MacBook2017のAppleCare+に電話で加入した!

PAK85_MBAdesagyou20140312_TP_V

先日購入したMacBook12インチ2017年モデル用にMacの保証サービスである「AppleCare+」に電話で加入してみました。

結論から言うと、購入後でも無事加入することができました。

この記事では「Mac購入後の電話での加入方法」を紹介します。また、いくつか気になる点も質問してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入直後にAppleCare+に入らなかった理由

先日MacBook12インチの2017年モデルを購入しました。

MacBook2017特盛が到着!ベンチ含むファーストインプレ!
ようやく念願のMacBookが届きました。早速写真込みのファーストインプレッションを紹介します。 Geekbenchを使った性能の確認...

オプション全て込みの特盛りです!

キーボードも想定していたよりも打ちやすくて、非常に満足しています。

で、AppleCare+の話ですが、購入時には加入しませんでした。

加入しなかった最大の理由は「本当にMacBook12を使って不満がないか自信がなかったから」です。

本当にキーボードが使いやすいか?MagSafeなしでも大丈夫か?そもそもスペックは使用に耐えうるかは使ってみないとわからない・・・などなど

AppleCare+に入ろうと思った理由

でも、実際に使ってみると、上記に書いたとおり、非常に満足のいく製品でした。多分この先3年は使うでしょう。

てなわけで、AppleCare+に入ろうかと考えはじめたのです。

AppleCare+に入ろうと思った理由は他には以下の通り。

持ち運ぶデバイスだから

MacBook12の最大のポイントは「軽さ・小ささ」にあります。これまでのMacBookAirよりも持ち運びが断然楽です。

なので、MacBookAirよりも持ち運ぶ機会が増えると思われます。むしろ使い倒したい気分です。

持ち運ぶ機会が増えるほど、破損の可能性が高くなります。誤って落としてしまったり、出先で飲み物をこぼしてしまったり・・・

AppleCare+は上記のような過失に対してもサポートしてくれます。(過失の場合は追加料金が必要ですが)

つまり、精神衛生上かなり気分が楽になります。持ち運ぶときの不安が減るということは、気軽に持ち出しやすくなるわけで、ガンガン使い倒すことができる。

子供がいるから

私の家には7歳の息子がいます。

小学1年生です。めちゃめちゃエネルギッシュです。

パソコンは触らないで、といってますが・・・やっぱり子供なのでぶつかってきたりします。元気なのはとても良いことなので、多少は仕方ないのです。

なので、誤って踏んでしまったり、充電中のケーブルに足を引っ掛けることもあるでしょう。

AppleCare+にさえ入っていたら、パソコンの周りを走り回っていてもそれほど神経質になる必要がなくなります。

バッテリーの劣化を気にする必要がない

3年以内にバッテリーが80%を下回ったら無料で交換してくれます。

なので、バッテリーの劣化を気にする必要がなく、ガンガン充電することができる。

本来パソコンは使ってなんぼなので、充電のタイミングとかを気にしたくなかったのです。

AppleCare+は購入後でも加入できるのか?

実は以前にiPad ProのAppleCare+に電話で加入したことがあります。

iPad Proのケアプラスに電話で加入する方法!
先週購入したiPad Proのケアプラス(延長保証)に電話で加入したので、その時の手順を紹介します。 また、その時に様々な疑問点に答え...

なので、iPadは電話で加入できることを知っていたのですが、Macについては初めてだったので少し不安でした。

結論から言うと全く問題なくできました。(だからこの記事を書いているわけですが)

MacのAppleCare+の電話での加入方法

まずは電話する

まずは以下の電話番号に電話します。(9時からOpen)

  • 0120-277-535

電話が繋がったあとに「4」をプッシュします。すると、自動的にMacのAppleCare+担当につながります。

その後は担当者さんに以下を伝えるだけでOK。

  • MacのAppleCare+に加入したいこと。
  • 自分の名前、端末のシリアル番号(本体の裏に書いています)

上記を伝えると、AppleCare+を付与できる端末かを向こうで調べてくれます。適合したら、購入可能な旨を伝えてくれます。

支払い方法はクレジットカードの一括払いのみでした。

メールが届く

上記のやりとりが完了すると、一旦電話は終了です。

数分すると、Appleから以下のメールが届きます。

1

こちらの支払いボタンを押すと、自動的にブラウザが開いて、AppleCare+の支払画面が表示されます。

ブラウザ上で支払いをする

こんな画面が表示されます。

3

うーん、高い!

高い・・・のか?まぁこれで3年間安心できると思ったら、安いのかも(笑)

上記のページでクレジットカード情報などを入力すれば完了です。

以下のメールが届きます。

4

これで支払手続きは完了です。めちゃめちゃ簡単ですね!

登録書が届いて完了

さらに数分待つと、以下のメールが届きます。

5

このメールには登録書が添付されていました。これでAppleCare+に登録されたことになるので安心度が一気に上がりました。

その他、いくつか聞いてみた

iPad ProのAppleCare+を電話で加入したときと同様に、いくつか気になる点を聞いてみたので共有します。まぁ結果的にはiPadのAppleCare+とほぼ同じ結果となりました。

購入してから何日以内だったら加入できるの?

30日以内だそうです。逆に言うと、30日を超えると加入できない。

これまでのMacのAppleCareは1年以内だった気がするので、これは気をつけないといけないですね。

加入時に本体のチェック(傷など)はあるの?

私のケースでは電話で加入できたので、チェックは一切ありませんでした。

つまり、1ヶ月以内に過失で破損させてしまった場合、、、あとは想像におまかせします。

AppleCare+購入直後から保証は適用されるの?

厳密には上記の登録書がメールで送付された直後とのことです。つまり、クレジットカードで支払いをした直後ではありません。

AppleCare+の有効期限は「本体購入から3年?」・「AppleCare+購入から3年?」

通常は本体購入と同時に加入すると思うので、上記の疑問は出ないのですが、今回のように後から購入した場合はどうなるのか。

これもiPad Proのときと同じ回答でした。つまり、「本体購入から3年」です。

1年しかMacを使わない人はAppleCare+の恩恵はない?

初めの1年間は通常保証があるから、1年間しか利用しない人はAppleCare+が不要かと思う人もいるかと。でも、通常保証は「過失による落下や液体による破損」はサポート外です。AppleCare+だと上記のケースが1年以内に発生しても、しっかりサポートしてくれます(電話で確認済)。

登録証は、後ほど自宅に送付されるの?

iPadProの時は物理的に紙で登録証が送付されてきました。

最近はメールでの添付ファイルのみで、紙での登録書は送付されないそうです。

ただし、これは基本的に全く問題ありません。仮に壊れてAppleStoreに持っていくときにも、Apple側はシリアル番号でAppleCare+に加入しているデバイスかを把握しているので、私達ユーザー側は殆ど意識する必要が無いからです。

まとめ。30日以内だったらMacのAppleCare+に加入できる

今回、実際に電話でMacBook12インチ(2017年モデル)のAppleCare+に加入することができました。

実際に加入してみると、安心感が全然違います。その辺に投げ出してても不安になりませんし、バッテリーの残量を気にせずガンガン充電することもできます。

正直、加入してよかったと思います。

上記に書いたとおり、加入は30日以内だったらいつでも出来るそうなので、購入直後のタイミングを逃した方も一度試してみてはいかがでしょうか。

追記:

現在修理できないらしい・・・

【恐怖】MacBook12 2017は現在修理ができないらしい!
購入したばかりのMacBook12インチ(2017年)のトラックパッドが不調な件について、本日Appleに問い合わせたのですが・・・・ ...

追記:

残念な結果になりました

私の家からMacBook12 2017が急になくなった日・・・
MacBook12インチ(2017年モデル)を購入してわずか1ヶ月で・・・ 私の家からなくなりました。 故障した機械の交換品...
勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">