NECブロードバンドルーター「PA-WG2600HP3」レビュー

IMG_6794

NECのブロードバンドルーター「PA-WG2600HP3」を購入したので簡単にレビューします。

Appleの「AirMac Extreme(第5世代)」からの乗り換えです。

結論から言うと、大正解でした。もっと早く買い換えれば良かったです。

スポンサーリンク
レクタングル大

自宅のブロードバンドルーターの調子が悪くなった

7年間使っていた「AirMac Extreme」

私の家のネット環境は、とあるISPの光を使用しています。業務上でも帯域を消費する作業が多いので、1Gbpsの専有型です。

これまでブロードバンドルーターは、Appleの「AirMac Exterme(第5世代)」を使用していました。筒型になる前のモデルです。

IMG_6803

確か、購入したのは2011年の発売された数カ月後でした。そもそも「何故AirMac Extremeを選定したか?」ですが、単純に「Appleデバイスとの親和性がいいのでは?」と考えていたからです。

まだ802.11nまでしか対応しておらず、802.11acのデバイスがあっても性能をフルに発揮できませんでした。

それでも通常は802.11acレベルの速度を無線デバイスでは要求されないので、特に不便を感じていませんでした。

最近すこぶるネットの調子が悪くなった

ところが、数年間使用していたAirMac Extremeですが、最近ネット環境の調子が悪くなってきていました。

  1. 急にネットサーフィンでカクつくことが多くなった
  2. Macをスリープ状態から復帰した時に、特定のサイトに繋がらなくなる
    (端末側で無線の切断・接続を行うと再度アクセス可能になる)
  3. 端末からの接続に非常に時間がかかったり、急に切断されたりする

特に「2」と「3」が頻発するようになり、非常にストレスがかかります。

私は自宅からネット会議に入ることもしばしばあるので、その時にいきなり切断されると周りにも迷惑がかかる。

これまで買い換えなかったわけ

こんなに問題が発生していたのにブロードバンドルーターを買い換えなかったのには理由があります。

何気に自宅環境の問題切り分けは難しい

これが最大の理由です。

というのも、意外と自宅ネット環境って複雑です。

  • ISPからレンタルしてる機器->外
  • ブロードバンドルーター->ISPからレンタルしてる機器
  • 自宅物理サーバー->ブロードバンドルーター
  • モバイルデバイス->ブロードバンドルーター

などなど。

全てメーカーもモデルも購入時期も違うので、問題の切り分けが大変。

ある意味仕事でのトラシューよりも面倒です。

自宅ネット環境のトラブルシューティングは面倒くさい

なにより「家に帰ってまでトラシューしたくない」!

「PA-WG2600HP3」を選定した理由

切り分けが面倒くさかったので、ブロードバンドルーターの買い替えに二の足を踏んでいたのですが・・・ある日、Macの「Air Macユーティリティ(AirMac ExpressをMac上で設定できるツール)」で設定の調整をしようとすると・・・

接続と切断を繰り返している!

この時点で明らかに「Mac側」か「ブロードバンドルーター側」の何らかの問題が有ることが明確になったので、思い切ってブロードバンドルーターの買い替えに踏み切ったんです。

で、数年ぶりにコンシューマー向けのブロードバンドルーターを調べてみたんですが・・・

色々と製品が多すぎる!

でも、せっかくだから802.11acは使える機器が良い。(殆どのブロードバンドルーターは対応している)

こんな時は・・・

「ネット上で一番タイムリーに評価が高く、実装実績が多い」製品を選ぶ!

これ、非常に重要です。

なぜか?

