StickerMuleでステッカー買ったら色々残念だった

IMG_9571

パソコンに付けてるTileに貼るシールを「Sticker Mule」にて購入してみました。

結論から言うと、少し傷跡が付いてるシールが多々あり、かなり残念でした・・・

ちなみに最後に書いているリンクからStickerMuleにアクセスすると$10クレジット貰えるはずなので、理論的には100枚以上のITステッカーが無料(送料も無料)で手に入るはずです

スポンサーリンク
レクタングル大

持ち運び用MacbookにTileを付けることにした

私は、よくモノを紛失します。

このリスクを軽減させるために、数年前から「紛失防止タグ」を色んなモノに付けることにして、結果的に大きな効果を上げることに成功しました。

紛失防止タグ「Tile」を半年使ってみた感想
紛失防止タグ「Tile」を常に持ち歩いて半年が経ちました。 一言で言うと「最高」です。Tileなしでの外出が不安に感じるレベルです。 ...

TileのおかげでMacbookも見つかりました。20万円以上する、最も愛用しているMacbookです。

TileのおかげでMacBookが見つかった話
本当に持っててよかった・・・Tile! MacBookを紛失したのですが、Tileの機能で見つけることができました。 Mac...

で、最近ですが、調子に乗ってMacbookにTile Slimを直接貼り付けることにしました。両面テープで。

IMG_9580

いい感じですね!これで紛失してしまっても最後にどこに置いたかがわかります。これまでは外出しする時に使っていたPCスリーブにTileを入れていたのですが、これからはPCに直貼なので、PCそのものを紛失しても大丈夫です。

・・・ただ、Tile Slimは少し無機質なので、少し寂しい。いかにも「Macbookに何か貼ってます」って感じで、デザイン的に微妙になりました。

なので、Tileの上にステッカーを貼ることに。

でも、パソコンにステッカーを貼りまくるのは嫌だな、、と思いながら、手頃なステッカーを探していると、、ありました!

どうやらカスタムステッカー・マグネットを作ってくれるサイトのようです。で、IT系のステッカーも販売している。GoogleやTwitterのステッカーも委託されているようです。

で、上記のUnixstickersプロパックはIT系のステッカーが10枚入って、期間限定で$1!!

しかも送料込み!安い!

てな訳で、実際に購入してみることにしました。

本当に$1っぽい。しかも複数セット購入可能だった。

そもそも本当に$1で購入できるのか?海外から発送だから、少なくとも発送料を追加で取られる気がする・・・あと、サンプルの立て付けなら複数購入は不可?

などなど、疑問が出てきたので、実際に複数購入してみることに。

stickermule1

・・・とりあえず2つで$2で購入できました。複数でも問題ないようです。

届いた!外観の紹介。

さて、オーダーしたのが2月22日、上記の配送予定日は3月10日になっていたのですが・・・

今日届きました!つまり、約10日ですね。

IMG_9562

こんな感じのプチプチバッグで到着しました。

IMG_9563

これが裏面です。U.Sっぽいギークな感じのプリントですね。

IMG_9564

プチプチを開封すると、中からステッカーが入っている封筒が登場。

IMG_9565

今回は2セット購入したので、2つの封筒が登場。

IMG_9567

裏面です。

IMG_9568

ここから開封するっぽい。

IMG_9569

開封してみました・・・

IMG_9570

おお!ステッカーがいっぱい登場!

(この時点で傷が見えましたが、、、後述)

IMG_9571

並べてみました。Unix系のロゴステッカーです。

合計10枚ですが、小さいステッカーが1枚になってるのもあるので、実質13枚です。

これで1$は確かにお得。

IMG_9572

拡大してみました。

IMG_9573

Unixstickerの説明も同封されていました。

傷がついてるのが複数あったのが残念

ステッカー10枚(実質13枚)が$1というのは確かにお得感があるのですが・・・

上述した通り、いくつかには傷が・・・

傷というより、複数のステッカーを同封したことによる、ステッカーの跡ですね。

IMG_9578

例えばPythonのステッカー、ギザギザの傷がついています。

IMG_9576

こちらもお腹に傷が・・・

IMG_9577

こちらも若干傷があるのがわかりますね。

ステッカーは品質第一なので、傷があるのは大きなマイナスポイントです。私は個人で利用する予定でしたが、企業ロゴなどをマーケティング目的で作成依頼して、これが届いたらゲンナリですね・・・

ステッカーそのものの品質は、良い。表面はマット加工のビニールで保護されているので、安っぽい感じではない。

でも傷はダメだ。

実際に貼ってみた

気を取り直して、Tileに貼ってみることにしました。

IMG_9574

今回はPythonの小さなステッカーを貼ることにしました。最近はPythonを利用して開発することが多いので、馴染み深くなってるから。

IMG_9582

こんな感じになりました!いい感じ!

実は、このステッカーも左上に傷があったのですが、そんなに目立っていない。

IMG_9581

これでビットコインの自動売買が順調に行ったらいいな(笑)

まとめ。傷がついてたのが大きなマイナスポイント

今回購入したステッカーはこちら。

$1(送料込)でこれだけ手に入るのは、お得感満載です。AmazonとかでもIT系のシールを売ってるのですが、数が多いから値段が500円くらいする。

このパックなら「超沢山ステッカーが欲しいわけじゃないけど、数枚くらいを手頃に欲しい」って要望を満たしてくれます。

しかし、肝心のステッカーに傷があるのは頂けない。貼った後に傷がついていくのは仕方ないのですが、はじめから傷が付いてるとゲンナリしますね。。

ちなみに以下のリンクから$10分のクレジットを貰えるらしいです。オススメしていない私が紹介するのもなんですが(笑)

Stickermuleで$10のクレジットを取得する公式リンク

このクレジットを利用すると、今回のキャンペーン価格を使用すると10パックが送料無料で手に入るはずなので、100枚以上のITステッカーが無料で手に入るはず。(試してません)

私は、もう再注文することはないでしょう。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">