ダイソーの「MicroUSB&ライトニング」ケーブルを使ってみた

IMG_7392

ダイソーで販売している「MicroUSB&ライトニング充電ケーブル」を購入して使用してみました。

Apple製品やヘッドセットなど、とりあえず色々充電してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

1本のケーブルでMicroUSB&ライトニング両方に使用できる!

・・・Apple純正のライトニングケーブルって、すぐに壊れないですか?

私の使い方が悪いのでしょうか。iPhoneやiPadに付属のライトニングケーブル、2年間くらい使い続けると「本体側の端子の近くが破れてきて、端子がむき出しになる」

決して乱暴に使用しているつもりはないのに、しかも自宅で使ってるだけなのに、なぜか同じくらいのタイミングで同じ箇所が破れてしまう。

とは言っても、最近はサードパーティ製のライトニングケーブルも安くなってきていて、1,000円くらいで品質の高いケーブルを買うことができる。昔は3,000円くらいしたんですけどね。

なので、楽天のスーパーセールで新たにケーブルを購入する直前まで行ったのですが、たまたま近くのダイソーに足を運んでいた時に、以下のケーブルを発見しました。

IMG_7391

なんと!MicroUSBとAppleのライトニングケーブルの両方兼用できる!

MicroUSBとライトニングの2つの口があるわけじゃなく、1つのインターフェースで両方使える!

しかも2.0A対応なので、(使えれば)iPadも充電できそう!

これがあれば、ヘッドセットやイヤホンなどのMicroUSBのケーブルと、iPhoneのケーブルを気にする必要がない。本当に使えたら便利なので、試しに買ってみることにしました。

外観の紹介

外観と言っても、ただのケーブルです。

IMG_7393

意匠登録出願してるらしい。ライトニングケーブルはAppleの製品なのに、強気ですね(笑)

IMG_7394

裏に使用方法が書いています。ケーブルを刺す面によって、ライトニング・micro-Bと使い分けるっぽいです。

通常のライトニングケーブルは表裏両方使えるのがメリットですが、このケーブルでは片方の面しか使えないのはデメリット。

IMG_7395

出してみました。長さは50cmと短め。私の場合は充電器を置く場所を決めているので、逆に短いほうが部屋がスッキリして良い。外で使う分には長さが物足りないかも。

IMG_7397

端子の表。ライトニングケーブルの端子の形状じゃないですね。

IMG_7396

裏面。確かにライトニングケーブルっぽい。ただ作りは本家よりは若干荒い。

実際に使ってみました

自分が持ってるいくつかのガジェットを実際に充電してみました。

iPhone SE

自分がメインで使っているスマホ。

問題なし。やはり片面しか使用できませんが、想定どおりなのでOK。

iPhone 6s Plus

こちらも問題なし。充電にかかる時間も、純正と変わらない気がする。

iPhone6

問題なく充電できた。

Jabra Mini(ヘッドセット)

今度はMicro-Bのインターフェースで充電。

IMG_7401

問題なく充電できています。1本でiPhoneとヘッドセットの両方を充電できるのは便利!

iPad Mini(第二世代)

こちらも充電できました。

IMG_7402

最新のiOS12でも問題なし。

iPad Pro(初代)

充電できませんでした!

IMG_7400

何度挿しても、表と裏を変えてみても一切反応せず。

少し気になって何本か追加で購入して試してみました。

IMG_7398

それでも全てのケーブルでiPad Pro(初代)は充電できませんでした・・・

まとめ。iPad Pro以外は充電できた

iPad Proが充電できなかったのは不可思議ですが、まぁiPad Proは純正のケーブルを使用すれば良いかなと。それ以外のデバイスは全て同じケーブルが使えるのはメリット大きい。

しかも100円です。とりあえず5本購入したので、当分は充電ケーブルに困ることはなさそうです。

あとは壊れなかったらいいな・・・

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">