SonyヘッドフォンWH-1000XM3 レビュー、その2。色んな場所で使ってみた。

IMG_8271

Sonyのノイズキャンセリングヘッドフォン「WH-1000XM3」のレビュー、その2です。

今回は「ノイズキャンセリング機能」を中心に紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

ファームウェアの確認

この記事を見に来てる人は「それなりにWH-1000XM3について下調べしてる人」だと思うので、それを前提に書いていきます。

新しいファームウェア(2.0.0以降)だと、ノイズキャンセリング機能が低下するという話、購入を検討している人は気になるかと。

私はアマゾンで購入しましたが、気になるファームウェアは・・・

IMG_8277

はい、想定通り「4.1.1」でした。

どうやら「Googleアシスタント」のシールが貼られているバージョンは、もれなくファームが上のようです。

ファームウェア4.1.1はノイキャン性能が悪い?

私は「2.0.0」との比較ができないため、何とも言えないのですが、Sonyの公式サイトで以下の記載がありました。

  • アダプティブサウンドコントロールを「OFF」にする
  • 外音コントロールの「ノイズキャンセリング」を最大にする

上記を行うことで、ノイズキャンセリングを最大限活用できるとのこと。

実際にやってみました。

IMG_8279

上記の設定で、ノイズキャンセリングを最大限機能させているはずです。

ノイキャン設定を変更した結果

上記の設定を変更することで、確かにノイズキャンセリングの機能が向上したと体感しました。

設定変更までも十分ノイキャンが効いていたのですが、設定変更後は・・・本当に凄い。

以前保有していたBoseの「Quiet Control30」のノイキャンを超えたと感じました。QC30の時も感動しましたが、今回はそれ以上です。

嬉しくて色んなシーンで使ってみたので、使用感を紹介します。

自宅にて(隣が工事中)

現在、自宅の隣が工事中です。

昼は外壁の工事などで、めちゃめちゃうるさい。

  • 壁に打ち付ける「ドンガン」音
  • スクリューの「キュイーーーン」音

本当に凄い大きなノイズです。

それが、ヘッドフォンを付けた瞬間に、めちゃめちゃ静かになります。

完全に消音はされません。若干「キュイーーン」音がします。

しかし、殆ど気にならない程度です。で、ヘッドフォンを外すと、途端に爆音が。

ノイキャンの威力、凄い。

自宅にて(MacBook使用)

MacBookのバタフライキーボードを使用した場合、通常はかなり「カチャカチャ」と音がするのですが、ノイキャンをONにすると殆ど聞こえません。

音楽を再生すると、全く聞こえないレベルになりました。

町中にて

ノイキャン機能をONにして歩くのは非常に危険です。

車の音、自転車の音が殆ど聞こえないレベル。

ノイキャンの効果を下げることも可能なのですが、毎回歩きながら設定を変更するのは面倒くさい。

電車内にて

電車の移動音が殆ど聞こえません。

感覚的には、Moldexの耳栓を付けてるくらい静かです。

ただ、車掌さんのアナウンスが全然聞こえないわけではありません。隣の人が体を動かす音、少し離れた子供の声などは、殆どかき消すことができます。

まとめ。ノイキャン凄い!

想像以上でした。私はノイキャンはBoseが優位性を保ってると勝手に思い込んでいたのですが、その意識が覆りました。

上記でも記載しましたが、個人的にはBoseのQuietControl30を超えてると感じました。

一番のデメリットは、ノイキャンが凄すぎて、家族の声が聞こえないことです。

家族といる時は使用を控えることにしました。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">