MacBook Air(2018)用の安いカバーを購入

IMG_7242

先週購入したMacBook Air(2018)のカバーを購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

外に持ち出す予定はないけど念の為

この数日間、ひたすらMacBook Airのネタになってます・・・

本日はMacBook Airのケースです。

私は既に無印Macbookを保有しているので、MacBook Airを外に持ち出す予定はありません。また、自宅でも毎回ケースに入れて保管とか、神経質に取り扱うつもりはありません。その辺に「ぽーんと」置いておく事がほとんどです。

MacBook Airのアルミフレームは、かなり堅牢にできています。なので、旧型のMacBook Airも殆どその辺に放り出していたのですが、それでも少ししか傷が付きませんでした。

とは言っても、全くケースがないのは若干不安。

とりあえず簡易的なカバーがあれば十分だと思って、ネットで色々探したところ・・・

以下の製品が目に付きました。コスパが非常に良い。

>>サンワサプライ Mac Book用プロテクトスーツ(13.3インチワイド) IN-MACS13BK

これ、数年前に旧型MacBook Airを購入したときと同じ製品でした。でも、iPad Proを購入してからはiPad Proのカバーに使用してたんです。

iPadProはMacBookAirのケースにピッタリ入る!
iPadProの専用ケースはまだそれ程バリエーションが豊かじゃないです。でも、買わないと液晶が傷付くかもしれない・・・ って、考えてい...

なので今回追加で購入することにしました。

外観の紹介

アマゾンで購入。フラストレーション・フリー・パッケージで送ってくれても良かったのですが。

IMG_7235

こんな感じで固定されて入ってました。ただのカバー(ケース)なんですけどね。

IMG_7236

本体(カバー)は、更にビニールのファスナーに入っています。

IMG_7237

ただのカバーなので、取扱説明書みたいなモノはありません。特徴が記載されてるカードボードが入ってるだけ。

IMG_7250

13インチのMacBook AirとMacBook Proに対応とありますが、ただのカバーなので薄型の13インチノートパソコンだったら入るはずです。

IMG_7239

本体はこんな感じの素材。ウエットスーツみたいな柔らかい素材です。

旧型MacBook Airとのフィット感比較

さて、前述の通り、今回の購入は二回目となります。

IMG_7241

下が旧型MacBook Airと古いスリーブ、上が新型です。スリーブの大きさが違うように見えますが、これは遠近法的な理由です。同じサイズです。

IMG_7245

まずは旧型MacBook Airを入れてみました。こんな感じでピッタリです。

・・・ピッタリというか、若干はみ出してます。基本的に問題ないのですが、運悪く落としたときにはみ出てる四隅がぶつかったら・・・悲しすぎますね。

IMG_7246

次にMacBook Air(2018)を入れてみます。上の写真を見れば分かる通り、旧型MacBook Airと比較してサイズが一回り小さくなってるので余裕っぽい。

IMG_7247

入れてみました。旧型MacBook Airの時のようにはみ出ることがありません。

IMG_7249

めくってみました。こんな感じで全体をすっぽり覆うことができました。

全体をスリーブで覆えるというメリットがある反面、ジャストフィットじゃなくなった為に「うっかりすぽっっと落ちてしまう」危険性あります。これには気をつけないといけません。

まとめ。MacBook Air(2018)でも普通に使えた。

今回紹介したキズ防止スリーブはこちら:

自宅だと、完全フィットよりも全体を覆ってくれたほうが安心感があるので、コスパ含めて満足しています。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">