SidecarとLuna Displayを同時に使用してみた

IMG_8903

Catalinaから導入された新機能「Sidecar」と、iPadサブディスプレイ化製品の老舗「Luna Display」を同時に使用してみました。

さて、Macbookのトリプルディスプレイは実現できたのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

Sidecar、、最高です

このブログでは、Sidecarの記事を既に数回ポストしてきました。

Macを開いた瞬間にSidecarが使える!凄い!
またまたLuna Displayを使うメリットがなくなりました。 Sidecar、最高です! iPadをMacのサブディスプレイ...

私がSidecarを使い続けて2週間になりますが、ほぼ毎日使っています。そのくらいヘビーに使っています。

上の記事でも書いたのですが、やはり「Macbookを開いた瞬間にiPadをサブディスプレイにできる」ってのは、超便利です。通常の外部ディスプレイをケーブルで接続していた状態とほぼ同じ使い勝手。Luna Displayのような「ドングル刺して、iPad側でアプリ起動させて・・・」のような事前準備が一切いらない。

やはりハードとソフトを同じメーカーが作っている強みが出ていると感じました。

Luna Displayと併用できるのか?

さて、本日のメイントピックです。

SidecarとLuna Displayは併用できるのでしょうか。

つまり、SidecarでiPadをサブディスプレイにする。そして、Luna Displayのドングルも装着して、もう一つのiPadもサブディスプレイにする。

Macbookのスクリーンも合わせると、合計でトリプルディスプレイです。

しかも全て無線です。ケーブルレスでトリプルディスプレイ!

原理的にはできるはず。SidecarもLuna Displayも完全に独立した別のアプリケーションなので。

幸いにも私はiPad Proを2つ、Luna Displayも持っているので、実際に試してみることにしました。

実際に試してみた!

準備した機材:

IMG_8903

Sidecarは既に設定済なので、Luna Displayの準備をしていきます。

Macbook側のLuna Displayアプリを起動させて。

Luna1

USB-CポートにLuna Displayのドングルを差し込んで。

IMG_8904

iPad Pro側のLuna Displayを起動。

IMG_8905

これでLuna Displayを使用してMacbookのサブディスプレイが実現できました。

この状態で、Sidecarを使用して、もう一つのiPad Proをサブディスプレイ化させてみます。こちらはMacbook上部のAirPlayでiPad Proを選択するだけ。

IMG_8906

すると・・・おお!しっかり両方ともサブディスプレイになりました!

デフォルトだと「Macbook・SidecarのiPad Pro・Luna DisplayのiPad Pro」の順番にディスプレイが配置されています。こちらは変更可能です。

当然、ディスプレイ間でアプリの移動も可能。普通のトリプルディスプレイと使い勝手は同じです。

まとめ。SidecarとLuna Displayの併用は可能

という結果になりました。

また、実際に両方同時に使ってみると、Sidecarの方が画質も応答速度も優秀であることが一目瞭然でした。

Sidecarの場合はUSB-Cポートを専有しないのもポイントが高い。無印MacbookはUSB-Cポートが1つしかないので、Luna Displayを使用すると、充電さえできなくなります(Luna Displayは拡張ドングルでの仕様をサポートしない)。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加