NintendoSwitchのプロコンを買い直しました

IMG_8108

息子と一緒に遊んでいるNintendo Switchのプロコンの調子が悪くなったので、買い直すことにしました。

スポンサーリンク
レクタングル大

またまたプロコンの調子が悪くなった

休日に息子と遊んでいるNintendo Switch。飽きもせず2年以上スプラトゥーン2をやっています。

私達はスイッチに標準で同梱されてる「Joy Con」ではなく、従来のコントローラータイプの「プロコン」を購入して使用しています。こちらの方が大きいので、細かい操作やジャイロ操作がしやすいのです。

特にジャイロ操作を行う場合はプロコンを強くオススメします。スプラトゥーン2ではジャイロで視点移動を行うことが多いので、プロコンが必須だと感じています。

で、このプロコンですが、、壊れやすい。

他のブログでも色々紹介されていますが、以下のような症状になりやすい。

  1. スティックが使えなくなる
  2. ボタンが押しづらくなる

特に「1.スティックが使えなくなる」症状が発生しやすい。

特に左スティックが顕著でして、どうやらスティックが摩耗してできる「粉」が中に入り込んでしまうっぽいです。

この症状で過去に修理に出したり、自分で分解して粉を取り除くことで延命処置を施してきました。

任天堂スイッチのプロコンがまた壊れた!また修理に出した!
任天堂スイッチのプロコンが再度壊れました。 これで二回目です。 今回も保証書をなくした状態で修理に出してみました・・・ ...

でも、最近は不具合の頻度が上がってきまして、左スティックを真上に倒しても、微妙に左上の判定になったりと、プロコン自体の寿命を感じさせる動作になってきました。

まぁ購入して2年程度経っているので、新しいプロコンを調達することに。

>>Nintendo Switch Proコントローラー(アマゾン公式)

外観の紹介

ただのゲームのコントローラーなのでサラッと紹介します。

IMG_8103

プロコンの外箱です。

IMG_8105

後ろに使用方法が紹介されています。これ以外に説明書はありません。

IMG_8104

この箱が保証書になっています。これ、結構重要でして、この外箱がないと保証書がない扱いになりました(少なくとも私が過去に修理に出したときはそうでした)。なので箱は1年間は保管しておいたほうが良さそうです。

IMG_8106

同梱物は「本体」と「充電ケーブル」のみ。

IMG_8110

今回購入したプロコンは標準のものです。

以前購入したプロコンは上部分の「スプラトゥーン2モデル」でした。デザインが若干違うだけですね。

IMG_8111

以前のプロコンは左スティックが摩耗して、白い粉状のモノが出てきてたのですが。

IMG_8109

新品はキレイです!気持ちいい!

実際に使ってみた

新しいプロコンを実際に使用してみました。

まずは保有しているNintendo Switchに登録します。この操作は「USBケーブルで本体に直接登録する方法」と「プロコンの上部のボタンを押して登録する方法(無線)」の2種類があります。

なぜか私の環境では、無線による登録ができませんでした。なので本体にUSBケーブルで接続する方法で登録完了。

あとは普通のコントローラーの使用方法と変わりません。

買い替えた結果は・・・やっぱり違う!

これまで「自分が悪いのか?プロコンの調子が悪いのか?」とモヤモヤしていたケースが多々あったのですが、細かい動作をキビキビ調整できます!

この「細かい操作」って本当にケースバイケースでして、スイッチのメインメニューでの「コントローラー調整」でも判断できないことがあると思います。

やっぱりプロコンの調子がおかしいケースが多々あったことが再認識できました。

なので、コントローラーを少しでも疑うケースがあれば、実際にもう一台購入してみて検証したほうがいいかと。精神衛生上もスッキリしますよ。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">