マイプロテインのプロテイン容器(6000ml)のレビュー

IMG_6017

マイプロテインのプロテイン容器(6000ml)を購入したのでレビューします。

2.5Kgのプロテインを入れるために購入したのですが、想像以上に使いやすくて買ってよかったです。

他のメーカーのプロテイン容器(ALLMAXのAllWhey)とも比較していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

マイプロテインのプロテインは袋で届く

このブログでも何度か取り上げているマイプロテインのプロテイン。

【初心者必読!】マイプロテインで実際に買ってみて解った事実と誤解
色んな噂や情報が錯綜しているプロテインの販売サイト「マイプロテイン」。 安いって聞くけど、「商品が破損してる」とか色んな噂があるから不...

激安にもかかわらず味も良いので何度も購入しています。

さて、他のメーカーのプロテインも同様のケースが多々ありますが、「容器」ではなく「袋」で販売されています。日本のメーカーも殆どがそうですね。

IMG_6024

チャックがあるので保存する上では問題ないのですが、大量に購入するとやはり容器に移したい。

特にマイプロテインの場合は2.5Kgとか5Kgで購入できます。5Kgだと1ヶ月以上持つので、さすがにチャック袋の状態では使いたくない。

となると別途容器に移し替えた方が衛生的に良いとなるのですが、手頃な容器を探すのも面倒です。

マイプロテインでは容器も売っている

実はマイプロテインでは容器を別途購入することができます。

>>マイプロテインのプロテイン容器(マイプロテイン公式)

「容器を別売りするのってどうよ?」と思う人がいるかもしれませんが、個人的には賛成です。

  • 容器は消費者全員が必要ではないので、相対的にコスト削減に繋がっている
  • 容器は洗ったら何度も使えるので、別売りの方が良い(ゴミが減る)

で、この容器ですが、いろんなサイズの容器(ボトル)があります。小さいのは1250ml用から6000ml用まで。

私は2.5Kgのプロテイン袋を購入している(色んな味を試したい)ので、2.5Kgのプロテインが全て入る容器を探していたのですが、容器はml表記なので全部入るかが不安でした。

ただ、ネットの評価で「2.5Kgのプロテインは6000mlの容器に入る」という記載があったので、試しに6000mlの容器を購入してみることにしました。

外観の紹介

こんな感じのボトルです。

IMG_6018

真っ白で「ただのボトル」です(笑)。個人的にはこのシンプルさが気に入りました。真っ白なので複数のフレーバー(味)を購入した際にマジックなどで味を書いておけるのもポイント高い。

IMG_6019

上にはバーコードが。このシールにも説明を記載できますね。

IMG_6020

大きさの比較です。右がALLMAXのホエイプロテインが入っていた容器。

ALLMAXのは2.27Kgのプロテインが入っている容器です。一見マイプロテインの容器のほうが小さそうに見えるので、本当に2.5Kgが入るのか不安になりました。ただ幅がマイプロテインの容器のほうが大きいので大丈夫。

IMG_6021

上から撮った写真です。やはりALLMAXの方が大きそうですが、これでも2.5Kg入るのか・・・

実際に2.5Kgのプロテインを入れてみた

さて、いよいよプロテインを入れてみます。

IMG_6024

今回入れたのは「Blueberry Cheescake味」です。別途記事を書こうかと思いますが、私はマイプロテインのホエイプロテイン全てを試しました。その結果、この味はとても良い。と言う訳で2.5Kgを購入したのです。

IMG_6031

これが2.5Kg全てを入れたあとです。本当にピッタリ入りました。

IMG_6032

ピッタリと言っても、もう少し入るくらいの余裕があります。まさに2.5Kgのプロテイン用に開発された容器といっても良いでしょう。

IMG_6033

マイプロテインのプロテインに付属している計量カップを入れても普通に閉まります。

まとめ。何度も使えるし、1つは買って損はない

ちなみにフタもしっかりしていて「開けやすく、閉めやすい」ので気に入っています。

値段も手頃ですし、部屋もスッキリする。衛生上も良い。

もっと早めに買っておけば良かったと感じたアイテムでした。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">