息子と漢検10級を受けてきました

いい大人が漢検10級を受けてきました。

息子の成長を感じる為にもオススメです。

スポンサーリンク
レクタングル大

小学1年生の息子と一緒に受けてきました

漢検10級とは、漢検の中で一番簡単な試験です。

そんな試験を大人の私がなぜ受けてきたか?

上に書いちゃいましたが「息子と一緒に受けたかった」からです。

私の息子は小学一年生になりました。私と性格が全然違い、勉強が楽しいらしいです。まぁそんな時期はずっと続くものではないと思いますが、今は好きな勉強を好きなだけやらせています。

で、妻が「せっかく勉強してるんだから漢検とか受けてみたら?」と軽く息子に聞いたところ、ノリノリになったんですよ。

初めは息子だけ受験させようと思ったのですが、ふと思ったんです。

「自分も一緒に受けてみよう」と。

だって値段が1,500円と安い。CCIEのラボ試験は20万円程度なので、CCIEに比べるとタダみたいなものです。

そして、息子の成長を目の前で見る事が出来る。こっちの方が楽しみでした。

試験番号もたまたま隣だったので、どんな感じで試験を受けるのか・・・

試験の感想

このブログでは「資格」についてのネタもかなり書いてきました。CCIEとかCISSPとかTOEICとか・・・

今回の漢検10級は・・・これまでの資格とは全然違う雰囲気で、ある意味新鮮でした(笑)

まず、殆どが(当然ながら)子供が大半。95%くらいが小学生だと思います。で、私みたいな親で一緒に受験しようと思ってる人がチラホラ。日本で日本語を勉強している外国の人とかはいなかったです。

面白かったのが、試験開始までは親が付き添いで子供の机の隣に行けた事。名前の確認、試験番号の確認等を一緒にやってるのが新鮮でした。

試験は80問で40分。この40分の間に早めに終わっても途中退室は不可。

この試験の内容は、わかってる子は10分くらいで終わる内容です。なので、途中で飽きちゃった子はどんな反応をするかも楽しみでした。

私の座っている位置は、部屋の一番後ろ。たまたま目の前が息子でした。

(試験中に後ろを振り向いたりしないかな?わからないことを聞いてこないかな?)

と、ある意味AWSソリューションズアーキテクトの試験前よりも緊張しました(笑)

いよいよ試験開始。

・・・試験自体は簡単だな。大人だったら5分で終わる試験です。

35分残ってしまった。でも退出はできないんだっけ。

というわけで、周りの雰囲気を楽しむ事に。

・・・驚きました。みんな一生懸命試験に向き合っています。

大人だったら当然の事ですが、小学生(殆ど1年生)なのに、言葉一つ発せずに、黙々とテストに取り組んでいる。

当然、目の前の我が子も一生懸命問題を解いてるっぽい。

数年前はお菓子が欲しかったり、戦隊モノのテレビが見たくて毎日泣いていたのに・・・

子供って成長するものですね。

終了10分前くらいには、試験官が「残り10分くらいなので、時間がある子は見直ししてね」と教えてくれました。優しい。

試験が終わって

試験が終わったら解答用紙を前に渡して終了。

廊下には心配そうなお母さん・お父さんが並んでいました。私の妻もいました。

帰りながら息子と試験の内容を話し合うのも楽しかった。頭の中で覚えていた問題の答え合わせとか、まさか自分の息子と一緒にやれる日が来るとは(笑)

という訳で、同じくらいの年の子がいる人には、漢検10級オススメです。

子供の成長を目の当たりにできるし、子供とのコミュニケーションも楽しめる。

履歴書には書きづらいですけどね(笑)

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">