最も重要なデバイスは何だと思いますか?

CPU?メモリ?ディスプレイ?

 

私は「キーボード」だと思います。

当然他のデバイスも重要ではあります。CPU/Memoryが貧弱だと、動作が重くなって、作業に支障をきたしますし、ディスプレイにヒビが入っていると、気になって作業効率が悪化するでしょう。

しかし、これらのデバイスの性能は日々進化しており、最近では極端な差別化ができないレベルになってきていると感じています。少なくともコンシューマー向けのパソコンでは。

私は2016年のMacBook12インチを保有していますが、普通にブラウジングやブログの執筆をするレベルでは今回購入したMacBook Air 2020と大きな違いを感じることがありません

殆どの利用シーンで、最近のパソコン(主にノートパソコン)は、オーバースペックだとも感じます。

 

一方、「キーボード」。

殆どのパソコン作業において、キーボードは「作業に直接影響するデバイス」です。

ブラウジングでもURLを入力したりします。ブログ執筆などの入力操作では、最もフォーカスするデバイスです。レポート作成や、プレゼンのスライド作成、プログラムのコーディングなど、全てキーボードを操作して作成します。

人間の体がパソコンに触れるポイントがキーボードです。パソコンを操作する為の主要デバイスがキーボードです。

 

将来的には入力デバイスの進化により、キーボードよりも先進的な入力デバイスが発明されるかもしれません。

しかし、現在はキーボードによる入力が中心なのです。

 

つまり、キーボードの使い勝手は、そのパソコンの使い勝手に直結するのです。

キーボードの重要性について、再認識いただけましたでしょうか。

MacBook Air 2020のキーボードは「シザーキーボード」

ここまで「キーボードはパソコンを選定する上で非常に重要なデバイス」であると説明してきました。

ここで「MacBook Air 2020」に話を移します。

この記事を読みに来てくださっている方は既にご存知だと思いますが、Appleは今回のMacBook Airに「バタフライキーボード」ではなく「シザーキーボード」を導入しました。

私は既にMacBook(無印)のみならず、MacBook Air(2018)も持っています。にも関わらず、発表直後にMacBook Air 2020の購入を即決しました。

その唯一の理由は「キーボード」でした。

バタフライキーボードは「やはり」使いづらかった

これを言うと「俺はバタフライキーボードの方が使いやすい」って意見が出てくるかもしれません。

わかります。私も同じように考えていたので。

私はバタフライキーボードになる前のMacBook Airも持っていますし、数年間使っていました。CCIE学習の為のラボ実習は、主にMacBook Air 2014を使用していました。

その後に、バタフライキーボードのMacBook(無印)とMacBook Air(2018)を購入しました。数年間使ってきました。

バタフライキーボードを使っている間は「バタフライキーボードも悪くないな」と思っていました。

 

でも、それは間違っていました。自分を騙していたって事が、今回ようやくわかったんです。

「自分のメインマシンがバタフライキーボードだから、良いと思い込みたいだけだった」

と。

 

バタフライキーボードは、主に以下のデメリットが存在しました。

先に断っておきますが、完全に主観です。私が挙げたデメリットが逆にメリットに感じる人もいるかもしれません。

そもそも「タイプしずらい」

当然ながらこれが一番の問題です。

キー自体に厚みがないので、本当にタイプしたか脊髄反射的に気になって、結果的にミスタイプが増えました。

キーストロークが浅くなる

キー自体に厚みがないので、キーを打つ幅が短い。

結果的にキーストロークが浅くなります。

すると「しっかりタイプした感覚が希薄になる」のです。

キーをタイプしている間、ひたすら「ペチペチ」って感覚に悩まされるのです。

かなり音がする(うるさい)

バタフライキーボードは、タイプすると「高い音」がします。

通常のキーボードの「カタカタ」という音よりも響くんです。

これ、かなり見過ごせない問題でして、飛行場の搭乗口などで待っているときとかカフェで作業しているときとか、周りに気を使っていました。

キーにゴミが入り込んで故障する

実体験として数回ありました。他の方も同様の報告している人もいますし、Appleも正式に認めています。

Macbookのキーボードがまた壊れた!再修理
Macbook無印(2017)のキーボードが「また」壊れました。 今回も「キーボード無償交換プログラム」で交換してもらいましたが・・・ 実は、Appleケアプラスに入ってる意味が殆どない? フーコック島で壊れた! 先...

