シックスパッド購入前に「絶対」知っておいたほうが良いこと!5つ!

IMG_3981

私はこれまで「シックスパッドの旧式(Absfit1)」・「スレンダートーン」・「新型シックスパッド(AbsFit2)」と、様々なEMS器具を購入してきました。

結果的にシックスパッド(新型のAbsFit2)に落ち着いていますが、ジェルシートなどの備品を含めると、EMSに10万円以上使ってしまいました。

腹筋は一つだけなので、使ってないEMS器具は全くの無駄です。

この記事では、EMSに無駄金を使った私が「色んなEMSを買う前に知ってたら、無駄にお金を使わなくてすんだのに・・・」と感じている内容を公開しています。

これにより、少しでも多くの方がコスト削減できたら良いなと思っています。

まず・・筆者の身体の変化を紹介

冒頭から「無駄」とか「お金が・・」とか、ネガティブなことを書いちゃいましたが、シックスパッド(AbsFit2)自体は買って非常に満足しています。そこに至る過程で、複数買ってしまった事に後悔しているだけです。

満足している理由は、以下を見ていただければ、一目瞭然かと。

【使用直前(2017年1月)】

【現在(2017年7月)】

IMG_4231

約半年で体系が劇的に変わりました。

当然ですが、変な照明の効果はありません。画像の加工も一切していません。お腹を頑張って凹ませたりもしてません。

変なオイルを塗って痩せてみせたり、怪しい薬に手を出したり、後ろで脂肪を搾ったりもしてません(笑)

誤解がないように言っときますが、シックスパッドだけでここまで痩せた&腹筋がついた訳ではありません。炭水化物制限とシックスパッドを併用した結果です。その辺についてはダイエットのカテゴリを参照してください。

ダイエットのカテゴリー

でも、ウエスト周りを中心にスリム化できたのは、シックスパッドのお陰だと思っています。

では、いよいよ本題に入っていきますね。

その1:シックスパッドで満足する人と満足しない人

シックスパッドは万人に受ける製品ではありません。

これが、半年間シックスパッドを使って導き出された結論です。

率直に言います。シックスパッドを買うべき人はこんなタイプの人です。

  • 忙しくて、運動する時間がない。
  • 平行して作業をするのが好き。無駄を極力なくしたい。
  • ジムに通うのが面倒くさい
  • 筋トレ器具で、部屋の場所をとりたくない。
  • お金にはそれなりに余裕がある

上記に2つ以上当てはまる場合、シックスパッドを買って満足する可能性が高いかと。

最も重要なポイントは「日々が忙しいか否か」です。毎日がヒマな人は、ジムに行ったほうが満足度が高いはず。

シックスパッドを利用する最大のメリットは「コスパ」や「デザイン」ではなく、「日々の効率化」です。

なので「そもそも時間に余裕がある」って人は、買っても満足度は低いでしょう。

逆に「帰宅するのが遅い。帰ったら家でテレビを見るくらいしか時間がない」って人にはピッタリです。テレビを見てるときに貼るだけでトレーニングできるので。

私はシックスパッドを利用しながら勉強をしてると、上記の体系になりました。

その2:腕とか足とか、一度に複数は買わない方が良い

シックスパッドは腹筋用の「AbsFit(アブズフィット)」以外にも「足用のLegBelt」・「腕用のArmBelt」などなど、様々な部位に対応するEMS器具を販売しています。

また、複数同時に購入すると、割引が適用されて安くなります。

でも、個人的には「初めは複数買わないほうが良い」と思います。

理由は「複数買っても、毎回の装着(準備)が面倒だから」です。

シックスパッドは使用するために、毎回以下の準備をする必要があります。

  1. 台紙からシックスパッドを外す
  2. 肌につける
  3. 電源をつける

また、使用後は以下をする必要があります。

  1. 肌からシックスパッドを外す
  2. 台紙に貼り付けて保管

これだけで使用できます。非常に便利です。1台だけだったら事前準備・事後作業を合わせても1分足らずで終わります。これがシックスパッドの最大のメリットである「効率的にトレーニングする」に繋がってます。

でも、これが複数だったら台数分の時間がかかります。

特に「肌からシックスパッドを外す」作業は「シックスパッドのジェルシートが本体から剥がれないように気をつける」必要があるので、それなりに集中しないといけません。ジェルシートが本体から剥がれて使い物にならなくなったら、数千円が飛ぶので・・・

事前準備・事後作業が面倒になったら、使わなくなります。本来の「効率」と矛盾してしまいます

私はAbsFit1の後にAbsFit2を購入したので、AbsFit1を足に使ったりしてたのですが、結局は面倒になってやめました。

彼氏へのプレゼントとかだったら、欲しいと言われたセットを素直に買いましょう(笑)

その3:一番かかるコストは「ジェルシート」

読者の方には「AbsFit1を買うか?AbsFit2を買うか?」で悩んでいる方もいるかもしれません。値段が2,000円違いますからね。

でも、実は悩む箇所はそこではありません。上記の2つで悩んでいるなら、確実に「AbsFit2」を購入すべきです。理由は後述します。

シックスパッドで一番大きなコストは「ジェルシート」です。

例えばAbsFit(1も2も共通)のジェルシートを公式ページから購入すると、以下の金額です。

  • 通常:4,104円(税込み)
  • 定期便:3,283円(税込み)

公式では「30回ごとに、ジェルシートを交換することを推奨」しています。つまり、毎日使ったら1ヶ月に一回交換することが望ましいということです。

1ヶ月に約4,000円の費用負担になります。安いスポーツクラブの1ヶ月分の会費です。

このジェルシートをいかに安く抑えるかが、シックスパッドを使い続ける上での肝になります。

方法1:互換ジェルシートを使う

公式ではサポートされていない方法です。サードパーティー製のジェルシートは正規の半額以下で購入可能です。

現在販売されている互換ジェルシートの比較については以下の記事を参照してください。

シックスパッド交換互換ジェルシート(非正規)徹底比較!使用結果!
現在販売されているシックスパッドの互換ジェルシートをしらみつぶしに購入してみました。 今回は実際にシックスパッドで試してみた結果を紹介...

方法2:AbsFit2を購入する

以下の記事で詳しく書きましたが、筆者はAbsFit2に変えてから「ジェルシートの持ちがとても良くなった」と実感しています。

シックスパッドAbsFit2はジェルシートが剥がれにくくなった?
これ、私の気のせいですかね? シックスパッドがAbsFit2になってからジェルシートが剥がれにくくなった気がします。 互換ジ...

季節は夏でシックスパッドを使用すると汗が出て、ジェルシートの劣化に繋がりそうなのに、30回以上使っても全く問題が出てません。

本体から剥がれる気配すらないのです。

公式では特にアピールしていませんが、左右の電極がジェルシートにくっつきやすい素材になってるのでは?と推測しています。AbsFit1よりもジェルシートの持ちが全然違います。

これが上述した「AbsFit1とAbsFit2とで悩むべきではない。AbsFit2を購入すべき」と書いた一番の理由です。ジェルシートは1セットで4,000円を超えるので、AbsFit2の2,000差なんてすぐにペイできます。

その3:腹筋用なら「AbsFit1」ではなく「AbsFit2」を買うべき

シックスパッドは新型の「AbsFit2」だけではなく、旧式の「AbsFit1」も販売を継続しています。しかし、絶対に「AbsFit2」を買うべきです。これには、上記の「ジェルシートの剥がれにくさ」以外にも理由があります。

これは販売店では言わない(言えない)情報です。

太っている人ほど、EMSの強度が必要

脂肪は電気を通しにくいです。なので、脂肪が多い人ほど強いレベルの刺激が必要です。

シックスパッド初心者ほど「腹筋が少なく、脂肪が多い」ケースが多いでしょう(その為に購入を検討しているはずだから)

でも、脂肪が多い方が電気を通しにくい。つまり、EMSが効きにくい。

これが、初心者(太っている人)ほど、AbsFit2をオススメする最大の理由です。

AbsFit2になってから、AbsFit1に比べて格段に強度が増しました。正しくいうと強度の設定範囲が増えて、最大レベルが強くなりました。

これは実際に両方持っている筆者が実感していることです。強度に関して言えば、AbsFit1とAbsFit2は全く別の製品です。

なので、初心者ほどAbsFit2を買うべきです。逆にAbsFit1を初心者が使っても「え?EMSってこの程度?少しお腹が動いているような・・・」レベルに感じるでしょう。

スレンダートーンとAbsFit2だと、どっちがいいの?

これについて複数の質問を頂いたので、個人的な見解を述べておきます。

スレンダートーンとAbsFit2だと、AbsFit2を強くお勧めします。

理由は、以下の通り。

  • スレンダートーンのほうが強度レベルが選べるが、100を超えるとチクチクする(正直、痛い)
  • スレンダートーンのほうがジェルシートが安いが、粗悪品が多い(めちゃくちゃ痛い)

つまり「スレンダートーンは、強度を上げると痛くなるから、嫌になって使わなくなる」のです。これは私の実体験を元にした感想です。

「痛い」と思ったら絶対に嫌になります。AbsFit2で痛いと感じたことは一度もありません。

その4:家で色々しながら使えるのは本当に楽!

筆者は半年ほどシックスパッドを使っています。(途中からAbsFit1からAbsFit2へ変更)

ほぼ毎日欠かさず使っています。公式サイトでは非推奨ですが、一度装着したら2回連続で使ってることも多いです。

やはり、「勉強をしながら」とか「ネットをしながら」とか、並行して使えるのは本当に便利です。

習慣にするのが簡単です。

その5:「買うなら」絶対に公式サイトで買うべき

敢えて「買うなら」と強調したのは、これまでの内容を読んで「自分には合わない製品だな」と感じた人も多数いると思ったからです。シックスパッドは万人に受ける製品ではないことが理解できたかと思います。

シックスパッドは

  • それなりにお金には余裕があるけど
  • 暇な時間が少なく
  • 他の作業と並行してトレーニングしたい

と、ターゲットが絞られた製品です。

シックスパッドは、楽天などの通販サイトでも購入可能です。ポイントを利用すれば、公式通販よりも若干安く買えるところもあるので、そちらで買おうと思っている人もいるでしょう。

例えば楽天でシックスパッドを検索すると340件もヒットします。

>>楽天でシックスパッドを検索した結果

私も通販サイトはちょくちょく利用していますが、シックスパッドなどのEMSは「絶対に公式サイトで買ったほうが良い」です。

実体験を元に、理由を説明します。

EMSは壊れることが多い

  • 身体に装着する器具である(汗が触れやすい)
  • 精密機器である

と、壊れる可能性が高い条件が揃っています。

EMSは「身体に直接装着して使う精密機器」です。意識していなくても身体は動いているので、どうしてもモジュールに負荷がかかります。さらに、使用している間はひたすら激しい動きを繰り返しています。その為、経年劣化が激しいと言えるでしょう。

筆者は「AbsFit1」・「AbsFit2」・「スレンダートーン」と、腹筋用の代表的なEMSを全て持っていますが、このうちの2つ(AbsFit1とスレンダートーン)は実際に故障したことがあります。

つまり、2/3の確立で故障しています。

(誤解のないように言いますが、これはシックスパッドに限った話ではありません。どれだけ丁寧に作っても、利用する環境・構造上、仕方のない事だと思います)

公式サポートは対応が早く、新品交換も

私のシックスパッドが故障(アラーム音が鳴りっぱなしで動かず)の際は、即新品と交換してもらえました。

また、電話の対応も非常に良かったです。ひたすら責任回避のスタンスではなく、交換を前提で話を聞いてくださった印象を受けました。

公式以外のオンラインストアでの購入だと、故障した際の最終的な顛末に不安が残ります。

本体の購入でケチるなら、シックスパッドを買うべきではありません。そこはコスト削減をするトコではありません。

本体の数千円を気にするよりも、上記のランニングコスト部分に焦点を当てるべきです。

シックスパッドは毎日使ってなんぼの製品です。サポートが不安で使う回数が減ったら本末転倒です。わずかなお金のために、後々の不安を残すのは辞めましょう。

まぁ以下の公式サイトを見ていただいたら、結局は値段がほとんど変わらないことも分かります。

>>シックスパッド(公式サイト)

まとめ

シックスパッドは一言で言うと

  • 時間をお金で買って、効率よくトレーニングをする

製品です。なので万人受けする製品ではありません。

個人的には自分のライフスタイルにピッタリだったので、非常に満足しています。

毎日使うことを考えたら高い買い物ではないし、何と言っても所有欲を満たしてくれるアイテムです(笑)

ちなみに今なら以下で紹介した互換ジェルシートが期間限定で激安で販売されています。一緒に買うとかなりお得。

シックスパッド交換互換ジェルシート(非正規)徹底比較!使用結果!
現在販売されているシックスパッドの互換ジェルシートをしらみつぶしに購入してみました。 今回は実際にシックスパッドで試してみた結果を紹介...
勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">