Sudioのワイヤレスイヤホン「Tolv」を使用して3週間後の感想

IMG_8177

Sudioのワイヤレスイヤホン「Tolv」の使用を開始して3週間ほど経ったので、感想を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

ほぼ毎日使用しています

詳細なレビューは以下の記事を参考にしてください。

Sudioの新作ワイヤレスイヤホン「Tolv」レビュー!美しい!
Sudio社の新作ワイヤレスイヤホン「Tolv」のレビュー依頼・製品のご提供を頂いたのでレビューします。 (毎度のことですが、ご依頼を...

もともとは一世代前の「NIVÅ」を使用していたのですが、Sudio社のご厚意で「Tolv」をご提供いただいたのでした。

Tolvが到着してからは、ほぼ毎日使用しています。主な使用用途は以下の通り。

  1. 仕事のウェブ会議
  2. Amazonプライムミュージックの視聴
  3. Youtube・Netflixの動画

ケースから取り出すだけで電源ONは、本当に便利

本当に便利です。

AppleのAirPodsを持っている人には当たり前の事だと思いますが、以前の「NIVÅ」では実現できなかった機能なので、私にとっては画期的。

このメリットを特に感じるのは「仕事のウェブ会議」のシーンです。

仕事のウェブ会議は、事前にスケジュールされてる会議と、いきなり電話が来て「ちょっと助けてくれ」と言われて緊急で参加する会議があります。

後者の場合、毎回「イヤホンを耳に装着して、電源をONにして」って操作が非常にもどかしい。数秒も早く会議に参加してあげたい時に、周辺機器の操作が多いのはストレスなのです。

「Tolv」の場合、ササッと耳に装着するだけでOK。手軽さが有線イヤホンの装着と変わらない。

これに慣れてしまったら、手動で電源ONが必要なイヤホンに戻ることができません。

自分の耳に合うイヤーピースを選ぶことが重要

以前の記事では「自分の耳には一番小さなイヤーピースがしっくりきた」と記載しました。ただ、このイヤーピースだと、激しい運動をしたら耳から外れそうになりました。

自宅で音楽を聞いている時は、そもそも頭が動かないので、イヤホンが落ちそうになることは殆どありません。ただ、筋トレをしている時や運動している時は、どうしてもイヤホンのグラつきが気になってしまいます。

「Tolv」は大きさの違うスペアイヤーピースが付属されているので、何度も交換してみて、自分の耳にあったイヤーピースを装着することが、快適に使用するコツだと感じました。

動画視聴でも、遅延が感じられない

この3週間で、最も長時間使用したのは「飛行機の中」です。

今月は香港に出張に行く機会があり、約4時間のフライト中、常に「Tolv」を使用していました。

飛行機の中は、暇です。なので事前にダウンロードしていたNetflixの動画を主に楽しむことに。

この手のワイヤレスイヤホンは、音声の遅延が気になるケースが多い。しかし「Tolv」は遅延が非常に少なく、動画の音声もズレを感じませんでした。

バッテリーも香港到着まで切れる様子もなく、快適なフライトを楽しめました。

公私共に、これからも活躍してくれそうです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">