AIKAQI Bluetoothイヤホン(B04)レビュー!

61iNq6I41YL._SL1000_

どうしても「AIKAQI 完全分離型、コードレスなBluetoothイヤホン」が欲しかったので、試しに買ってみました。

結論から言うと、非常に満足しています。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

このブログではイヤホン・ヘッドフォンのレビューを何度もしています。

つまり、私は既に沢山のイヤホンを持っています。

では、なぜ今回このBluetoothイヤホンを購入したくなったか?

理由は簡単です。「完全にコードレス、ケーブルレス」だからです。

iPhoneなどのスマホとの接続ケーブルをなくすだけだったら、こんな製品を持っています。

Bose QuietControl 30レビュー!怖いくらいの静音性・・・
Boseの「QuietControl 30」というワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンを購入したのでレビューします。 今年購入した製...

このイヤホンはBluetoothでスマホから音楽を受信するので、スマホにケーブルを刺す必要がありません。つまり、ポケットの中にスマホを入れたまま音楽を楽しめる。

しかし、左右のイヤホン間はどうしてもケーブルが残っています。

この「ケーブルが残る」というのが、ケーブルレスに慣れてくるとどうしても気になってくるのです。

特に運動中に顕著に煩わしさを感じます。例えばこのBOSEのイヤホンですが、ランニングしていると少しずつ「ネックバンドがズレてくる」。すると、本来前に位置するはずの部分が後ろに移動してしまって、ネックバンドが落ちそうになる。

ネックバンドがないワイヤレスイヤホンも、結局はケーブルが首に当たる訳でして。

せっかくBluetoothで無線接続が出来るんだから、完全にワイヤレスになったらいいのに・・・

と思っていた矢先に、BOSEが以下のデバイスを発売しました。

>>Bose SoundSport Free wireless headphones

まぁBOSEだけじゃなくてiPhoneの「AirPods」など、今年は完全ワイヤレスのデバイスが沢山発売されてきた年でもあります。ただ、BOSEのノイズキャンセリング機能は気に入っていたので、上の製品が発表された時は「絶対買う!」と意気込んでいました。

でも・・・上のBOSEの製品は「ノイズキャンセリングがない」!!

BOSEの新型イヤホンってノイズキャンセルないんかい!
アマゾンでBOSEの新型イヤホン(スポーツタイプ)が11月に発売されるのを見つけました! 意外と格好良くて買おうかな!と思ったのですが...

・・・絶対に来年はノイズキャンセリングバージョンが発売されるでしょう。

という訳で、一旦見送る事にしました。

でも、やっぱり両耳タイプの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい。とりあえず、欲しい。

で、アマゾンを色々見ていると、以下のアイテムを発見。

私が注目したポイントは、以下

  • 安い!
  • 評価もそれなりに良い
  • BOSEの製品みたいに、収納ケースで充電できる
  • 防汗防滴

まず、値段が安い。BOSEの1/5以下です。AIKAQIというメーカーは初めて聞きましたが、これなら音質が悪くても諦めきれる。

Amazonの評価もそれなりに良い。ただ、他のブログ等を検索してみると「聞くに堪えない」という意見もあり。まぁ僕の耳はそれ程音質の違いがわからないみたいなので、100均のイヤホンみたいな音質じゃなければOK。

