SudioイヤホンVASA BLÅレビュー

black

Sudio社からBluetoothイヤホン「VASA BLÅ」を提供頂いたのでレビューします。

Noontecのヘッドフォンで満足してたが・・

以前の記事でNoontecのヘッドフォンをレビューしました。

NOONTECのワイヤレスヘッドフォン「Zoro II Wireless」レビュー
NOONTEC社のワイヤレスヘッドフォン「Zoro II Wireless」を手に入れたのでレビューします。 私はヘッドフォンはド素人...

このヘッドフォン、音楽ド素人の私には十分すぎるクオリティーの製品だったのですが、2点困った事がありました。

マルチペアリングするとたまに音が途切れる

通勤時間の9割以上、このヘッドフォンをつけてCCIEの勉強動画を見ていたのですが、一定の間隔で音が途切れる事象が発生していました。

はじめはたまたまiPadMiniとヘッドフォンの間で通信が途切れたのかな?と思ったのですが、何度も音が途切れるので気になり始めて色々試した結果、どうやら複数ペアリングする事が問題のようです。

私は音楽はiPhoneSE・CCIEの動画はiPadMiniと分けているので、ヘッドフォン側で両方を同時にペアリング(マルチペアリング)しているのですが、この状態だと定期的に音が途切れるようです。

試しにマルチペアリングを辞めた場合(iPhoneSE側でBluetoothをオフ)、一切音が途切れる事がなくなりました。

この途切れる事象、わずか数msec程度の途切れなのですが、定期的に発生するのでかなりストレスがありました。

春以降は、不安、、

ヘッドフォンって夏は暑いんじゃない??

と、ふと思いました。

今の季節は本当に快適です。まだ外も寒いので。ヘッドフォンをすると耳が温かくて心地いいです。

でも、それって逆に夏はめちゃめちゃ暑いんじゃないかな。

これは決してNoontecのヘッドフォンの問題じゃないのですが。

Sudio社から連絡を頂いた

上記のようなことを思っていたら、たまたまSudio社からメールを頂きました。

以前と同様にイヤホンのレビュー依頼です。

しかも、Bluetoothのイヤホンを提供頂けるとの事。

Sudio社については、Noontec社同様、自分は一切存在を知りませんでしたので調べてみました。

Sudio社のホームページ

スウェーデンデザインのイヤホンなんですね。見るからにオシャレです。

しかも、イヤホンなので、夏場でも快適に使えそうです。

という訳で、試させて頂く事にしました。もちろん、Noontec社の時と同様に、公平なレビューを行わさせて頂く事前提です。

届いた!外観はこんな感じ

なんと!スウェーデンから届きました!

IMG_0014

梱包もしっかりしています。ちなみに、世界どこでも送料無料だそうです。

IMG_0015

DHLの梱包を開けてみました。かなり高級感漂うパッケージです。Appleといい、やっぱりシンプルな方がオシャレ感でますねー。

IMG_0016

パッケージの裏面です。付属品の写真が記載されています。全て英語です。どの国に発送する場合でも、このパッケージに統一されているのでしょう。

IMG_0018

パッケージを開けてみました。ハードカバーの本みたいに開きます。中にはさらに2つの箱が入っています。

IMG_0020

付属品を全て取り出してみました。付属品は以下の通りです。

  • イヤホン本体
  • USB充電ケーブル
  • サイズの違うイヤーピース
  • イヤホンクリップ?
  • ポーチ
  • ワランティーカードと取扱説明書

USB充電ケーブルは、通常の充電ケーブルと規格上同じです。個人的には異なるサイズのイヤーピースが本体に付属している物と合わせて5セットあるのが非常に親切だと感じました。やはり、耳の大きさって個人差があると思うので。

では、一つずつ付属品を見ていきましょう。

付属品の紹介

IMG_0022

USBケーブルです、上記に書いた通り通常の規格ですね。長さはそれほどないので、私はKindle購入時に付属していたUSBケーブルを利用しています。

IMG_0023

イヤーピースとクリップです。このクリップですが、他の方のブログを見ても、何に使うか悩んでる方が多いみたいですね。日本ではイヤホンにクリップを利用している人を見た事ないのですが、外国では一般的なのでしょうか。

Sudio社のページには、クリップ使ってるモデルさんの写真があります。でも、やっぱり日本では中々使うシーンがなさそうです。

IMG_0024

sudio社のロゴがプリントされているポーチです。私はイヤホンやヘッドフォンはカバンにそのまま入れる派なのですが、このポーチは普通に使ってもおかしくないレベルのクオリティーだと感じました。結局利便性を優先して使わなくなりそうですが。

イヤホン本体

では、次にイヤホン本体の外観です。

IMG_0025

私が提供頂いたのは、「Rose Gold Black」のカラーです。写真上ではイヤホンがブロンズっぽく見えますが、実際はかなりゴールド色で非常に綺麗です。

IMG_0028

イヤホンを拡大してみました。さすが高級イヤホンだけあって、形状・カラーリングが高級感ありますね!

IMG_0030

このイヤホンはBluetoothなので、iPhoneなどの音楽再生デバイスに繋げる必要はありません。上記のリモコンがイヤホンの横についていて、このリモコンで音量の変更等簡易的な操作をすることが可能となっています。

でも、イヤホンに比べてこのリモコン箇所は少し安っぽい印象を受けました。せっかくイヤホン自体は高級感あるのに、もう少し何とかならなかったのでしょうか。

いざ、デバイスにペアリング!