 

しかし、個人的には、この問題は軽微なものだと感じています。

寧ろ、Appleはバタフライキーボードに関する故障は一般的な保証期間とは別に対応してくれるので、メリットだとも思っています。何度も新しいキーボードに交換してくれるので。

>MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム(Apple公式)

じゃあ何でバタフライキーボードを使い続けていたの?

ここまで「バタフライキーボード」のデメリットを紹介してきました。

これ程までに問題があったのにも関わらず、なぜ自分が「バタフライキーボード」のMacBookを使い続けていたのか?

今思うと(反省の意味合いも込めて)以下の理由があったと思います。

Appleが開発したデバイスだから「良いもの」だと思い込みたかった

恐ろしい先入観です。

「Appleが開発したんだから、良いものなんでしょ」

そんな思いがあったのは否定できません。

今思えばアホらしいですね。

Appleのノートパソコンで、他に選択肢がなかった

去年までは全てのタイプ・モデルでバタフライキーボードが搭載されていました。例外はありませんでした。

じゃあMacBook辞めてれば良かったじゃないか、と言われそうですね。

その通りです。今思えばバタフライキーボードのタイミングでWindows機に戻るのが最適解だった気もします。

でも、上記の通りMacに愛着があったので、バタフライキーボード搭載のMacを使い続けていました。

今思えば本当にアホらしいですね。

MacBook Air 2020のキーボードの「良い点」

さて、ようやく本題です。

MacBook Air 2020から、バタフライキーボードではなくなりました。MacBook Air 2014と類似した「シザーキーボード」に戻りました。

数時間使いましたが、最高です。

「なんでバタフライキーボードなんて使ってたんだろう。」

と思ってしまうレベルです。

文章を書くのも軽やかになりますし、Pythonのコードを書くのもアイデアを考えている時間を阻害されません。

「キーボードが違うだけで、これほどまでにパソコンの使い勝手が変わるとは」

と再認識させられました。

 

また、シザーキーボードに加えて、MacBook Air 2020のキーボードについて、以下のメリットを感じました。

(いくつかはシザーキーボードに付随したメリットです)

タイプ音が静かである

「ペチペチ」ではなくなり、通常のキーボードの音(カタカタ)に近くなりました。

マット調のキーがいい感じ

バタフライキーボードもツヤ消し加工がされていました。

MacBook Air 2020のキーは更に「サラサラ」になっている気がします。

これが触っていて気持ちがいい。ホームポジションに指を置いているだけでも快適です。

TouchIDもマット調になった

MacBook Air 2018の時は、なぜかTouchIDだけが「ツヤツヤ」でした。

これです。ツヤツヤしてますよね。

IMG_9691

これはこれで主張していて悪くはないのですが、やはり無駄に目立っていた感があります。

今回のMacBook Airでは、TouchIDも他のキーと同じくマット調になりました。

これです。サラサラしてますね。

IMG_9692

触ると「サラサラ」しています。気持ちいいです。

十字キーが「逆T字」に戻った

十字キーが、MacBook Air 2014の時代に戻りました。

以下の写真はMacBook Air 2018の十字キーです。

IMG_9689

こちらが2020の十字キーです。

IMG_9696

地味に大きな改善です。この変更はMacBookが自宅に到着する前から知っていたのですが、その時は「そんなに使い勝手には関係なくね?」と思っていました。

実際に使ってみると、、それなりに関係しました。

それは「漢字変換」をしている時です。

日本人は文章を打つ時に、しばしば漢字変換をします。との時に「この文字は変換して、次の文字に移動(右矢印押下)」とかを高い頻度で行っています。それ程意識はしませんが、やっています。

そんな時に右の小指で右矢印を押すはずで、逆十字型だと直感的に矢印の場所がわかるのです。

この改善、海外のユーザよりも日本人(アジア圏)が一番の恩恵を受けているのではないでしょうか。

日本語入力がしやすくなった

私は「Karabinar Elements」というキー操作ツールを使用しています。そして「左コマンドキーでローマ字」「右コマンドキーで日本語」と切り替えて使用しています。

バタフライキーボードでは、左コマンドキーを押すと同時に別のキーを押した場合、同時入力と認識されてしまう事象が起こっていました。これが「Wキー」だと最悪です。アプリがクローズしてしまってストレスでした。

