Nintendo Switchのプロコン用アクセ「Epindon Cap-Con」レビュー

IMG_7402

年末なので、まったりNintendo Switchネタが続きます。

今回はプロコンのステックに装着する「Epindon Cap-Con」を試してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

プロコンのスティック操作の為に購入

先日はNintendo Switchのプロコン用のシリコンカバーを紹介しました。

IMG_7398

このカバーは残念ながら、逆に操作性が悪くなって使えなかったです。シリコンがサラサラすぎて、滑りやすくなってしまいました。

さて、今回は「スティックの操作向上アイテム」を買ってみることにしました。

これです。

この商品は「プロコンのスティックの上にかぶせるキャップ」です。このキャップをかぶせることで、スティック自体が高くなり、微妙な操作が可能になるらしい。確かに高いほうが角度調整をするときの指の移動距離は長くなるので、納得はできるロジック。

アマゾンなどの通販サイトの評価はかなり良い。でも先日のシリコンカバーの経験で、ゲーム関係のレビューは少々信用出来ない気もしていました。

まぁ値段も手頃なので、試しに購入してみることにしました。

外観の紹介

無駄に高級感を出しているパッケージです。左上の箱です。

IMG_7400

開けてみました。本体のキャップ。あと、キャップを固定する両面テープ。

IMG_7401

これがキャップの拡大写真。表面は少し柔らかいゴムの質感。ガラスみたいなツルツルする素材ではなく、想像以上に指が滑らなくて良い感じ。

IMG_7406

キャップの背面。ただの鉄のキャップです。特別なものではありません。

IMG_7405

プロコンに装着してみた

実際にキャップを装着してみました。

IMG_7404

上が取り付けてみた写真ですが、両面テープを付けないとグラグラします。思い切り力を入れて押し込んでもグラグラするので、やはり両面テープは必須です。

実際に使ってみた

実際にキャップとスポンジを使ってスプラトゥーン2をプレイしてみました。

・・・うーん。

想像以上にキャップがグラグラします。私のプロコンでは、両面テープを貼っても使用しているうちにズレてきました。このズレが気になって、逆にプレイに影響してしまいました。

左スティックに装着すると、確かに移動の動作を細かく操作できるようになりました。しかし、右スティックはYボタンと非常に近いので、Yボタンを押すのが難しくなり、操作性が低下してしまいました。

まとめ。結局使わなくなった。

今回紹介したプロコンのスティック用キャップ:

かなりグラグラしたり、使ってると微妙にズレてきたりで、逆に細かい操作をする時に不安になってしまう。

という訳で、結局は5分試しただけで使わなくなりました。これが正直な使用結果です。

私はスプラトゥーン2のプレイで判断しただけなので、他のゲームだと結果は違っていたかもしれません。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">