iPod Touch(第6世代)にiOS9.1を入れてみた結果・・・

iOS-9-main

今日起きてみるとiOS9.1がリリースされたので、早速人柱になってみました。参考になれば幸いです。

iPod Touch第6世代以外のiOS9.1のアップデートは別記事でまとめて紹介します。

追記:iOS9.2にアップデートました!

iOS9.2にiPod Touch iPhone iPadをアップデートしてみた!
追記:iOS9.3にアップデートしてみました。 昨日はiPad ProをiOS9.2にアップデートした結果を共有しまし...
スポンサーリンク
レクタングル大

アップデートの内容

iPod Touch第6世代の「情報」画面にiOS9.1のアップデート情報が上がっていました。

画面は以下の通りです。

IMG_0848 copy

今までは9.0.Xのマイナーアップデートだけだったのですが、9.1と一気にジャンプしたので、どんな機能が追加されているか少しワクワクしたのですが・・・たいした事ないですね・・・絵文字が増えても私は元々絵文字はそんなに使わないので。

しかも211MBもあって意外とでかい。

まぁ不具合の修正も多数含まれている様なので、他の人の人柱もこめてアップデート!

アップデートの過程

まずは、お約束のアップデート前の空き容量を確認。

IMG_0849 copy

アップデート前の空き容量は99.7GBであることが確認出来ます。

では、早速アップデートをインストールしてみます。下の「ダウンロードとインストール」をクリック。

IMG_0848 copy

パスワードを要求されるので、入力します。

IMG_0850 copy

すると、利用規約に同意画面になります。この辺は今までのiOS9系のアップデートと全く同じですね。

手慣れたものなので「同意する」をクリック。

IMG_0852 copy

アップデートが要求され、自動的にiOS9.1がダウンロードされます

ダウンロードされたら自動的にカウントダウンが始まって、インストールが始まります。

バージョンアップするときは必ず電源を供給している状態で行いましょう。バージョンアップ中に電源が切れたら、最悪起動しなくなります。バージョンアップそのもの以外の事で問題を起こすことは避けましょう。

私は以下の記事の通り、10ポートのUSB用AC充電器を利用しています。これだけポートがあると、いくらモバイルデバイスを持っていても、ポート数を気にしないで手軽に給電できます。

(何気にこのブログで最も人気のある記事の一つだったりします)

Anker PowerPort 10レビュー。大は小を兼ねる、安心感が半端ない!
ACコンセントに接続するタイプのUSB急速充電器の「Anker PowerPort 10」を購入したのでレビューします。数日間かなり負荷をか...

今USBポート空いてたっけ、とか考える悩みが一気に解消できて非常におススメです。

IMG_0854 copy

10分程かかります(その間に2回程再起動がかかりました)。すると、、、

IMG_0856 copy

とりあえず、アップデートが問題なく完了しました。「続ける」をクリックすると・・・

AppleIDのパスワードが求められます。iOS9.0.Xのアップデートの時は求められなかったような・・・

IMG_0857 copy

実はこの後他の4つのAppleデバイスもアップデート予定だったので、面倒くさいなぁ。。

てな訳で、特に問題もなくアップデートが完了しました。

アップデート後の容量は・・・

IMG_0860 copy

ん!?バージョンアップ前と同じく99.7GBです。中間ファイルは自動的に削除されたからなのでしょうか。

とにかく、アップデートの為だけにムダに容量を食わなくて良かったです。

結果、不具合は発生したか?

とりあえず、私のiPod Touch第6世代の環境では特に問題は発生しませんでした。じゃあ、パフォーマンス的なインパクトはあったか?というと、、特に遅くなった訳でもなく、早くなった訳でもなく、正直違いが見つかりませんね。。

ちなみに上記で紹介したUSB専用ACアダプタですが、以下のAmazonタイムセールでかなりの確立で激安で販売されるので、ちょくちょくチェックする事をお勧めします。

Amazonタイムセール(パソコン・周辺機器)

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">