MacBook(無印)がAppleサイトから消えました

IMG_8243

この記事はMacBook(無印)で書いています。

本日、MacBook(無印)がAppleのサイトから消えました。

このまま販売終了になるのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

突然のディスコン

本日、突然MacBook Airの価格変更・若干の性能アップが発表されました。

Appleの公式サイトでも「True Toneディスプレイ」に変更されたMacBook Airが公開されています。

macbookdisappear1

上にMacBookのラインアップが表示されていますが、この中で「MacBook(無印)」が消えているのです・・・

つまり、現時点で、MacBookは公式には購入できなくなりました。

MacBook(無印)は2015年に初めて発表されたモデルなので、4年足らずで販売が終了になったことになります。

なぜ、販売終了に?

突然の販売終了に驚いたユーザーも多いと思います。私も寝耳に水でした。

では、なぜ販売終了になったのでしょうか。

ネットでは様々な憶測が。

  • 需要がなかった
  • MacBook AirとProに統一したい
  • iPad Proの利用を促したい
  • Catalina以降のOSがパフォーマンスを要求するようになるから

などなど。

個人的には「iPad Proにユーザーをシフトしたい」ってのが有力かと思います。前回のWWDCでiPadOSが発表されたのも、その布石だったのではと。

IMG_8245

つまり、MacBook Airよりポータブルなデバイスとしてはは、MacではなくiPadを利用してください、ということ。

販売、継続してほしかったな・・・

私はMacBook(無印)以外にiPad ProもMacBook Airも保有しています。

で、実はMacBook(無印)が「最も使用頻度の高いMacBook」になってます。

確かにスペック・値段などではMacBook Airの方に軍配が上がるでしょう。今回の発表で更にお安くなってますし。

でも、MacBook(無印)の「サイズ・軽さ」は・・・他のMacBookでは決して体験できない魅力です。

一度手にとって見てもらえばわかりますが、MacBook Airと比較しても次元が違う軽さ。

数値上では数百グラムの差ですが、その違いが非常に大きい。

私はMacBook Airを一度も外に持ち出したことがありません。絶対にMacBook(無印)です。

アメリカ・シンガポール・香港など、海外出張の時も常にカバンに入れてます。リュックに入れると、本当に「持ってるか不安になるほど」軽い。

空港などの少しの空き時間でも手軽に取り出して作業ができる。膝の上でも殆ど重さを感じない。

ノートパソコンの利用シーンは、本当に人それぞれだと思いますが、私の場合は12インチのMacBook(無印)が最適なのです。

だからこそ、ディスコンにはして欲しくなかったです。

Appleが新型MacBookを発表する準備段階で、一時的にサイトから削除したとか、、ないかな。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加