リングフィットアドベンチャーを買った!

IMG_9586

Nintendo Switchの「リングフィットアドベンチャー」を遂に購入しました!

コロナの影響で家に監禁されてるストレスが多少は軽減されます!

スポンサーリンク
レクタングル大

リングフィットアドベンチャーとは?

これです。

>>リングフィットアドベンチャー(任天堂公式)

要するに、Nintendo Switchを使用したエクササイズゲームです。

この手のゲームは任天堂が得意とするジャンルでして、Wiiの「Wiiフィット」は記録的な売上を更新しました。当時は私も購入して、毎日ヨガをやっていた記憶があります(笑)

今回のリングフィットアドベンチャーは、手に持つ「リング」と足につけるジョイコンを組み合わせて、様々なエクササイズを体験できるというもの。

全然在庫がない・・・

リングフィットアドベンチャー自体は「2019年10月18日」に販売された製品なのですが、、いかんせん在庫がないのです。イオンなどの主要おもちゃ屋さんはもちろん、アマゾンなどのネット通販でも売り切れ続出。

>>リングフィットアドベンチャー(アマゾン公式)

中古で「17,400円」だと・・・足元見すぎ!

別に購入できない値段ではないのですが、個人的には転売から購入するのは悔しくて嫌なので、ずっと近くのおもちゃ屋さんとかをウオッチして待ってたんです。

で、コロナが日本を襲いました。任天堂の製品の一部は中国で製造しているようでして、公式にも製造・出荷が遅れると発表され、手に入れるのが絶望的になってしまいました。

コロナの時期だからこそ、自宅に待機する必要が出てきたので、自宅でフィットネスができればと思っていたのですが・・・(近くのジムも閉鎖されて、子供も家から出ることが出来ない)

家の近くのイオンで発見!

そんな矢先、先週土曜日の出来事です。

既に任天堂から製造延期の発表がされていた為、当分購入を諦めていたのですが・・・

IMG_9584

おおお!近場のイオンで発見しました!しかも当然ながら定価です!

すぐに手にとって購入して帰宅しました!

外観の紹介

さて、無事手に入れたリングフィットアドベンチャーがこちら。

IMG_9587

パッケージの裏面はこちら。

IMG_9588

Wii Fitの時も思いましたが、任天堂は「楽しみながらフィットネス」をアピールするのがうまいですね。

IMG_9589

側面がこちら。

IMG_9591

色々カスタマイズして運動結果を確認することができるようです。

IMG_9594

開封してみました。はじめに目につくのが「筋肉は一生の相棒」!!そのとおりです!

近場のジムが閉まってる今こそ!遊び尽くしてやる!

IMG_9595

開封した直後に現れたのは、ゲームのカードそのものです。

IMG_9596

ゲームケースの下には2つのデバイスが入っていました。今回の本質である「リング」と「足につけるバンド」です。

IMG_9598

まずは「バンド」この中にSwitchのバンドを入れて、足につける。足の動作を識別するセンサーの役割になります。

素材も柔らかくて装着しやすくなっています。

IMG_9600

こちらがバンド。手に持つ箇所はクッションが突いていて柔らかい。劣化もしにくそう。

IMG_9601

ここにジョイコンを挿入します。

IMG_9602

しっかり任天堂ロゴもプリントされています。

IMG_9597

リングの強度ですが、大人の私でも思い切り押し込むのはしんどいレベルでした。ただ、私の子供(10歳)でもそれなりに押し込めれて、ゲームの初回に押し込む時に認識する強度も調整できるので、大人から子供まで公平に楽しめそうです。

IMG_9604

次にゲームについて紹介します。こちらのパッケージを開けると・・・

IMG_9606

取扱説明書がなく、ゲームのカードだけしかありません。

今風の「紙の説明書ではなく、ゲームの中で学んでくれ」方式です。

実際にやってみた!

まずはジョイコンを足に装着します。

IMG_9609

バンド自体がしっかりした作りになっているので、それなりに激しい動きをしても外れません。ただ、上記の写真のようにズボンの上から装着すると、布の摩擦で下がってくることがあります。

IMG_9607

初回はデータのダウンロードが走りました。

IMG_9608

レッグバンドの装着方法などは初回起動時にガイドがあるので、それに従うだけです。

IMG_9611

ゲーム開始!手に持つリングを駆使してプレイヤーを動かします。

ゲームの詳細は他の方のブログにて色々説明されているので省略しますが、個人的に良かった点を紹介します。

10歳の息子でも楽しめた

リングの大きさが決まっているので、子供も大人も使用できるか不安だったのですが、それが杞憂に終わりました。

初回の設定で「強度」が調整できます。そこで、子供の力で思い切りリングを押し込むことにより、相手のダメージの調整もできるので、子供も平等にゲームを楽しむことが可能。

今の所飽きてない

この手のゲームは、エクササイズ自体がルーチンワークになってしまい、すぐに飽きてしまうことがあります。

リングフィットアドベンチャーの場合、ゲームを進めて手に入れるエクササイズなどがあり、ゲーム自体を進めるのが楽しい。

毎回新しい発見があるので、継続したい気持ちになります。

まとめ

今回紹介したリングフィットアドベンチャーはこちら。

>>リングフィットアドベンチャー(アマゾン公式)

私の子供はコロナ現象で家から出れないでストレスが溜まっていたみたいですが、このリングフィットアドベンチャーで遊び始めてから少しはストレス発散できているみたいです。

今この瞬間も、リングを持ちながらピョンピョンしています(笑)

問題は入手困難ってこと。昨今の事情で仕方ないのですが、今こそ暇なお子さん達の手元に届けてほしいです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">