Anne 2600mAhモバイルバッテリーのレビュー!まあまあ

IMG_6732

Anneの2600mAhモバイルバッテリーを購入したのでレビューします!

dodocoolの薄型バッテリーの良さが際立った結果となりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

コンセントのない環境での仕事が増えたからです。

具体的に言うと、データセンターでの作業が一時的に増えてるんです。

データセンターって、サーバーやスイッチが沢山あるので「コンセントなんて山程あるじゃないか!」と思われるかもしれないのですが・・・

機器に接続するコンセントは全て管理されていて、作業用の端末は接続できないのが普通です。

新しいデータセンターでは作業用の電源が用意されていることもありますが、一昔のセンターだと200Vのコンセントがなかったり、電源を使用するのも申請が必要だったりします。

なので、モバイルバッテリーは重宝するんです。コンセントなしで作業ができるので。

例えば、作業用の端末がUSB-Cでの充電が可能な場合、以前紹介したcheeroのモバイルバッテリーが活躍します。

cheeroモバイルバッテリー「Power Deluxe」レビュー
cheeroモバイルバッテリー「Power Deluxe」を購入したので感想・レビューをしてみます。 先に言っておきます。 ...

これがあれば、ノートパソコンの充電さえも可能になる。完全にコンセントレスで作業ができる優れものです。

一方、iPhoneなどのモバイルデバイスは、以下のモバイルバッテリーを使用していました。

dodocoolの極薄モバイルバッテリーで色々充電してみた!
dodocoolの極薄モバイルバッテリー「DP08」の試供品を頂いたのでレビューします。 iPhoneやAndroid、色んなデバイス...

こっちは容量は少ないのですが、コンパクトなので便利。しかも「ケーブルが収納」されているので、ケーブルを忘れることがない。

てな感じで、最近は上記の2つのモバイルバッテリーを持ち歩いて作業していました。

本題に入ります。

この2つでも問題ないのですが、緊急の作業が発生したときなど、dodocoolのモバイルバッテリーの充電が間に合わないことがありました。

そんな時はcheeroのモバイルバッテリーからiPhoneを充電したりしたのですが、やはりcheeroのはパソコンメインで使いたい。

という訳で、もう一つ「コンパクトなモバイルバッテリー」を予備で購入しようと思ったんです。

Anneのモバイルバッテリーを選んだわけ

数あるモバイルバッテリーの中から今回は「Anne」というメーカーの製品を購入することにしました。

>>Anne 2600mAh モバイルバッテリー(楽天)

理由は以下の通り。

安かった

わずか1,000円程度!

コンパクト

dodocoolのは名刺のような薄型でしたが、Anneのは口紅タイプです。

写真をみると非常にコンパクトで持ち運びしやすそう。

楽天の評価が良かった

評価数も多いし星5を付けてる人もいたので、まぁ大丈夫かなと。

外観の紹介

では、ここからは実際に届いた商品の紹介です。

IMG_6725

今回は楽天で購入しました。こんな感じの定形外郵便として到着。

IMG_6726

モバイルバッテリーにしてはしっかりとした外箱に入っていました。ビニール袋に入っていて、丁寧な印象。

IMG_6729

裏面には商品の仕様が書いています。バッテリー容量は2600mAh。1日だけ凌ぐ事が目的なので、容量は問題なし。

IMG_6730

「これ1台で、電池切れにさよなら」!!

良いキャッチフレーズですが、後に「この1台だけではさよならできない」事を思い知らされました。それは後ほど。

IMG_6731

さて、箱を開けてみました。

モバイルバッテリーとは思えないオシャレさ。今回はゴールドを購入してみました。

IMG_6732

塗装はかなり丁寧にされている印象。会社名はここまでデカデカと書かなくてもいいかな。

IMG_6737

iPhone6s Plusと大きさを比較してみました。本当に口紅の大きさくらいですね。

やっぱりモバイルバッテリーはコンパクトだと使いまわしが便利です。

IMG_6733

充電は「IN」の口、つまりmicroUSBで行います。OUTは普通のUSBですね。

このOUTにUSBケーブルを挿して充電します。

つまり、この本体とは別に充電ケーブルが必要です。これが「この1台だけでは電池切れにさよなら」じゃない理由です。当然わかっていて購入してますが、これが地味に不便。

IMG_6734

裏には細かい仕様がプリントされています。

IMG_6736

充電用のmicroUSBケーブルも付属しています。普通のmicroUSBなので、別のケーブルで代用してもかまいません。

IMG_6735

同梱物は以下の通り。

  • 本体
  • 充電用のmicroUSBケーブル
  • 取扱説明書

普通のモバイルバッテリーなので、これで十分です。

使用してみた感想

さて、ここからは実際に使用してみた感想を紹介します。

本体の充電について

充電ケーブルを本体の「IN」に挿すだけ。まぁ普通のモバイルバッテリーですね。

挿すと周りが赤くなる(点滅)ので、充電が開始したことがわかります。

私の環境では3時間ほどで充電が完了しました。完了すると(点滅)から(点灯)に変わるので、完了したことも目視確認できます。

本体の充電については、特に不便だと感じたことはありません。

モバイルデバイスへの充電

デバイス用のケーブルが必要です。

これ、当然のことなのですが・・・dodocoolに慣れている自分からすると「非常に面倒」だと感じました。

dodocoolのモバイルバッテリーは、本体に「microUSB」と「Lightning」ケーブルが付属しているんです。なのでiPhoneも他のスマホも「ケーブルを持ち歩くことなく」充電できます。まさに「本体だけで充電切れとさようなら」です。

一方、Anneの場合は、ケーブルを持ち運ぶ必要がある。

するとモバイルバッテリー以外にも持ち運ぶモノが増える&長いケーブルが充電中に邪魔になる。

別にAnneのモバイルバッテリーだけではなく「ケーブルが付属していないモバイルバッテリー全般」に言えることなのですが、一度ケーブル収納型のモバイルバッテリーに慣れてしまうと、これは苦痛以外のなにものでもないと感じました。

充電自体は問題なくできました。

まとめ。やっぱり収納型が良い

>>Anne 2600mAh モバイルバッテリー(楽天)

この手の「コンパクト型モバイルバッテリー」は、充電性能よりも「いかにコンパクトで使い勝手が良いか」の方が重要だと思います。

その視点で、Anneのモバイルバッテリーはdodocoolのそれと比べると見劣りしてしまうというのが正直なところです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">