MacBookAir(2018)を注文してしまいました

SMIMGL4043_TP_V

昨日のApple発表後に予約開始されたMacBookAirを注文してしまいました!

スポンサーリンク
レクタングル大

数年ぶりにMacBookAirが発表!

歓喜した人も多いのではないでしょうか。

MacBook(無印)やMacBookProの新型がどんどん発売される中、MacBookAirだけは数年間新型が発表されていませんでした。

「MacBookAirはディスコンになるのでは・・・」という憶測が飛び交う中・・・

ついにMacBookAirもスペックがレベルアップして戻ってきました!

私はMacBook(2017)とMacBookAir(Mid2013)を持っていますが、今回の発表後のAppleストアで新型MacBookAirが並び始めた瞬間に注文しちゃいました。

生活に必要なモノではありません。完全にネタとして購入しました。

apple1

今回は初の「ゴールド」を注文してしまいました。「シルバー」と「スペースグレイ」は既に持っているので、ネタだしいいかなと。

また、後述しますが、今回のMacBookAirは自宅で使用するのが目的なので、色はそれほどこだわらなくてもいいかなと。

これまでMacを購入する時は常に「最高スペックにカスタマイズ」していたのですが(俗に言う「特盛」)、今回はしませんでした。カスタマイズしたのは「キーボードを英語キーボードに変更」したことだけです。

メモリも8GBのままです。AppleCareにも加入していません。

というのも・・・私の購入頻度から考えると、結局新しい製品が発表されたら買ってしまう事が多いからです。来年も買うかもしれません。であれば、その時の特盛を高額で買うよりも、それなりのスペックの製品で妥協した方がいいかなと。

(自宅で使うので故障頻度も少ないでしょうからAppleCareも未加入)

また、8GBでどの程度の作業ができるかも試してみたかった。現在のMacBookAirにMojaveを入れてから日本語変換にもたつく事が多くなったのですが、これはメモリが原因なのかCPUが原因なのかも知りたかった。

結果的に自宅のMacBook(2017)の方がスペックが高い結果になってしまいました。

では次に、購入に踏み切った理由を紹介します。

購入に踏み切った理由

Retinaになった

これが一番大きい。とても嬉しい。

MacBook(2017)と比較してMacBookAirが唯一劣っていたポイントは「ディスプレイの解像度」だと思っていました。

結局MacBookAirの方がMacBookより使いやすい!
1年間MacBook(2017)を使った上での結論です。 前回の記事でも書きましたが、私のMacBook(2017 R...

今回発表されたMacBookAirはRetinaディスプレイ搭載です。

バッテリーが12時間もつ

Retinaになるとバッテリーのもちが若干悪くなることがしばしばあるのですが、今回のMacBookAirは公式で12時間のバッテリー持続時間。

つまり、私が今持っているMacBookAirとほとんど変わりません。

TouchIDが搭載された

今後の使い方としては「自宅では新型MacBookAir、外出先ではMacBook(2017)」という使い方になると思うので、TouchIDを使ったログインをする機会はそれほど多くないと思います。

家で使う時は認証をそれほど意識しないので、それほどメリットを感じないと思いますが、ないよりは嬉しい。

MagSafeではなくなって、USB-C充電になった

これ、以前とは逆の意見になっています。個人的にはMagSafeの方が足に引っ掛けることがあっても安全だし、使いやすいと思っていました。

今もその気持ちは変わっていません。ただ息子も大きくなってケーブルに足を引っ掛ける頻度も少なくなり、MacBook(2017)がUSB-C充電である現在では、MacBookと充電ケーブルを同一にできるって意味でUSB-Cケーブルでの充電の方が便利なのです。

英語キーボード

決してMacBookAirだけの話ではないのですが・・・

私は2013年にMacBookAirを購入した時には、何も考えずに日本語キーボードで注文してしまいました。

ただ、やはり英語キーボードの方がしっくりくる。コードを書く時に同じキー配列の方が間違えにくい。

なので「次回MacBookAirを購入する時は英語キーボードで注文する!」と決めてたんです。

これで私の家の端末が全て英語キーボードで統一されました。とても嬉しい。

気になること・残念なこと

当然、全てに満足しているわけではありません。

値段が高い

MacBookAirといえば「Macのエントリーモデル」に位置付けられていた訳でして、過去には10万円を切った価格帯のモデルもありました。

しかし、今回は(税を入れると)約15万円からのスタートです。

エントリーモデルにしては少々高すぎるかと。

バタフライキーボードの使用感は未知数

これまでのMacBookAirのキーボードの使用感は「最高」でした。これまで私が使ってきたノートパソコンの中でもTop5に入るレベルでした。

一方、MacBook(2017)のバタフライキーボードは・・・悪くはないのですがやはり「モバイル性を重視して、キーボードそのものの使用感は若干ダウン」と感じていました。

新型MacBookAirはバタフライキーボードを搭載して欲しくなかったってのが正直なところです。

とはいえ、もしかしたら今回のバタフライキーボードは超改善してるかもしれないので、その辺は到着したらすぐにレビューしようと思います。

トラックパッド、大丈夫かな

MacBook(2017)のトラックパッドは「まれにカーソルがワープする」という事象に悩まされました。

MacBook12 2017トラックパッド問題。新品と交換に。
MacBook12 2017年モデルのトラックパッドがおかしい件、結局新品と交換になりそうです。 今回の事象について 以下の記事...

今回は同様の事象が発生しないことを祈るばかりです。

到着予定が11月12日!遅い!

新型MacBookAirは11月7日発売なのに!Appleオンラインストアで購入すると11月12日到着です!遅すぎる!

「じゃあ店舗で買えよ」と言われるかもしれませんが、それだと英語キーボードが入手できないんです・・・

これはレビューするタイミングが出遅れそうです。

光るリンゴがなくなった

個人的には光る方が好きでした。

まぁ、楽しみだってことです

1年に数回程度のお祭りなので、到着を楽しみにしておきます!

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">