日常が忙しくてCCIEの勉強時間が確保出来ない方へ

N912_atamawokakimushiru-thumb-1000xauto-14355

今回はちょっと厳しい事を書いてるかもです。

CCIEを取得してから様々な方にお会いする機会も増え、その中にはCCIE Candidatesの方も数人いらっしゃいました。

CCIE取得を目指す方からたまに聞くお話が「CCIEの勉強を行いたいんだけど、中々勉強する時間がなくて・・」というものです。

  • 仕事が忙しくて帰って勉強する気にならない
  • 結婚して子供がいて土日は勉強出来ない
  • 多趣味で中々勉強時間が割けない

等々。

スポンサーリンク
レクタングル大

それは、ただの甘えです

CCIEはその様な甘い考えで合格出来る資格ではありません。CCIEは非常に難易度が高い資格です。そんな考えで合格出来るのであれば、皆合格しています。そしてCCIEの希少性が薄まるでしょう。

「勉強時間がない」という言い訳を言っている方で合格したケースを、私は聞いたことがありません。

そもそも、CCIEを目指している方はほぼ社会人でしょうから、なかなか勉強に時間を割くことが出来ないのは当たり前なのです。平日は夜遅くまで仕事で忙しい、土日は家族サービス、休日は旅行したい、家でたまにはゆっくり休みたい、、、誰だって同じ気持ちですよ。

私も普通のリーマンなので、全く同じ境遇です。時には仕事のトラブルで朝まで徹夜対応をしたり、子供が熱を出して看病をしたり。。。

時間がない事を理由に、勉強がはかどらない方は、CCIE取得を目指さない方がいいです。「CCNAからCCIE合格までの学習時間、約1200時間でした」を見てもらえば分かるのですが、CCIE取得には膨大な時間がかかります。集中的に学習出来なければ、勉強開始時の記憶が薄れて再勉強する必要が出てさらに時間がかかります。

仮に、2年間だらだらと勉強して合格出来なかった場合、残るのは「ロスった時間」・「書籍代等、金銭的コストのロス」・「挫折感」等、半端ないデメリットだけです。

ならば、最初からCCIEなど目指さない方が、その分の時間やお金を有意義に使えるでしょう。

勉強する時間を、作りましょう

そもそも、「時間がない」という考え方から間違っているのです。

学習時間は作るものです。工夫して確保するものです。

「仕事が忙しくて・・・」じゃあ会社に行ってるんですよね?じゃあ出勤時の電車内で勉強したらいいじゃないですか。

家から会社までDoor to Doorで1時間あれば、行きと帰りで2時間も勉強出来ます。

満員電車だから本を開く事ができない?スマホに学習ビデオを入れましょう。2倍速のアプリで学習しましょう。結果的に4時間分の知識を身につける事が出来ます。スマホ持ってない?買いましょう。学習ビデオ持ってない?買いましょう。

ラボ試験は1回16万円以上ですよ?そんな試験を何回も受験し直すリスクを取るより、効率的な教材を購入した方が合理的ですよね?

「子供がいて休日は中々勉強時間を割けない」?子供が寝た後に勉強しましょう。私は子供の風邪の看病中も勉強していました。少し工夫すれば出来る事です。単純に「勉強する時間を作るにはどうしたらよいか?」と考えていないから時間がないと錯覚しているだけです。

司法試験、医学試験、プロのスポーツ選手、、、彼らは私たちの何百倍と努力しているからあの地位にいる訳です。もちろんCCIEの学習に必要な労力はその様な方々には遠く及ばないものですが、やはり、それなりの努力が必要なんです。

具体的にどうすれば時間を作れるか?

これは、その人のライフスタイルによりけりですが、私なりに努力した方法・戦略はこのブログで全て書いていきます。

前述の通り私もただのリーマンなので他の人とライフスタイルが同じだと思うので、参考になるかとは思います。

でも、やっぱり最後は自分自身のマインドです。CCIEはCCNA/CCNPとは違います。

これからCCIEの勉強を検討されている方は今一度「本当にCCIEが自分の人生に必要か?」について再考してください。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">