OSPF関係の確認コマンド、基礎編(CCNA/CCNPレベル)

Green8_gomicap20141123131400-thumb-1000xauto-17842

前回書いた以下の記事の続きです。

OSPFのネイバーを張るコマンドのおさらい
OSPFのネイバーを張るコマンドの説明です。主にCCNA/CCNPのチャレンジャー対象です。 CCIE勉強中の方には分かりやすすぎです...

OSPFを有効にするコマンドについて紹介したので、今回はOSPFの確認コマンドでよく使うものを中心に紹介したいと思います。

前回同様、CCNAとCCNPのチャレンジャーを想定して書いています。

また、この手の話は実例があった方が分かりやすいと思いますので、前回と同様に実例を兼ねて説明します。

トポロジは前回と同様に以下の図を利用します。

topology1_trim

  • R21とR2でOSPFを有効にする。それ以外は今回は無視してください。何もしないので。
  • Areaは1とする

Area間でのやりとりがなければ、別に初めに指定するAreaが0じゃなくても構いません。

その証明の為にも今回はArea1で行こうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

OSPFを有効にする

R21側の設定

まずは、事前にOSPFが有効になっているか確認してみましょう。

このコマンドで、EIGRP/OSPF/BGP等のルーティングプロトコルが有効になっているかを確認できます。(CCNPまではBGPは対象じゃないですが)

OSPFが表示されていないので、まだ有効になっていないですね。

有効になっていないという事は「sh ip ospf interface brief」でも何も表示されないはずです。

前回も説明しましたが、このコマンドでOSPFが有効になっているインターフェースの確認が出来ます。

今回は何も表示されません。想定通りです。

では、さっそくR21側の各インターフェースにOSPFを有効化しましょう。

R21側はF0/0,Lo2,Lo3,Lo4とOSPFを有効にしたいインターフェースが多いので、networkコマンドで一気にOSPFを有効にしちゃいましょう。

OSPFが有効になったインターフェースを確認してみましょう。このコマンド、CCIEの勉強では1万回くらい打ちます。

想定通り、全ての(IPを持っている)インターフェースでOSPFが有効になりました。

では、R2側とネイバーが張れているでしょうか?現時点ではR2側の設定を行っていないので、もちろんネイバー関係にはなっていないはずですね。

ネイバーが存在しているかはsh ip ospf neighborで確認します。

何も表示されないので、ネイバー関係は一切ありません。

R2側の設定

続いてR2側の設定を行います。

その前に同様の確認をしましょう。

では、設定を行います。今回はR21対向のインターフェースだけでOSPFを有効にしてみます。

「ip ospf 1 area 1」を実行した瞬間に、ネイバーが張られたメッセージが表示されました。
R2側でネイバー状態を確認してみます。
(この辺からコマンド省略させてください)

R2は「10.20.4.21」というノードとネイバー関係にあることが分かります。このノード名はルーターIDです。IPアドレスではないですよ。

この時点でF0/0のインターフェースがOPSF有効となっていることが確定しているのですが、念のためコマンドで確認してみましょう。

想定通り、F0/0はOSPFが有効になっていますね。

R2からPINGテストしてみましょう

では、実際にR2からR21のLo2(10.20.2.21)へ疎通テストをしてみます。

R2のルーティングテーブルをsh ip routeで確認します。後ろにospfを含めると、ospfで受け取ったルートだけを表示できます。

10.20.2.21のルートが入っています。PINGしてみます。

無事PINGが成功しました。

また、Area0がなくてArea1だけでもネイバーが張れて、プレフィックス(正確にはLSDB)が交換できることが証明されました。

SPFデータベースを見てみる

当記事はCCNA/CCNPの方が対象なので、細かい事は解説しませんが、せっかくなのでOSPFデータベースの触りを見てみましょう。

OSPFはLinkState型のルーティングプロトコルです。参考書では「LinkState型プロトコルは皆同じ地図を持っている」と表現しているものもあると思います。

その地図を見ていきましょう。sh ip ospf databaseで見れます。

まずは、R2から

繰り返しますが、今回はデータベースの細かい説明は割愛します。

次に、R21です。

R2とR21の出力結果について、「Router Link States (Area 1)」から下を比べてみてください。どこが違うか、お分かりですか?

「Age」の数値だけですね?

それ以外は完全に一致していますよね?

これが、「みんな同じ地図を持っている」という事です。

RIPやEIGRP等のDistanceVector型プロトコルだったら、NextHopの値とか、集約ルートとか、ルーターごとに違う個所が多数ありますが、OSPFは同じエリア内なら同じ地図(データベース)を持っている訳です。

このデータベースから目的のルートまでの最適パスを各々のルーターが計算するのです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">