AnkerPowerPort I PDレビュー!気になる点が・・

IMG_6269

AnkerのUSB-C対応ACアダプタ「PowerPort I PD」を購入したのでレビューします。

60Wの合計出力が可能との事ですが、実際に60W出力されているかもワットチェッカーを使用して確認してみました。

結果としては・・・意外な結果になりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

簡単に言うと「数週間後に控えているフィンランド旅行に持っていくため」です。

私の家のガジェットは基本的に以下のインターフェースで充電します。

  • iPhoneやiPadなど:通常のUSBの口を使用(スマホ側はライトニングなど様々)
  • MacBook12インチや任天堂Switch:USB-Cの口を使用

つまり「通常のUSB(USB-A)」と「USB-C」が中心です。

数年前はUSB-Aだけを考えたら良かったのですが、最近になって急にUSB-Cの利用頻度が増えてきました。これからもUSB-Cのデバイスが増えてくると予想されます。

旅行の話の前に、家での充電の話を先に。

家でUSB-Aのデバイスを充電する際には以下のACアダプタを使用しています。

Anker PowerPort 10レビュー。大は小を兼ねる、安心感が半端ない!
ACコンセントに接続するタイプのUSB急速充電器の「Anker PowerPort 10」を購入したのでレビューします。数日間かなり負荷をか...

未だにこのACアダプタは強くオススメできる商品です。最大60Wもの出力に対応しており、10ポートのUSB-Aを搭載しているため、USB-Aを使用するデバイスだけだったら、このACアダプタで十分なのです。本当に買ってよかったと思っている製品です。

次にUSB-Cですが、こちらはガジェットに付いてきたアダプタを使用しています。例えばMacBookだったらMacBookについてきたApple純正のACアダプタ。任天堂スイッチも、本体に付いてきたACアダプタを使用しています。

こちらも本当は「一つのACに統一したい」のですが、残念ながら現時点では私の要件をすべて満たすACアダプタが存在しないのです。

ここでの要件とは

  1. 最低5つのUSB-Cデバイスを「同時に」充電できる
  2. 「それぞれのポートで」「最低30Wの」出力ができる

快適に使用するためには上記の両方が理想ですが、特に大事なのが「2」の「最大出力」です。

昨今のモバイルデバイス(特にノートパソコン)は充電時に要求する出力が非常に大きい。MacBook12インチ程度だったら30Wで大丈夫ですが、ノートパソコンによっては65Wのアダプタじゃないと「充電より使用電力が上回って、バッテリーが減ってしまう」現象に陥ることもある。

なので、最低でも30Wの出力をそれぞれのポートで実現できないとダメなのです。

話を戻します。

なので、現時点で「家でUSB-CとUSB-A両方のデバイスを同時に快適に充電できるACアダプタ」は、諦めています。

でも、旅行時は別です。

旅行時は「持ち運ぶものは少なく、コンパクトに」ってのが大原則なので、以下の要件が満たされていたらとりあえずOK。

  1. 1つのACアダプタでUSB-CとUSB-A両方のデバイスの充電ができる
  2. とりあえずUSB-Cのポートが30Wの出力があれば大丈夫

この要件が満たされていたら、そのアダプタ一つを持っていくだけで、旅行に持っていく殆どのデバイスを快適に充電できます。

さらに、今回は以下のモバイルバッテリーを購入しました。

cheeroモバイルバッテリー「Power Deluxe」レビュー
cheeroモバイルバッテリー「Power Deluxe」を購入したので感想・レビューをしてみます。 先に言っておきます。 ...

このモバイルバッテリーは「1つのUSB-C」「1つのUSB-A」ポートを持っていて、さらに「45W」の出力が可能です。

なので上に書いた要件のACアダプタがあればモバイルバッテリーも併用して快適な旅行ができるというもの。

前置きが長くなってしまいましたが、、そういう訳で、ネットで色々調べた結果、以下の製品が最適だと思いました。

>>Anker PowerPort I PD(アマゾン公式)

ACアダプタに同様の要件を求めている方!言いたいことは解ります!

>>Anker PowerPort+ 5(アマゾン公式)

この製品と何が違うのか?って事ですよね?

そうなんです。上記の2つの製品は両方とも以下の仕様となっています。

  • 4つのUSB-Aポート、1つのUSB-Cポート
  • 合計で60Wの出力に対応
  • USB-Cは30Wの出力に対応

でも「PowerPort I PD」の方が数百円安い!

なぜか?

