AppleWatch6用に充電スタンドを買って失敗した話

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Apple Watch Series6の充電を効率的に行うために充電スタンドを購入!

結果、大失敗をしてしまいました。

スタンド自体の問題ではなく、私の事前の調査ミスです。でも「Apple Watch Series 6の充電器を追加で買おう」と思っている人は参考にしてください

Apple Watchのスタンドが欲しくなった

2週間ほど前に購入した「Apple Watch Series 6」。なんだかんだ言って毎日装着しています。

未だに5万円の価値を見出していないのですが、とりあえず毎日つけてます。

このApple Watchという製品、バッテリーが1日しかもたない。

つまり、1日に1回は充電しなければいけないのです。

Apple Watchを購入した際に充電ケーブルも付属していたのですが、我が家は「iPhone・iPad・Mac・Windows」などなど、既に沢山の充電ケーブルが閑散しており、これ以上ケーブルが増えるのはできるだけ避けたい

そんなときに、Amazonで以下の製品を発見しました。

ほほぉ、これを使えば、Apple Watchの充電ケーブルだけではなく、iPhoneとかの充電ケーブルも減らすことが出来る

iPhoneの非接触充電もできるようになる!

一石二鳥やん!

てなわけで、試しに購入してみることにしました。

外観の紹介

フラストフリーパッケージで届きました。

外箱はこんな感じ。

6 in 1チャージャーです。

外箱を開けてみました。本体以外にも充電ケーブルも付属しています。

本体のビニール袋も取り外してみました。付属品は以下の通り。

  • 本体(充電器)
  • 本体に接続するケーブル
  • 取扱説明書

充電器本体について、もう少し詳しく見ていきます。

まず、左には以下の充電スタンドが。

  • ライトニングポート
  • Apple Watch用の非接触充電

Apple Watchの非接触充電箇所は、こんな感じで持ち上げることができます

次に中央。iPhoneなど、スマホの非接触充電に対応しています。

最後に右側。こちらはグルグル回すことができ、以下のインターフェースに対応しています。

  • USB-C
  • ライトニング
  • MicroUSB

この右側のインターフェースが特徴的ですね。グルグル回す時は、手に少し力を入れる必要がありますが、想像以上にスムーズに動きました。

充電器本体に接続するためのケーブルです。充電器に接続する向きは「USB-C」でした、一方、逆側(充電器に給電する方)はUSB-Aインターフェース。

実際に様々な機器を充電器に接続してみた

実際に購入を検討している人は、一番気になるポイントだと思います。

中央の非接触充電の箇所

iPhone7を試しに置いてみました。大きさ的には上の写真の感じです。

左のライトニングインターフェース

同じくiPhone7を充電してみました。こんな感じです。

少し安定感に不安が残りますが、力を加えなければ折れる様子はありません。

Apple Watchを充電する非接触充電の箇所

実際にApple Watchを置いてみました。

Apple Watch純正の充電ケーブルと同様、マグネットが入ってるっぽく、いい感じにくっついてくれます。

問題なく充電も開始されました。

右のくるくる回る充電の箇所

iPhone7を充電してみます。

こんな感じでしっかりと固定されます。MicroUSBとUSB-Cのスマホは試していませんが、iPhone以外も同様に充電できそうです。

ここで疑問がわきました。iPadとかデカいタブレットは充電できるのか

実際にiPad Proで試してみました。

、、、できなくはないけど、左手を外すと後ろに倒れます

実運用には向かないですね。

非常に残念だった点

こんな感じで、色んなデバイスの充電に使えそうだったのですが、、、とてもとても残念だった点が2つあります。

恐らくいずれも私の調査不足だと思うのですが、、

Apple Watch Series 6の充電が遅い!

これが一番残念だった点です。

どうやら、Apple Watch Series 6になってから、充電速度がこれまでのApple Watchよりも早くなったらしい。

私は過去のApple Watchを利用したことがないので、それほど意識していませんでした。

ただ、純正の充電ケーブルを使用した場合、充電にかかる時間が「1時間程度」でした。

一方、この充電器で充電した場合、純正ケーブルを使用した場合よりも「体感で2倍ほど」時間がかかったのです。初めは気のせいかと思ったのですが、何度試しても同様の結果になりました。

で、初めはQuickChargeに対応していない充電アダプタから給電したからだと思ったので、Quick Charge対応のアダプタに変更したのですが・・・

やはりダメ!約2倍の時間がかかってしまう!

常に装着したいデバイスなのに、充電時間が1時間から2時間になってしまうのはつらすぎです。

で、更に調査を進めていると、気になる記事を発見しました。

Apple Watch 6 レビュー!快適な動作に急速充電でストレスフリーな1本に
Apple Watchは毎年新しいモデルが発売となりますが、2020年9月18日に「Apple Watch series 6(アップルウォッチ6)」発売となりました! Apple Watch 6のデザインは従来のApple Watch 4・Apple Watch 5と同じですが、

ちなみに、サードパーティー製のワイヤレス充電器を使うと急速充電はできないようです。

私が購入した充電器と同じ事象です。実はこの検証のために「USB-C用ワットチェッカー」まで購入したのですが、やはりApple Watch Series 6側で充電速度の改善がなされているようでして、Apple純正のApple Watch充電器でないと急速充電の恩恵を得られないっぽかったです。

Apple Watchの為に購入したのに!

結局Apple純正のApple Watch充電ケーブルを使い続けなければならないのか・・・

スマホの非接触充電も遅い!

まず、スマホを置く場所がシビアです。数センチズレると充電できなくなります。

スマホのケースはつけたままでも大丈夫でしたが、この「置く場所がシビア」ってのは、手軽に充電する視点では大きなデメリット。

それなら充電ケーブル差した方が簡単じゃん!ってなっちゃいます。

更に、充電速度が遅い。ケーブル充電と比べるとぜんぜん違う。

まとめ

今回紹介した充電器はこちら。

私のApple Watch Series 6だと、急速充電の恩恵を受けることができなかったので、使うことがなさそうです。

逆に言うとApple Watch Series 5とかそれ以前だったら普通に使っていたと思います。

Apple Watch Series 6の急速充電に対応しているスタンド・充電器をご存知な方がいれば教えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました