TOEIC IPのテスト結果が返ってきた。970点でした

GAK_arupakapunpun_TP_V

先週受けたばかりのTOEIC IPテストの結果が既に返ってきました。

結果は・・・970点でした・・・うーん・・・

スポンサーリンク
レクタングル大

想像よりも早く届いた!

本日家のポストを見ると、見慣れない黄色い封筒が。

IMG_4248

なんだろうと思いながら宛名を見ると・・・・

IMG_4247

おぉぉ!これってTOEICの結果通知じゃないか!

受験したのが先週の後半だったので、わずか一週間で結果が返ってきました。私が公開テストを受けた時は、結果の送付まで一ヶ月くらいかかった記憶があるのですが・・・最近は早くなってるんですかね?それともTOEICのIPテストだからですか?謎です・・・

恐る恐る開けてみたら・・・

前回の記事の通り、今回は致命的なミスを犯してしまっていました。

時計を忘れた。なので、Readingセクションでの時間配分ができなかったのです。。

なので、私の目標である「満点」は絶望的だという事はわかっていました。

でも、、もしかしたら、、、という希望を持ちながら・・・

いざ!開封!

IMG_4249

970点でした。

IMG_4250

  • リスニング:495
  • リーディング:475

とりあえずリスニング満点は死守しましたが、やはりリーディングか・・・

完全に想定通りです。

リーディング満点の道のりは遠い

今回の得点が475ということは、満点まであと20点だったって事です。

あと20点なので、もう少し頑張れば満点取れそうですが、個人的には「非常に難しい」と思っています。

IMG_4251

今回は間違えた箇所もそれなりに想像がついています。恐らく文法が問われるPart5で難問かミスったのかと。Part6とPart7は全問正解している自信があるので。

475ってことは1問ミスじゃないです。多分4から5問ミスってるのでしょう。つまり、文法が絶望的に弱いと言う自己分析が正しいって事になります。

今回のTOEICで単語はわからないモノはなかったので、やはり文法です。

リスニングは2問くらいミスっても満点が出ると言われています。一方、リーディングは本当に満点をとらないと、495点が難しいと言われています。

この20点を埋める為の文法の勉強をやり直すのは・・・少しキツです。時間もかかるだろうし、それなりのエネルギーも必要になるし・・・。

TOEICはもう十分かな・・・

正直、もういいかなと思いはじめてきました。満点は取りたかったのですが、とりあえず自己ベストも更新しましたし、ビジネスでも特に何か言われる事もないでしょう。

どっちかっていうと「英検一級」を目指した方が良い気がしてきました。全く内容を調べていないのですが、こっちの方が文章能力等を問われるみたいだし、とりあえず取っとけ!みたいな?

という訳で、とりあえずTOEICの勉強は一旦ペンディングにします。IPテストや公開テストがあったら受けにいくかもしれませんが。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. アツ より:

    いつも更新を楽しみにしています♪
    TOZAIさんは留学などの海外在住の経験はございますか?
    もしそのような経験がなければ、TOEIC対策の勉強はどのようにされているか
    教えていただけますと幸甚です。

    多忙だと思いますが、これからもブログの更新を楽しみにしています♪

    • CCIE_TOZAI より:

      アツさん

      ブログの訪問ありがとうございます!
      あと、連絡が遅くなりまして申し訳ありません。

      実は、私は高校まで海外までいたんです。帰国子女ってやつですね。

      なので、もしかしたら参考にならないかもしれないですが、近いうちにTOEIC関係も増やしていこうか考え中です。

      ではでは!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">