Nintendo Switchプロコン用「FPS 狙」レビュー

IMG_7461

Nintendo Switchのプロコン用アクセサリのレビュー。

このシリーズもこれが最後の予定です。

スポンサーリンク
レクタングル大

プロコンのスティックの性能アップを目指して

Nintendo Switchのプロコンを使いやすくする目的で購入することにしました。

実はこの数日で、類似した製品を購入しています。

キャップは以下の製品を

Nintendo Switchのプロコン用アクセ「Epindon Cap-Con」レビュー
年末なので、まったりNintendo Switchネタが続きます。 今回はプロコンのステックに装着する「Epindon Cap-Con...

スティックにはめ込むスポンジは以下の製品を試してみました

Nintendo Switchプロコン用「アシストクッション」レビュー
Nintendo Switchのプロコンに装着する「アシストクッション」を購入してみたのでレビューします。 プロコンのスティック微...

しかし、いずれも満足のいく性能アップは感じられませんでした。むしろ、使用しないほうが快適に使用できる・・・

特にアシストクッション(スポンジ)の方は、スティックを倒すことが困難になって、プレイ自体ができないレベル。

今回の製品も、目的としては同じです。

ただ、実際に試してみないと強度がわからないので、買ってみることに。

外観の紹介

近くの家電ショップで見つけて購入。

これまでのキャップとスティッククッションに比べるとチープなパッケージです。

IMG_7462

てか、この手のアクセサリ系で、高級志向を期待しているユーザの方が少ないと思います。

スティックに装着するパーツは「M」と「L」の2種類があります。また、LとR用の2つずつ。

IMG_7463

こちらがスティックの間にはめ込むスポンジ。前回紹介した製品とは違い、柔らかさは1つのタイプしかありません。

IMG_7464

こちらが裏面。スポンジは10個ついてます。お得感がありますね。

IMG_7465

こちらがスティックの上に取り付けるモノ。プロコンのスティックと似ている、硬いゴムみたいな材質です。

IMG_7468

こちらがスポンジ。前回紹介した製品よりも柔らかい。

実際に取り付けてみた

まずはスポンジの取り付け。

IMG_7469

前回紹介したスポンジよりも破れそうな不安感がありましたが、特に問題なくはめ込むことができました。

IMG_7470

装着した後の画像がこちら。

IMG_7467

キャップはプロコンのスティックに押し込むだけです。前回のEpindonよりも安定感がある。Epindonの方が高いのに・・・

スプラトゥーン2をプレイしてみた

上記のスポンジとキャップをプロコンに装着した状態でスプラトゥーン2をプレイしてみました。

スポンジについて

前回と同様、スプラトゥーン2での使用には向いてませんでした。

前回よりはマシなのですが、それでも移動に制限がかかりすぎる。とても強くスティックを押し込んだら普通の移動も可能なのですが、想像よりも力が必要で、、、とても疲れる。

キャップについて

こちらは慣れたら使いやすい。Epindonのキャップよりも全然いい。グラグラしないし、ツルツル滑ることもない。プレイ中に外れることもない。

右スティックに使用するとYボタンと干渉しやすいのは同じなので、私は左スティックだけに使用することにしました。

まとめ。キャップはこれまでで一番良かった

今回紹介したプロコン用アクセサリはこちら:

今回学んだこと。スティックにはめ込むスポンジ系は、スプラトゥーン2には向いていない。

左スティックに装着するキャップとしては、Epindonよりも使いやすく安定感がありました。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">