CrucialのSSDの交換品が発送された!

3

この記事は、以下の記事の続きです。

Crucialの壊れたSSDをアメリカに送ってみた
この記事は以下の記事の続きです。(交換作業が全て終わったらまとめ記事を書く予定です) ようやく壊れたCrucialのSSDをア...
スポンサーリンク
レクタングル大

これまでの経緯(ざっくり)

こんな感じです。

  • CrucialのSSDが壊れた(PCに接続するとPC側が応答しなくなる。フォーマットもできず)
  • 日本のサポートにメール・・・応答なし
  • USのサポートにメール・・・応答なし
  • USのサポートにチャット・・・丁寧に対応いただく。対処策を試して欲しいとの事。
  • 対処策を実施・・・症状変わらず
  • 再度、USのサポートにチャット・・・RMA(交換)対応になった
  • USにヤマト便で故障したSSDを送付・・・しようと思ったが、2,600円くらいかかるので辞めた
  • 郵便局から発送・・・わずか650円程度で完了!

後はUSのCrucial側に壊れたSSDが届く事を祈るばかりでした。

Crucialから「届いた!」ってメールが来た!

先日、朝のメールチェックをしていると、以下のメールがCrucialから届いていました。

1

おお!無事届いたみたいですね!

実は、少し不安だったんです。RMA対応をしていた時に「10日以内にこちら側(Crucial側)に壊れたSSDが届くようにしてください」と言われていて、今回の郵便局での送付方法だと「約2週間かかる」と言われていたので。

でも、全く問題なく受け取ってもらえたようです。実際にかかったのは7日ほどでした。

(実は発送の時に受け取った伝票に送り状Noが書いていて、既にCrucial側が受け取った事までは事前に確認していた)

さらに、Crucialから「送った!」ってメールが来た!

翌日(今日)、Crucialから以下のメールが届いていました。

2

おお!今度はRMA品を送ってくれたみたいですね!

しかもFedexのPriority1で送ってくれたようです。つまりめちゃめちゃ早く到着しそう。

(Schedule Deliveryは明日になっていました。それはさすがに無理だと思うのですが・・)

これ、うまくいけば今週中に届いて結果を報告できそうです!

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">