ビットコイン自動売買ツールの途中経過1

本日は、数日前に本番稼働させた「ビットコイン自動売買bot」の途中経過について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

天気がいいです

今日は天気がいいので、公園に来てブログ書いてます。

IMG_8579

ここがどこかわかりますか?

なぜかセントラルパーク。

ニューヨークのセントラルパークです。

実は、今月は日本に4日しかおらず、アメリカの滞在が中心。

ニューヨークは気温も落ち着いていて、公園で過ごすのが快適になってきてます。
(日本と違って蚊がいないのも嬉しい。私は蚊に真っ先に刺される体質なので)

自動売買ツールの途中成績

さて、セントラルパークでの休憩は非常に快適なのですが

自動売買ツールの途中経過は、決して嬉しい結果ではありません。

仮に1Bitcoinを購入していたと仮定すると・・・

-144,397円

となっています。

つまり、「マイナス14万円」以上です。

まだまだ購入レートが低いので、実際の損害は少ないのですが、高レートで運用開始していたら・・・ゾッとしますね。

やはり、世の中は甘くないです。

マイナスの原因

原因は色々とありますが、一番の原因は・・・

数日前の「仮想通貨軒並み大幅下げ」が直撃した

というのが大きい。

運用開始した数時間後に「-20万円」の劇的な下げが直撃しました。

本来であれば「急激な下げが発生したら、一旦売って少し様子見してから買い戻す」というロジックをコードの中に組み込んでいたので、数分の間で数万円下がるような「マジ急激下げ」の場合は、むしろプラスに働くはずだったのです。

しかし、今回の下げは「数時間かけてジリジリ上がることなく下る」だったので、、ひたすら「掴む→下がる→掴む→下がる」を繰り返しており、結果的に下げ幅に近い損失となりました。

下がった後も、この数日間のシミュレーションとは全く違った動きをしていたので、結果的に「数日間の情報から算出した最適な取引」では対応できない結果となりました。

とりあえず、稼働は続けます

上で「劇的な下げ」と書きましたが、仮想通貨のグラフを見ると、決して稀な出来事ではないことがわかります。つまり、早かれ遅かれ起こる事象でした。なので早いうちに標本が取れたことを良しとするしかありません。

一時はプログラムを終了させようかとも思ったのですが、このレベルの事故は今後も起こりうる事なので、全体最適化の観点で、動かし続けています。アベレージで結果を残すことが一番の目標なので。

(アベレージで負ける可能性のほうが大きくなりましたが・・・)

次更新するときは、損失が拡大していないことを祈っててください。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">