シザーキーボードに戻ってからはキーストロークが深くなったので、今の所は同時入力と認識されてしまう事象に遭遇していません。

かなりのストレス改善です。

実際の比較

ここまでMacBook Air 2020のキーボードのメリットについて紹介してきました。

最後に実際に過去のMacBookと比較してみた感想を紹介します。

MacBook Air 2018

こちらがMacBook Air 2018のキーボードです。

IMG_9687

MacBook(無印)よりは改善されたバタフライキーボードですが、やはりストロークが浅い。

一方、こちらが今回(MacBook Air 2020)のキーボード。

IMG_9688

厚みがぜんぜん違う。写真だと分かりづらいけど、使ってみると本当に違う。

IMG_9705

MacBook Air 2018のキーボードでタイプするとストロークが浅くて、すぐに底を押してる感覚

IMG_9706

MacBook Air 2020の場合、「サクッ」っとキーが押し込まれる。しっかりタイプされている感覚が残ります。

MacBook(無印)

こちらがMacBookのキーボードです。

IMG_9701

既に2回交換しました。バタフライキーボードなので、キーが薄い。ペチペチする。

個人的にはMacBook(無印)はバタフライキーボードでも良い気がします。軽量化に特化しているので。

MacBook Air 2014

ここまでは他の方の紹介でも何度か取り上げられている情報も多いかと思います。

では「MacBook Air 2014」との比較はいかがでしょうか?

MacBook Air 2014はバタフライキーボードが採用される以前のキーボードです。

IMG_9697

こちらは日本語キーボードです。MacBook Air 2014を日本語キーボードで注文してしまったのが当時の誤算でした。

IMG_9695

こちらが2014のキーボードの詳細。逆T字の矢印キー、厚みがあるキー。

IMG_9690

こちらが2020のキー。2014よりは厚みが少ないですね。

 

こちらが2014のスペース周りのキー。

IMG_9693

そして、こちらが2020のスペース周りのキー、

IMG_9694

やはり若干ですが、2014の方が厚みがあるのが分かります。

事実、打ち比べてみると、2014よりは2020の方が若干浅い感覚があります。しかし、個人的には2020の方がストロークの深さもしっくりくる気がします。しかしこれは、私が購入したばかりで舞い上がってるからかもしれません。。

とにかく2014よりは厚みが少ないというのは事実です。

まとめ

このブログ記事を執筆している間も、何度か過去のMacBookと繰り返しタイプ比較を行いました。

その結果としても「やはりMacBook Air 2020のキーボードは非常に打ちやすい」と感じています。

最後に、MacBook Air 2020の買い替えを検討している方に対して、個人的な意見を述べたいと思います。

MacBook Air 2014以前からの買い替えの方

買い替えをオススメします。

単純にCPU/メモリなどのスペックが大幅に上がっているので、あらゆる作業の快適度がアップしているでしょう。

特にディスプレイがRetinaになっているので2014以前のMacとはクオリティが段違いです。

キーボードも違いは殆どありません。快適に使用できると思います。

MacBook(無印)からの買い替えの方

MacBook(無印)のキーボードより圧倒的に使いやすいです。

しかし、MacBook(無印)はモバイルノートの観点ではMacBook Airよりも優秀だと思っています。私も持ち運びはMacBook(無印)を使い続ける予定です。

なので、自宅マシンとしてMacBook Air 2020を購入することは強くオススメできます。

MacBook Air 2018からの買い替えの方

私のケースです。

個人的には「買い替えを強くオススメ」します。

やはりキーボードの使い勝手の差は大きいです。想像以上に。実際に買い替えた結果の感想です。

2年しか経っていないマシンを買い換えるのはコスパ的にも微妙だってのはわかります。しかし、やはりキーボードは最も触れるデバイスであり、その恩恵を受けられる事は非常に意味があると思います。

MacBook Air 2019からの買い替えの方

最も悩む方々だと思います。購入して1年足らずで大幅なスペックアップがなされた。Appleを恨みたくなる気持ちがあるかと。

まずは実機を触ってみてはいかがでしょうか。1年足らずで買い換えるのは、かなりのリスクが伴います。なので、まずは実機でキーボードを試してみるのが一番かと思います。

特に業務でMacBookを使用している方。キーボードはマジで生産性に直結します。MacBook Air 2019ユーザーであっても、実機を試してみて買い替えを検討することをオススメします。

 

・・・バタフライキーボードは本当に罪な存在でしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました