Kindleが期間限定で¥2,480で買えるだと!?信じられん!

DI_IMG_5783_TP_V

通常このブログではお買い得ネタはそれ程やらないのですが、今回はめちゃめちゃテンション上がったので紹介します!

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」が期間限定で¥2,480です!

¥2,480安くなっている訳ではありません。デバイスの値段が¥2,480です!

スポンサーリンク
レクタングル大

AmazonプライムメンバーはKindleが¥6,500の割引!

今日たまたまAmazonのページを見ていると衝撃の情報が!

Kindleが¥6,500OFF!

です!

Kindleとは、このブログでも何度もCCIEの勉強や電車での勉強の話の時に紹介しているAmazonの電子書籍リーダーです。

例えば以下の記事。

電車の中で勉強をする工夫を紹介します。混み具合によって勉強方法を変える。
CCIE短期合格のカギは 「いかに勉強の時間を見つけるか・作れるか」 です。これを、常に自分の生活スタイルを踏まえて考えることが...

電子書籍リーダーは本当に便利です。満員電車の中でも周りに迷惑をかけずに読書を楽しむ事が出来ますし、何冊持ち運んでも重量は電子書籍リーダーだけです。

このKindleですが、通常は¥8,980です。これでも十分安いのですが、今回期間限定でアマゾンプライム会員に限り¥6,500円OFFの¥2,480で購入出来ます!

kindle1

上記が、私が実際に私のプライムアカウントでカートに入れてクーポンを適用してみた画面です。本当に¥2,480になっていますね!安い・・・安すぎる・・・

ちなみに上記はキャンペーン情報付きモデルの場合です。キャンペーン情報付きもでると、なしモデルの違いは、電源を付けた時に広告が表示されるかされないかの違いだけです。読書中に広告が表示される事はありません。

自分以外の方へのプレゼントであれば、キャンペーン情報なしモデルの方が喜ばれるでしょう。ちなみに、キャンペーン情報なしモデルもカートに入れてみました。

kindle2

これも無事クーポンを適用する事が出来ました。¥4,480とキャンペーンありモデルよりは¥2,000円高くなりますが、5千円以下で電子書籍リーダーが買えるなんて・・・一昔前だったら考えられないですね。。

Kindle Paperwhiteはさらに割引される!

私はこちらの方が驚きました。

Kindleにはバックライトがある「Paperwhite」というモデルもあります。このモデル、本当の紙と同じような解像度&カラーで読書を楽しむ事が出来ます。個人的には上記のKindleよりもPaperwhiteの方がお勧めです。私は妻と母にこのPaperwhite版をプレゼントしました。

このPaperwhite版も期間限定で割引となっています。しかも!

¥7,300OFF!上記のKindleよりもさらに割引が高くなってる!

実際にカートに入れてみました。

Kindle3

通常は¥14,280のところが¥6,980になっとる・・・半額以下に・・・

多分、これ以上安くなる事は今後ないのではないでしょうか。

ちなみに、このKindle Paperwhiteもキャンペーン情報なし版もカートに入れてみました。

Kindle4

キャンペーン情報なしモデルでも1万円を切る!信じられん!

ちなみに、Kindleはwi-fiのみモデルとセルラー付きモデルの2種類があります。もちろんセルラー付きモデルの方が高いのですが、個人的にはセルラーモデルを買う価値はそれ程ないかと。昔はwi-fiがそれ程普及していなかったのでメリットあったのですが、最近はどこでもwi-fiありますからね。また、一度Kindleにダウンロードしてしまえば完全オフラインで読書が出来るので、セルラーが必要なシーンはほとんどありません。

個人的にこのタイミングでの購入をお勧めする理由

私は自分も含めてKinldeを5個購入した事がありますが、今回のタイミングで購入する事を強くお勧めします。

これ以上、安い割引は見た事ない

実はプライム会員だったらこれまでも割引で購入出来るクーポンがありました。

でも、それでも¥4,000OFFが最も大きい割引だったと記憶しています。Paperwhiteが¥7,300割引なんてKindleが日本に上陸してからずっとウオッチしてきましたが、一度もありません。

なので、多分今回の割引が最安になるのでは?と真面目に思っています。

電子書籍リーダーの機能は今後そんなに変わらない

これは別の記事でも紹介しましたが、電子書籍リーダーの機能は数年前から飽和状態になっています。

理由は、「読書をする」ことに特化したデバイスとしてはこれ以上成長する要素が少ないからです。

Kindleは既に通常の書籍並みの解像度になりました。また、バッテリーも(バックライトがあるPaperwhiteさえも)全く充電しないで数週間利用出来ます。重量も200g程度とめちゃめちゃ軽いし。

これ以上なにを改善出来るのか?というレベルまで達しています。

6月にはAmazonから新しいKindle「Oasis」が発売されますが、これも解像度の視点では現在のKindleと変わりません。重量が少し軽くなって専用カバーが発売されるくらいにしかスペック上は見えません。

Oasisは¥35,980で発売される予定です。そこまでのコストを電子書籍リーダーにかける必要があるのか?若干疑問です。

なので、安いうちに買っておくべきだと思うのです。今買っておいたら多分数年間は他の新製品と謙遜ない利用ができるでしょう。

プライム会員じゃない人も大丈夫です。今は無料期間があるので。

でも、これってプライム会員限定でしょ?

と思う方もいるかもしれませんが、、現在はAmazonプライムの無料体験中でもあります。

上記のAmazon公式リンクからプライム会員に登録すると無料体験を受ける事が出来ます。なので、その間に購入すればよいのです。

プライム会員になったらプライムビデオも見放題です。これは今回の記事の趣旨から外れるので、以下の記事を参照してください。(何気にGoogleで「プライムビデオ」で検索したらTop5位くらいに入っています・・・)

アマゾンプライムミュージックがすごい!使用感の徹底レビュー
本日いきなり開始されたAmazonプライムミュージックを早速試してみました! これで、私の生活に音楽という新たな要素が加わると思ったら...

私が最もお勧めするKindleは、ズバリ「Paperwhiteキャンペーン情報なし」!

私はKindleとKindle Paperwhite両方持っていますが、Paperwhiteの方が圧倒的に見やすいです。

Kindleはバックライトがないので、少し暗い半紙で読んでいる感じになりますが、Paperwhiteだと本当の白い紙を見ている感覚に陥ります。それくらい完成度が高い。

キャンペーン情報あり・なしモデルの選択は、お財布と相談すれば良いと思いますが、少しでも余裕があるのであれば絶対にキャンペーン情報なしモデルの方がおすすめ。今後数年間読書のお供になる訳なので、毎回電源をONしたときに広告が表示されるのも鬱陶しいので。私は一度もキャンペーン情報ありモデルを購入した事がありません。

何度も言いますが、私はKindleが日本に上陸して以来、何度も購入していますし、値段については逐次ウオッチしています。その中で今回の割引は最もお買い得だと自信を持って言えます。なので、少しでも電子書籍リーダーに興味がある方は、今のうちに購入する事を強くお勧めします!(別にデバイスだけ今購入しておいて、電子書籍は後ほど購入することもできますし)

とりあえず至急自分の目で確かめてきてください!

追記:私のアカウントではクーポンが既に使えませんでした。5月22日まで有効だったはずなのですが、他の方はいかがでしょうか?

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Pooh より:

    Kindleのお買い得ネタ記事ありがとうございます。
    以前、検討していましたが購入に踏み切れませんでした。
    私の英会話講師も最近購入したようで・・実物を見せてもらい、
    またこちらで今回このようなディスカウントキャンペーンを見て、
    再度購入欲が沸き起こりました。笑
    (現在プライム会員ではないので知りませんでした)
    iphoneでは読み辛さを感じ、アプリを立ち上げる事は少ないです。
    うーーーん、Kindle使いこなせるかな。。

  2. Pooh より:

    Amazonサポートセンターに問い合わせてみました。
    ・今回のキャンペーンは5月22日まで。
    ・プライム有料会員が対象。
     ※プライム有料会員に登録して、システムで認識されるまで3・4日かかるとの事・・でした。
    私は一度無料体験を経てますので登録をすればすぐに有料メンバーになりますが、システムで認識される期間を考慮すると即決しなければ・・のようです。

    • CCIE_TOZAI より:

      ご指摘ありがとうございます。
      既にクーポンが使えないなどの情報もまわっていますね。
      時間が出来たら私のアカウントでも使えなくなっているかを試してみようと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">