仮面ライダービルドのベルト「ビルドドライバー」の感想!

IMG_4627

早くも次期仮面ライダーが発表されましたね。「仮面ライダービルド」って言うらしいです。

たまたま仮面ライダービルドのベルトである「ビルドドライバー」に触れる機会があったので紹介したいと思います。

ベルトに入れる「ボトル(ガシャットとかアイコンみたいなもの)」にも触れることができました。

(仮面ライダーゴーストのアイコンと同じ形式だったので安かったです)

スポンサーリンク
レクタングル大

仮面ライダービルドについて

正式には9月の前半に発売されるようです。テレビの仮面ライダーの開始に合わせて発売されるのが毎回の恒例ですからね。

私の息子は現在7歳です。仮面ライダーと戦隊モノと一緒に成長してきたようなものです。最近は大きくなったので、戦隊モノに対する興味は薄れてきました。

仮面ライダーも去年までは夢中でしたが、今年はどうだろう・・・まだ新しい仮面ライダー(仮面ライダービルド)のベルトがほしいと言ってますが、実際に発売された後の反応に興味があるこの頃です。

話を戻します。

9月から開始される新しい仮面ライダーは「仮面ライダービルド」と言うようですが、早くもこの仮面ライダーのベルト「ビルドドライバー」に触れる機会があったので、実際に見てきました。

ビルドドライバーの外観

こんな感じです。

IMG_4627

左に赤い色のノブがありまして、それを回して変身するようです。で、右にアイテムを入れる場所があります。最大で2つまで入れれるっぽい。仮面ライダーエグゼイドと似ていますね。

IMG_4632

上の写真は「ラビットフルボトル」です。うさぎ!

IMG_4631

こちらは「タンクフルボトル」です。色々考えますね(笑)

仮面ライダーシリーズでは、ベルトにアイテムを入れることで、様々な変身が行われるのが通常です。ゴーストはアイコンだったり、エグゼイドはがシャットだったりしました。

今回の仮面ライダービルドも同様です。

今回の仮面ライダービルドでは、このアイテムのことを「フルボトル」って言うみたいですね。今回は以下の3つのフルボトルを試すことができました。

  • ラビット
  • タンク
  • 掃除機

これらを組み合わせることで、多彩な変身が可能になるようです。実際にどんなキャラクターに変身するか、子供はワクワクすることでしょう。

IMG_4629

グルグル回すと・・・

IMG_4630

こんな感じで色が変わって変身の音声が流れます!

親御さんに朗報!アイテムは安い!・・はず

ここで、実際にお金を使って買ってあげることになる親御さんに朗報です。

恐らくですが、今回のアイテムである「フルボトル」は、1世代前の仮面ライダーエグゼイドの「ガシャット」よりも安くなります。

IMG_4628

上の写真が見えますかね?これがフルボトルの裏側なのですが、この細かい模様をベルトが認識して、どのフルボトルかを判断して、変身する音声をコントロールしてるっぽいです。

ガシャットの場合はガシャットそのものにも電池が入っていてベルトと連携していましたよね。

フルボトルは(恐らく)電池式ではないので、電子的な回路もないはずです。なので、結果的に低コストで購入できるはずです。

イメージとしては仮面ライダードライブやゴーストのアイコンと同じイメージのはずです。

仮面ライダーシリーズは2週間に一回くらいは新アイテムを使うので、全てを購入しようとするとめちゃめちゃコストがかかってしまいます。小物と言っても侮れません。

アイテムが安く買えるのはスポンサーの私達のとって大変ありがたい。

IMG_4625

ちなみに上記のフルボトルセットは既に販売されていました。まぁベルトが発売されてから購入すれば良いと思います。

ゴリラとダイアモンド・・・現時点では想像がつきません・・・

気になるベルトの使い方は?

以下の説明となっていました。

IMG_4633

上記に書いたとおり、レバーを回して変身ですね。

実際に試してみたのですが、音声についても上記の説明のとおりでした。

まとめ。間違いなく、子供は欲しがる!

日本の子供の大半のヒーローである仮面ライダーの新作ですから、子供は間違いなく欲しがるでしょう。私の7歳の息子は欲しがるのか、、もう大きくなったから興味が薄れるのか、私のほうが興味があります(笑)

まぁ発売されたら2週間くらいは入手困難になるかもしれませんね。去年の仮面ライダーエグゼイドのベルトがそうでしたから。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">