収納ケースで充電できるのも素晴らしい。

あと、防汗防滴なので、運動している時も安心です。

そもそも、今回この分離型イヤホンが欲しいと思った一番の理由は、運動をしている時に音楽を聴きたいからです。

これまでは片耳のBluetoothイヤホンを付けていましたが、それだとやはり寂しい。

この製品だと防汗防滴だから運動もできるし、バッテリーも2時間くらい持ったら問題なし。収納ケースで充電できたら、なお良し。

AIKAQI以外にも類似商品は売っていましたが、値段・評価・防汗防滴など様々な要素を踏まえてAIKAQIが一番良さそうだと思いました。

という訳で、試しに購入してみる事にしました。

外観の紹介

いつも通り、アマゾンの箱で届きました。

IMG_5260

実際はこんなに小さな外箱です。過剰梱包ですね・・・

IMG_5261

フロントにはデバイスの写真がプリントされています。

IMG_5262

後ろには使い方と仕様の簡易的な説明が。

IMG_5263

開けてみました。半透明のフィルムに覆われているパッケージ。

IMG_5264

フィルムを外すと、本体(収納ケース)が登場しました。大きく「AIKAQI」って書いてるのはちょっと・・・

IMG_5265

全面のボタンを押すと、ケースが開く仕組みになっています。中には本体のイヤホンが2つ入っていました。

この製品は完全にタッチパネル方式で操作します。本体の指のシールのところを押す感じ。後ほど説明します。

IMG_5266

付属品を全て出してみました。

  • 本体
  • 収納ケース
  • 収納ポーチ
  • 充電ケーブル
  • 予備のイヤーピース(小・中)
  • 取扱説明書

取扱説明書はしっかり日本語で記載されていました。

IMG_5267

本体ですが、本当に小さいです。親指の先くらい。

IMG_5268

現在運動の時に使用している片耳だけのイヤホンと比べてみました。

超軽量(3.8g)のAngLinkのヘッドセットレビュー!
わずか3.8gの軽量Bluetoothヘッドセット(AngLink)を購入したのでレビューします。 隙間時間の勉強用に購入 最近...

殆ど大きさに違いはありません。

IMG_5269

充電ケーブルは普通のMicroUSBケーブルです。付属のMicroUSBケーブルでなくても当然充電できました。

IMG_5271

ケースの充電は側面にMicroUSBを接続して行います。右に充電の状態を示すLEDがあるので、バッテリーの残量も確認できる。

ここで1つ重要なポイント!考えてみたら当たり前なのですが「イヤホンを直接充電はできない」。そもそもイヤホンにはUSBなどのインターフェースはないので「必ずケースに入れて充電する」ことになります。

つまり、ケースをなくしてしまうと使用できなくなる。

これは殆どの小型ワイヤレスイヤホンで共有している注意事項ですね。

IMG_5270

大きさの違うスペアのイヤーピースも標準で付属していました。私は初めから付いてるサイズで大丈夫でした。

IMG_5273

シールは格好悪いので、剥がしました。本体にはAIKAQIの記載はないので・・・スッキリしました(笑)

セットアップ

ワイヤレスなので、音楽を聴く機器との無線接続が必要になります。このデバイスはBluetoothなのでBluetoothペアリングです。

簡単でした。本体から取り出すとペアリング状態が開始されたので、iPhoneのBluetooth設定画面で機器が表示されます。

IMG_5272

こんな感じで「Touch Two(AIKAQIではない)」という名前で表示されるので、こちらをタップして終了。

本当に簡単でした。

実際に使ってみた!

さて、いよいよAIKAQIイヤホンの使用感の説明です。

フィット感

まず、耳に入れたフィット間ですが、正直Anglinkの片耳イヤホンよりもしっかり入っている感がありました。

実際に利用して30分程ランニングしてみたのですが、外れる(外れそう)なことは一切ありませんでした。

まぁ、人の耳はそれぞれなので、私の耳と相性が良かっただけかもしれませんが。

タッチパネルの操作について

初めは面食らうかもしれません。

というのも「本当に反応が良い」からです。

私は購入前は「タッチパネルと言っても、物理的な押下感が少ないだけじゃないの?」と思っていたのですが「本当にタッチパネル」みたいです。

つまり、押した感覚は一切ない。なのに「とても反応が良い」。

非常に快適です。

気になる音質は?

このブログでは音質も正直に書いているので、今回も正直に書きますね。

個人的には、100%満足しています。

低音が・・・とか、高音が・・・とか、そういうのは素人なので、正直わかりません。

でも、曇っている感じは全くしませんでした。

正直・・・BOSEのQuietControlとの違いが・・・殆どわからなかったです(笑)

これまで使っていたAnglinkのヘッドセットとは「比べ物にならないくらい音質が良かった」と感じました。これは片耳と両耳の比較になってしまうので、少しバイアスがかかっているかもしれませんが。

なので、、想像以上に満足です。

結論。BOSEのを買わなくて良かった(笑)

Boseより1/5以下の値段のこちらの製品で十分だってことがわかりました。(少なくとも私にとっては)

5回程使っていますが、今のところバッテリーも問題ありません。1時間以上連続して使った後に収納ケースに入れる使い方をしています。

そもそも運動のとき以外は、他のイヤホンを使っているので、1時間以上連続で使う事がないのです。なので2時間も持続してくれたら全く問題ない。

今のところ「全く不満がない」製品は久しぶりです。

本当に買って良かったと思っています。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">