シンガポールのチャンギ空港のプールに入ってきた!

IMG_7886

シンガポールのハブ空港「チャンギ空港」にあるプールに行ってきたので、行き方・入ってみた感想を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

搭乗時間を間違えた!

まさかの致命的ミスです・・・

シンガポールから日本に帰るときに、飛行機の搭乗時間を間違えてしまいました。

8:50と書いてあったので「8:50 AM」と勘違いしたのです。実際は「8:50 PM」でして、12時間も暇な時間がある。気づいたのは空港に向かっているタクシーの中で、引き返すのも面倒くさい。

空港に着いて、シンガポールエアラインの担当者と相談して2:00 PMのフライトに変更していただいたのですが、それでも6時間やることがない。

そんな時に、以前ネットで見た「チャンギ空港にはプールがある」情報を思い出しました。

たまたま水着も持っているし・・・行ってみることに。

イミグレの後にあります!

まず、最も重要な点がこちら。

チャンギ空港のプールは、イミグレの後にあります。つまり、チャング空港から出発する時は「Departure」の後にあります。

場所はTerminal1の中です。チャング空港は広いので、探すのに苦労するかもしれません。

IMG_7878

Terminal2からのシャトルに乗って、Terminal1に行くと、上の写真の地点に降り立ちます。

IMG_7879

ひたすら進んでいくと、上の「Swimming Pool」の目印があるので、あとはエスカレーターで上がるだけ。あちらこちらにInformationがあるので、気軽に聞くと良いでしょう。

IMG_7881

入り口から見たプールの写真。本当に空港にプールがあります。

プールの値段・ロッカーについて

プールコーナーに行くと、まずはカウンターがあります。そこで料金を支払います。

IMG_7880

  • プールだけ:$17
  • プールと飲み物:$25
  • プールとラウンジ:$35
  • プールとフィットネスルーム:$20
  • シャワーだけ:$16

私はお金が勿体無いので「プールだけ」を選択しました。ちなみに制限時間が3時間とのこと。と入ってもタイムカードなどを渡されるわけではないので、厳密に管理している訳ではなさそうです。

ロッカーの使用料金は無料でした。ただ、店員さんにお願いしないとキーを貸してくれませんでした。

IMG_7895

トイレとロッカーは同じ部屋です。こんな「トイレを我慢してる」マークの部屋に入ります。

IMG_7882

上の写真を見ると「超キレイなロッカールーム」に見えますが、実際は普通です。清掃は行き届いてる感じですが、部屋自体が最新スペックとは感じませんでした。

IMG_7883

こちらがロッカー。近くにドライヤーも完備していました。

この部屋で水着に着替えて、いよいよプールでビューです!

プールの写真

水着に着替えて、ロッカーから出ると・・・

IMG_7890

空港なのに本当にプール!

ビーチベッドが10席くらいありました。私が訪問した時は平日の10時くらいだったのですが、お客さんは3人ほどしかおらず「ほぼ貸し切り状態」でした。トランジットのタイミングなどで客数は増減するのでしょう。

(私は4時間ほど滞在していましたが、結局客数は変わりませんでした)

IMG_7887

私が行った時は、水質も非常にキレイで泳いでいて気持ちよかったです。

IMG_7888

プール以外にジャグジーもあったりします。

IMG_7892

ジャグジーは座れる構造になっていて、座りながら飛行機が発着するのを堪能できました。

IMG_7889

シャワーもあります。

IMG_7897

簡易な散歩コーナーもあります。

IMG_7896

プールコーナーから見た空港の様子です。思いっきり空港です。

IMG_7884

ひたすら4時間くつろぎました・・・

空港の中でプールを体験できる。この不思議な体験で$17は安いと思いました。

チャンギ空港に行く機会があれば、一度訪問してみてはいかがでしょうか。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">