Macを開いた瞬間にSidecarが使える!凄い!

IMG_8891

またまたLuna Displayを使うメリットがなくなりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

Sidecar、最高です!

iPadをMacのサブディスプレイにできる「Sidecar」という機能。macOS「Catalina」から搭載されました。

私はサードーパーティー製の同様の製品「Luna Display」と「Duet Display」も持っているのですが、これらの製品は、Sidecarを使用し始めてから全く使わなくなりました。

iPadに対する画面の描画速度、遅延などなど、全てにおいてSidecarが勝っていると感じてるからです。

特に気に入ってるのが「利用時の手軽さ」です。Macの画面を開いた瞬間から使用できるんです。

今回は、この「利用時の手軽さ」について紹介します。

これまでの「iPadサブディスプレイ化アプリ」の最大の問題

Luna DisplayやDuet Displayなど、これまで数多くの「iPadをサブディスプレイ化」製品を使用してきましたが、いずれも「普通のサブディスプレイ」と同様の手軽さはありませんでした

普通のサブディスプレイって、使用する際に以下の操作を行うと思います。

  • サブディスプレイを隣に置く
  • パソコンとサブディスプレイをケーブルで接続する

以上。

一方、Luna DisplayやDuet Displayの場合、ひと手間多くなります。

  • iPad(サブディスプレイ)を置く
  • パソコンとiPadをケーブルで接続する
    (Luna Displayの場合はドングルを装着する)
  • パソコン側で専用アプリを起動する
  • iPad側で専用アプリを起動する

つまり、専用アプリを起動する手間がありました。ほんのひと手間なのですが、何度も使用すると煩わしくなるわけです。

Sidecarは「パソコンを開くだけ」!!

本当に「開くだけ」で使えるんです!

事前にAirPlayで設定しておけば、完全に「ゼロタッチ」でiPadをサブディスプレイとして使用できます。

iPad側でログインしている必要さえありません!スリープモードの真っ暗な画面でもOKです!

以下の画面を見てください。

IMG_8889

まずは、Macの画面を閉じていて、iPad側もスリープモードの状態。この状態だと(当然)iPad側に何も写りません。

IMG_8890

次にMacを開きました。この時点ではMacはログイン画面です。つまり、MacもiPadもログインしていない状態です。

IMG_8891

にもかかわらず、iPadがMacのサブディスプレイとして機能し始めました。Macにさえログインしていないのに、Sidecarの機能でiPadがサブディスプレイ化しました!

考えようによっては、通常のサブディスプレイより使い勝手が良いかもしれません。ケーブルを接続する手間させなく、iPadをMacの隣に置くだけで使い始めれるので。

Sidecarの機能の為だけでも、Catalinaにアップグレードする価値があると思います。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加