自宅ネット環境って、企業のネット環境と違って「機器構成・トポロジが多種多様」なんです。企業のネット環境は「ベストプラクティス」があるものですが、自宅ネット環境は本当に様々。

なので、いわゆる「俺環境問題」が発生しやすい。

だからこそ、実装実績が多い製品を選定することで、俺環境問題を最小限に抑えたいと思うのです。

(当然ながら、それでも環境固有の問題は発生するのですが・・・これが自宅ネット環境構築の怖いところ)

それを踏まえて、今回は「PA-WG2600HP3」を選定しました。

>>NEC 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3

  • 少し値段は高いけど、ネットでの実装レビューの記事が多い
  • 802.11acに(当然ながら)対応している

これだけで十分です。所詮ブロードバンドルーターなので、メーカー固有の特別な機能なんて不要なので、上記の2点がはっきりしていたら十分。むしろ変な機能があることで、実績が少ない製品のほうが怖い。

外観の紹介

Amazonで購入したらデカいダンボールで届きました。

IMG_6792

実際の外箱はこんなサイズなんですけどね。

IMG_6793

パッケージには「1733Mbps!」とか「IPv6対応!」とか書いているのですが、スマホ側がそんな高速に対応していないし、IPv6とか家庭ではそれ程必要ないと思います。

重要なのは「安定通信」!!!

IMG_6797

これが背面。まぁ色々書いてますが、安定通信が実現できればそれでいい!

IMG_6800

同梱物は以下の通り。

  • 本体と説明書
  • 縦置き用のスタンド
  • ACアダプタ
  • LANケーブル

シンプルですが、必要十分です。

IMG_6801

本体の背面はこんな感じ。左の1ポートがWAN側の接続。右の4ポートが自宅機器の物理接続用。私の場合は自宅サーバーなどを優先で接続します。

IMG_6802

右のスイッチで「ルーターモード」と「ブリッジモード」を選択できます。既にISPからレンタルしているルーターがあって、家のネットワークをフラットなセグメントで構成している場合は「ブリッジモード」を使用します。

例えば私の家の環境。全て「192.168.1.0/24」で構成しています。機器によってはISPから借りているルーターに接続しており、いくつかはブロードバンドルーターにも接続予定。すると全て「192.168.1.0/24」のネットワークで構成したいのでブリッジモードを使用します。

買い替えた結果・・・素晴らしい!

細かい設置方法や、設定方法については色んなブログで紹介されているので省略。

最近のブロードバンドルーターは凄くて、基本的にISPのルーターに接続するだけで基本的な設定が完了しました。私が変更したのはパスワードくらいです。

さて、今回交換したことによる実際の「効果」について紹介します。

接続が安定するようになった

これが一番大きい!

AirMac Extremeの時に頻発していた「端末での無線接続が頻繁に切断される」事象が今の所一度も発生していません。

さらに、ノートパソコン(Mac/Windows)の無線への接続速度が劇的に早くなりました。

この手の「目に見える効果」が確認できると嬉しいものがありますね。

特定のブラウザの接続ができなくなる事象がなくなった

これも嬉しい!

今まで頻繁に発生していた事象が解決されたようなので、ストレスが一気になくなりました。

802.11acは早い!

私のMacBook及びWindowsのノートパソコンは802.11acに対応している無線アンテナを内蔵しており、これまでのAirMac Extremeではその性能をフルに利用できませんでした。

上に書いたとおり通常のウェブサーフィンだと802.11nだろうがacだろうが体感的には違いはないのですが、私は検証環境で1つ「帯域を瞬間的に消費する作業」があります。

それは「自宅のvCenterにOVFでアプライアンスをデプロイする作業」です。

検証の際には同時に10個のVMをOVFからデプロイするケースもあります。その時はノートパソコンからvCenterにデプロイします。

これがブロードバンドルーターの買い替えによって劇的に早くなりました。作業の効率が一気に上がりました。

最高です。

まとめ。もっと早く買い換えればよかった

今回購入したブロードバンドルーターはこちら:

冒頭に「これまでブロードバンドルーターを買い換えなかった訳」を紹介しましたが、実はもう一つ理由があります。

「手持ちにApple製品が多かったから、なんとなくブロードバンドルーターもAppleの方が相性がいいと思っていた」

でも、今回の買い替えで、この考えが覆りました。

やはり「餅は餅屋」です。新しいブロードバンドルーターを可動させて一週間程度立ちますが、とても安定していてAirMac Exteremeの時とは雲泥の差の快適さです。

本当にもっと早く買い替えてれば良かったと思ってます。

私と同じ理由でAirMac Extermeを使い続けている方は、一度考え方を見直してみても良いかもしれませんよ。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">