MacBook Air(2018)のキーボードが使いやすい!

IMG_7180

先日購入したMacBook Air(2018)のキーボードが、購入前に想像していたよりも使いやすい!

無印MacBook(2017)とは雲泥の差です!

(あくまでも個人的な感想です)

スポンサーリンク
レクタングル大

バタフライキーボードが嫌になっていた

私がMacのバタフライキーボードに出会ったのは無印MacBook(2017)からです。なので第2世代のバタフライキーボードです。

その前はMacBook Air(Mid 2013)の通常のキーボードを使っていました。

MacBook Airの通常キーボードと比べると、無印MacBookのキーボードは「圧倒的に使いにくかった」です。

まず、キーを押してる感覚が少ない。ストロークが浅いんですよね。

ソフトウェアキーボードとまでは言わないのですが、キーを押し込んだときの深みが少なすぎて、通常のキーボードに慣れてる身としては違和感を感じるレベル。

更にキーボードを打つ音が「うるさい」。ストロークが浅いので「ペチペチ」って音です。この音、かなり高音で響く。

新幹線とか静かな環境だと、周りに迷惑かかってないか心配になるくらい「ペチペチ」する。。

この2つの問題がとても気になっていました。今年発表された「キーボード交換プログラム」で交換してみても(当然ながら)事象は変わらず。バタフライキーボードの仕様と思って諦めていました。

リペアプログラムでキーボードを修理したMacBookが返ってきた
先日の記事で紹介した「キーボード修理プログラム(リペアプログラム)」に乗っかって、実際に修理依頼をしてみました。 本日無事MacBoo...

MacBook Air(2018)のキーボードは・・・良い!

なので、MacBook Air(2018)にバタフライキーボードが搭載されてると知ったときは・・・かなり残念な気持ちでした。

MacBook Air(Mid 2013)のキーボードは本当に気に入っていたので、できれば同じキーボードを踏襲してほしいと思っていたからです。

無印MacBookと同じ「ペチペチ」かぁ・・・まぁMacBook Airは自宅用だから音はそれ程気にしないけど・・・

てな感じで、自分を納得させてました。

・・・でも、いざ到着したMacBook Air(2018)のキーボードを使ってみると。

めちゃめちゃ使いやすい!

まず、しっかりと「ストローク感」がある。無印MacBookよりも「深み」が感じられる。あと無印MacBookよりも若干の「硬さ」が感じられる。結果的に「しっかりタイプしてる」気分になれます。

ThinkPadのX1 Carbonに近いタイピング感覚。もしかしたらMacBook Air(Mid 2013)よりもタイピング感覚が好きかもしれません。

IMG_7181

さらに、音も無印MacBookよりも静かです。音的には「ペチペチ」じゃなくて「カタカタ」に近い。だから無印MacBookみたいな高音が抑えられてる気がします。

安っぽい簡易キーボードの音じゃなくて、普通のキーボードのタイピング音に近い。

無印MacBookのキーボードとは全然違う

これが2日間MacBook Air(2018)、つまり第三世代バタフライキーボードを使ってみた感想です。

無印MacBookのキーボード(第二世代バタフライキーボード)よりも圧倒的に使いやすく、また静かになっている。これならバタフライキーボードも悪くないと感じました。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">