色々調べた結果、以下くらいしか差異がなさそうでした。

  • 「PowerPort I PD」は外がプラスチック。一方、「PowerPort+ 5」は外がアルミっぽい外装。

・・・それだけなら絶対に安いほうが良い!

あと、どうやら「PowerPort+ 5」の方が先発製品らしいので、レビュー数が多い。なので「PowerPort I PD」のレビューに興味がある人も多いのではと思い、試しに購入してみることにしました。

外観の紹介

Amazonで購入しました。

IMG_6224

上に書いたとおり「Power Deluxe」と同時に購入したのでこんな感じで到着。

IMG_6261

外箱はこんな感じ。いつものAnkerの製品らしく、シンプル。

IMG_6262

背面はこんな感じ。「America’s Leading USBV Charging Brand」なんですね。知らなかった。

IMG_6263

中を開けてみました。これも見慣れた包装。本体がビニールで包装されてるのもいつもどおり。

IMG_6265

付属品は以下の通り。

  • 本体
  • コンセントに繋ぐためのケーブル
  • 保証書と説明書

ただのACアダプタなので至ってシンプル。

IMG_6271

ACアダプタを挿すと、自動的に電源が入ります。青色のLEDが点灯して通電していることがわかるのは良い感じ。見た瞬間にプラスチックだとわかります。確かに安っぽいのですが、機能的に問題がなかったら良し。だって、ただのACアダプタですから。

IMG_6267

ちなみに電源コードはACアダプタでよくあるコードです。

IMG_6268

上の口がUSB-C。他の4つはUSB-A、つまり通常のUSBでの充電に使用します。

これだけあれば、少なくとも旅行時には不便しなそう。

ワットチェッカーを使用して充電時のワットを計測してみた!

さて!ここからが本番です!

この製品を購入する人は以下が気になるのではないでしょうか。少なくとも私は気になりました。

  • USB-Cから本当に「30W」の出力がされているか?
  • 合計で「60W」の出力が本当に可能か?

これを計測するために、壁コンと本体の間にワットチェッカーを接続して実際に計ってみることにしました。

IMG_6270

ちなみにワットチェッカーは一家に一台あると何かと便利です。

シナリオ1:USB-Cだけ使用(30Wの出力が期待)

まずは、一緒に購入したCheeroの「Power Deluxe」を充電してみることにしました。

このモバイルバッテリーはUSB-C経由でのPD(Power Delivery)に対応しています。つまり「30W」での充電に対応しています。

IMG_6272

こんな感じでPower Deluxeと接続してみました。Power Deluxe側はしっかり「PD」で充電できているランプが点灯しています。

IMG_6273

このランプです。これが点灯しているのでモバイルバッテリー側は30Wで充電していると認識しているはず・・・

気になるワットチェッカーは・・・

IMG_6274

お!しっかり「31W」と表示されています!1W余分ですけど、まぁ誤差でしょう。

この時点でUSB-Cの口からは30Wの出力がなされていることが確認できたので一安心。

シナリオ2:USB-C&USB-Aを1つ利用

次はiPad Proを追加で充電してみました。

IMG_6275

結果は・・・

IMG_6276

45Wと表示されています。つまり、合計で30W以上の出力ができているので、これも想定通りです!

シナリオ3:USB-Cを1つ&USB-Aを複数利用

USB-Cのポートは1つだけなのですが、USB-Aは複数あるので、USB-Aのポートに複数のデバイスを繋いで充電してみることに。

IMG_6277

まずはiPad Miniを追加で接続。

IMG_6278

合計57Wの出力になりました。このデバイスの公式値は最大60Wなので、ギリギリですね。

IMG_6279

ここでiPhone6s Plusも接続してみました。これでアダプタ側のポートは一杯です。

60WでCAPされると思ったのですが・・・

IMG_6280

66W!?

なんと、60Wを超えてしまいました。60Wで制限がかかる仕組みが搭載されていないのでしょうか。

かなり不安になったので、一旦iPhone6s Plusは外すことに。

すると再度60W以内(57W)に収まりました。

まとめ。現時点でUSB-Cを搭載してる優秀なACアダプタ

コスパ・搭載ポート数・搭載ポートの種類を踏まえると非常に優秀なACアダプタだと思います。

今回は実際に複数のデバイスを同時に充電してみて、問題なく充電できることが確認できました。

しかし、60Wを超えて充電「できてしまった」のは驚きです。安全性を考慮して60W以内に収めて使用したほうが無難かもしれません。

ヨーロッパの旅行にも持っていくので、その時に使えたかも含め、近々アップデート予定です。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">