早速ペアリングしてみました。今回は以下のデバイスで試してみました。

  • iPhone6
  • iPhoneSE
  • iPad Mini Retina

ペアリング方法は非常に簡単です。上記リモコンの真ん中を数秒間押し続けます。すると、以下の写真のようにランプが点灯します。

IMG_0032

この状態でiPhoneなどの音楽デバイスでBluetooth画面を確認すると、Sudioのイヤホンが画面上で見つかるはずです。あとはデバイスからペアリングするだけです。

以下の画面は、SudioのイヤホンをiPhone上でペアリングした瞬間です。Sudio VASAの項目が「自分のデバイス」に移動していることが分かりますね。

bluetooth

以上で設定は完了です。慣れている人なら10秒くらいで出来るでしょう。

気になる音質は??

では、いよいよ音質の確認です。

今回は、前回紹介した100均のイヤホン含め、聞き比べる事にしました。

・・と言いたいところなのですが、Sudioイヤホンで音楽を聴いた瞬間に、100均のイヤホンと試すことが不要なくらい、音質の違いが歴然でした。

本当に無線なのか!?

というくらい、非常にクリアに聞こえます。私の音楽ド素人の私には、これが無線である事が信じられないくらいキレイに音を出してくれました。

以前紹介した「Etymotic Research」のイヤホンとも聞き比べてみたのですが、もしかしたらこちらのイヤホンの方が音質がいいかもしれません。Etymotic Researchの方は有線なのに、私の耳では違いが殆どわかりませんでした。

これだけ音質が良ければ、大満足です。

ちなみに、イヤホンチップは元々イヤホンに付属していたピースより一回り小さいものに変更しました。

付け心地は?

初めは耳に付けたらスグに外れてしまったのですが、上記の通り一回り小さいイヤーピースに変更してからは問題なく装着出来ています。

今週は5日間通勤中に欠かさずこのイヤホンを利用していたのですが、一度も想定外に外れる事はありませんでした。

ただ、イヤホンなので、やはり長時間付けると耳が少し痛くなります。これはどのイヤホンでも同じですが。

1時間程度なら特に問題ないのですが、それ以上になってくると一旦外したくなりますね。

音飛びも一切なし!

この記事の始めに、Noontec社のヘッドホンはマルチペアリングすると定期的に音が飛ぶと書きましたが、このイヤホンだと全く同じ条件で聞いても、今の所一切音飛びがありません。

5日間試してみたのですが、大丈夫そうです。このイヤホンを試す前は「もしかしたら、iPhoneなどの音楽デバイス側の問題?」と疑っていたのですが、どうやらヘッドフォン側の問題のようです。

なので、音楽プレイヤー(iPhone)と動画(iPad Mini)で利用するデバイスが違う私のような人間でも、効果的に活用可能なイヤホンと言えます。

気になるポイント

音質も良い!マルチペアリングも問題ない!ヘッドフォンみたいに暑くならない!と良い事ばかりに聞こえるのですが、少し気になる点が2つあります。

リモコンのランプが気になる

電源をONにすると、リモコンのランプが青色に点滅します。このランプ、少し経ったら消えるのかと思いきや、電源が付いている間はずっと点滅するみたいです。

しかも、かなり眩しいです。iPad MiniでCCIEの動画を見ながら勉強していると、iPadに青いランプが映り込むくらい、主張が激しいです。

これ、電車とかだと周りの人も気になるのではないでしょうか。少し心配になりました。

Sudio社のホームページや取扱説明書を見てみたのですが、このランプを消す方法が見当たりませんでした。もし消し方が分かる方がいらっしゃったら教えて欲しいです。

昔のBluetooth製品はピカピカ常に点滅するデバイスが多かったです。最近は殆どのデバイスが電源を付けたときしか主張しなくなったのですが・・・

充電用端子のキャップが外れやすい

このイヤホンは無線機器なので、利用する前に充電する必要があります。充電はイヤホンの横に付いているUSBの端子にケーブルを差し込みます。

IMG_0031

写真を見て頂いたら分かるのですが、左の小さなキャップを外すと、充電用の端子が現れます。このキャップ、横にくっついているので完全に外れる事はないのですが、少し衝撃を与えると(服に擦れたりするだけで)簡単に「ペローン」と端子がむき出しになってしまいます。

強く押し込んでも、会社から帰る事には外れてます。。せっかくオシャレな外観なのに、、。

まとめ

間違いなく、私が今まで試してみたBluetoothのイヤホンでは最高の音質です。気温が温かいシーズンは、このイヤホンをずっと使い続ける事になりそうです。

一方、上記に書いたマイナスポイントは今後改善して頂きたいと思います。

Sudio社からの特別オファー

今回、試供品を提供頂くと同時に、このブログ専用のクーポンコードを発行して頂きました。
以下のクーポンコードを利用すると、Sudio社の製品が15%OFFで購入出来ます。

Sudio社のホームページ

コード:CCIE_TOZAI

ちなみに、上記から購入しても私に何らかのインセンティブがある訳ではないので、ご安心ください(笑)。

勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">