リファファインバブルレビュー!うーん、微妙!

IMG_7365

シックスパッドを販売しているMTGが発売してるシャワーヘッド「リファファインバブル」を購入したのでレビューします。

個人的には・・かなり微妙な評価となりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

リファファインバブルとは?

浴槽のシャワーヘッドです。基本的にはそれだけです。

基本的にはそれだけなのですが、シャワーで出る水の「泡」が通常よりも小さいらしく、それが肌に良いらしい。

・・・それって、本当に肌に良いのか?ていうか、普通のシャワーの水の泡と大きさが若干違うだけで、違いがあるのか?そもそも泡の大きさなんてまちまちなんじゃないの?

とか色んな疑問が出てくるのですが・・・買ってしまいました。

というのも、自宅のシャワーヘッドは当然ながら通常のものでして、既に10年以上使用しています。INAXの製品です。

で、最近になって「シャワーのお湯の出方が悪い」んです。よくよく見ると、家庭用水に入ってる塩素?みたいなのがこびり付いていて、それが固まって水の出方に影響してるっぽい。

つまり、どちらにせよシャワーヘッドの交換が必要でした。

「ならば面白そうなシャワーヘッドでも買ってみるか!」って感じで妻と話して、試しに購入してみることにしました。

(値段はそれなりにしましたが・・・)

外観の紹介

普通のダンボールで届きました。(当然)

IMG_7350

中を開けてみると、プレゼント用のラッピングがされてる商品が登場。

IMG_7353

開けてみると、オシャレなデザインの外箱。

IMG_7357

オシャレすぎて私には全く合わないですね。

IMG_7356

ただのシャワーヘッドなのに、色々入っています。

IMG_7359

開けてみました!

・・・なんか、凄い。高級感がありすぎる・・・昔のバブル世代に受けそうなビジュアルです。普通に人を殺せそうな鈍器に見えます。

IMG_7360

かなりゴツいです。グリップ感は良い。シャワーヘッドにグリップ感を要求する人は少ないと思いますが。

IMG_7361

水が出てくる面の拡大写真。下にポッチがありますが、これで3つのモードに切り替えることが可能。

  • 泡細かくしないモード
  • 泡細かくするモード
  • かなり泡細かくするモード

IMG_7362

側面の写真。ギラギラです。めっちゃバブリー。

IMG_7364

色んなメーカーのシャワーに対応するためのアタッチメントも付属しています。

IMG_7367

取り付け手順書。今あるシャワーヘッドを外して、取り付けるだけです。

実際に取り付けてみた

まずは、現在使用しているシャワーヘッドを取り外すのですが・・・

めちゃめちゃ硬い!

どうやら取り外す所にも塩素が固まってこびり付いてるようでして、素手だと取り外せず・・・ダイソーで購入した「ゴムのボツボツが付いてる軍手」で何とか取り外しました(それでも取り外す時にガリガリ言いました)。

なので長年使用しているシャワーヘッドを取り外す予定の方は、事前に(ゴム付きの)軍手を準備しておいたほうが良いかと。

既存のシャワーヘッドを取り外した後は、取り付け自体は簡単です。私の自宅のシャワーヘッドはINAXだったのですが、今回付属のアタッチメントも必要なく、そのまま取り付けができました。

IMG_7369

やはり新しいシャワーヘッドは気持ちいいです!

実際に使ってみた感想

さて、いよいよ実際に使ってみた感想です。

IMG_7368

個人的には・・・微妙でした。

まず、確かにシャワーから出るお湯は「柔らかい」印象があります。

柔らかすぎです!自宅の水圧だと「柔らかくなった」というよりも「弱くなった」感じ。

上記の通り、水の種類が3つから選べるのですが、一番柔らかいモードだと「非常に水圧が弱くなった」印象でして、ガンガン水が出てくれる方が嬉しい自分としては爽快感が減った気分。

また、一度に出るお湯の量が少なくなった気がして、お湯の体感温度も上がった気がします。私の自宅の環境だと「温度を2度上げてトントン」って感じです。

水圧が柔らかくなった効果は・・・そんなに感じないってのも正直なところ。

1万円以上する価値は・・・自分的には感じませんでした。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">