Amazonプライムデーのノートパソコン欲しい!当然参加します!

AL0012-uwamedukaiol20140722_TP_V

今回初めてAmazonプライムデーってのを知ったのですが、これって通常のセールではなくて基本的に利益度外視のプライムユーザーへのサービス還元目的みたいなものなんですね!

私はダメもとでノートパソコンを買ってみようと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大

「アマゾンプライムデー」とは?

明日(7/12)に開始されるアマゾンプライムユーザーのみ参加可能なセールイベントです。

と言いながら、私も今回(今年)初めて参加予定です。と言うのも、去年もこのイベントがあったみたいなのですが、その時は単に「また少し安い程度のセールやってるんだ」としか考えていませんでした。

でも調べてみると全然違うみたいですね。このイベントって、どちらかというと電気屋さんオープン初日の採算度外視のセールみたいに、めちゃめちゃ安く商品が販売されるんですね。去年の内容を色々検索して知りました。

このイベント、プライムメンバーなら誰でも参加できます。逆に言うと、プライムメンバーになっていないと参加できない。

驚いたのが、プライムメンバーは30日間無料体験が出来るのですが、その無料体験でもこのプライムデーのイベントに参加することが可能であること。このブログでも何度か無料体験については紹介していますが、じゃあ30日間無料体験中にプライムデーを楽しんで30日以内に解約するってのも可能ということですね。

個人的にはアマゾンプライムデー関係なく、Amazonプライムメンバーの特典を思い切り楽しんでいます。

なので、プライムメンバーになること自体もかなりオススメします。特にAmazonプライムミュージックとAmazonプライムビデオはマジで最高なので。(子供がいる家族ならさらに満足度高くなると思います)

アマゾンプライムミュージックがすごい!使用感の徹底レビュー
本日いきなり開始されたAmazonプライムミュージックを早速試してみました! これで、私の生活に音楽という新たな要素が加わると思ったら...

今回私が欲しいのは、ノートパソコンNG-N-P87K6410SXM-ZN

これです。詳細は画像からアマゾン公式サイトで確認して下さい。

これ、デスクトップじゃなくってノートパソコンですよ。このスペック、凄すぎじゃないですか。

なんといっても、メモリが64GB!

何よりも魅力を感じたのはメモリが64GBもあることです。

別の記事でも紹介しましたが、最近私はVIRLをローカルで快適に動かすために、デスクトップパソコンの購入を検討していました。

CCIE SPにはIOS XRの問題も多数出てくるので、VIRL上でXRを沢山動かしたいなぁ、と。

でも、クラウド(Packet.net)で実際にVIRLインスタンスを動かしてみると、1つのXRインスタンスで少なくとも4GBくらいはメモリを設定しないと不安定になるんですよね。

そうすると、例えばINEのCCIE SP用トポロジをVIRL上で実現させるためには32GBでも足りないって事になります。じゃあ、いっそのこと64GBか128GBのデスクトップパソコン買っちゃったほうが後々のことを考えても良いのでは?と思っていたんです。

で、今回このノートパソコンを見つけました。ノートパソコンなのに64GBあると、このマシンだけでVIRL環境が完結しそうです。CPUも十分の性能だし。CCIE SPの勉強だけではなく、様々な用途に使えそうです。

これを買えたら、ついに自宅のメインマシンであるMac Miniを卒業できそう。Mac Miniの変わりに24時間起動しっぱなしにするのも良さそうです。

でも、限定1台になりそうなんだよね

値段はまだ発表されていませんが、去年の目玉ノートパソコンの価格を踏まえると、恐らく10万円程度になると予想されています。定価だと90万円位するそうなので、完全に採算度外視ですね。

私は注文が可能な状態になった瞬間に注文しようと思っています。

。。。でも、99%購入できないでしょう。これ、限定一台なんです。つまり、転売目的の方々が山のようにいると予想されるので。。。

去年は5台限定だったのに、2分足らずで売り切れました。その後にキャンセルが発生したので、その時は抽選になったのですが、今回は一台なのでキャンセルする人はいないでしょう。

これ、購入できたら1年分の運を使い果たしたことになるでしょう。。それでもやっぱり欲しい!

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">