ブログアクセス月間15万アクセス!今年の振り返り

sayasan0i9a1685_tp_v

まだ今年も10日ほどありますが、前回の記事で400投稿になったので、節目の振り返りをしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

月間15万アクセス突破になりそう

具体的には16万から17万のアクセスになりそうです。今月は。

当ブログは開始から方針は変わっていません。アクセスが最重要だとは思っていません。

でも、やはり嬉しいです。素直に。

まさか、自分のブログがこれ程まで成長するとは思っていませんでした。1万アクセスあれば十分だと思っていました。

今年の振り返り

今年はブログ上でも様々な変化がありました。
自分で印象に残ってるのは以下のトピックです。

CISSPの勉強&取得

今年の後半に集中して行ったCISSPの勉強。合格できて本当によかったです。

力試しのつもりで勉強に着手したのですが、結局かなりの時間を勉強に費やす必要がありました。

CISSPを研修なしで一発合格した私の効率的な勉強方法
この記事では、私が実施したCISSPの勉強方法を、具体的に解説します。 合格してから少し時間がたちました。情報処理安全確保支援士の参考...

でも、その結果として、セキュリティの分野でも知識を深めることができ、後悔はしていません。

これで私がそれなりに自慢できる資格は以下のとおりとなりました。

  • CCIE R&S
  • VCIX-NV
  • CISSP
  • TOEIC940(990ないとダメかな・・・)

来年には証明書が届いたらいいな!

サーバーの構築、勉強

これも後半でしたが、ESXiサーバーを自宅で構築しました。
ネットの情報が非常に少ないi7-6700Kを使用した構築だったので、めちゃめちゃ不安でしたが、成功してよかったです。

H170-PROとi7-6700KでのESXiサーバ構築手順!
ASUSのH170-PROマザーボードとSkylake i7-6700Kの組み合わせで無事にESXiの構築に成功しました。 ESXiは...

この記事を参考に同じマシンを構築した方からも複数コメントを頂きました
自分の記事が役に立っていると思うと、ブログを立ち上げてよかったーー!って気持ちになります。

それなりにお金はかかりましたが、本当に構築して良かったと思っています。
エンジニアとして勉強道具に投資するのは非常に意味がある行動だと思います。

ちなみにこのサーバー、現在も連続稼働中です。非常に安定しています。

自作ESXiを30日以上稼働させてみた感想
i7-6700Kで自作ESXiマシンを構築して1ヶ月以上経ちました。 本日は率直な感想を書こうと思います。 連続稼働は37日...

iPhoneSEの購入

今年の前半に購入したiPhoneSEは現在もメインマシンとして活躍しています。

私がこれまで購入したiPhoneの中で一番使い勝手がよく、愛用しています

iPhoneSEを4ヶ月使用、史上最高のiPhoneと感じた理由
iPhone6s Plusなど、複数のiPhoneを使った私が現時点で最も優秀なiPhoneとして「iPhoneSE」を推す理由を紹介します...

半年以上使用していますが、私の手にはこのサイズが一番しっくりきます。だからiPhone7も見送りました。
次にiPhoneを購入するときは、同じサイズの性能が上がった時でしょうね。

来年やりたいこと

最後に、このブログで来年やりたいことです。すべて実現できるかはわかりませんが・・・

技術的な記事は継続して書いていきたい

最近はN/W系の記事が少なく、OpenStackやESXiなどのサーバー周りの記事が増えてきました。
今後も、特定の分野にとらわれず、興味がある分野の記事を随時上げていく予定です

また、最近SDN周りの動向が変わってきました。その辺についても紹介する予定。

何か「企画」をやりたい

上記のとおり、ブログも15万アクセスを超える勢いになってきました。

エンジニアの方だけではなく、一般の方も大勢見に来てくださっているようです。

なので、来年は何か「企画」をやってみたいと思います。
技術的なものではなく、一般の方にもウケるような何かを。

自分のやりたいことを発信できる。個人ブログってすばらしいです。

TOEIC・・・やるかぁ?

990点目指すことに意味があるかなぁ?

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">