日本橋高島屋の「かいけつゾロリ大冒険展」に行ってきた(写真多)

IMG_3663

ゴールデンウィークのイベントの一つとして、家族で「かいけつゾロリ大冒険展」に行ってきました。日本橋の高島屋です。

今回は写真もたくさん撮ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル大

かいけつゾロリ大冒険展って?

5月8日(月)まで、東京の日本橋高島屋でやってる「かいけつゾロリ」の展覧会です。

実は、私自身はかいけつゾロリシリーズを子供の頃に読んだ事がありません。その時期は海外で過ごしていました。

一方、私の7歳の息子は、まさに「かいけつゾロリシリーズ」で育ってきたようなものです。子供には大人気のこのシリーズ、図書館だと毎回誰かが借りてて読めないくらいです。

2週間程前、たまたま電車の広告で、この「かいけつゾロリ大冒険展」を発見しました。で、GWのイベントとして行ってみる事にしたのです。

ネットで100円割引が可能です

これから「かいけつゾロリ大冒険展」に行く予定の人もいると思うので。

実は、公式サイトから100円割引クーポンを手に入れる事が出来ます。

>>30周年記念、かいけつゾロリ大冒険展(オフィシャルサイト)

このクーポンは、前売り券とかではない、店頭でのチケット購入に有効です。実際に私たち家族も利用して、大人2枚とも100円引きにしてもらいました。

つまり、上記のクーポンを利用したら大人でも1人700円で入場可能です。

ちなみに、中学生以下は無料です。私の家族はたった1,400円で楽しむ事が出来ました。さすが高島屋!

実際の大冒険展はこんな感じ

高島屋に入ったらすぐにわかります。8階です。

IMG_3740

エレベーターで8階に行ったら、上記のポスターがあるので、すぐに入り口に辿り着けます。

IMG_3741

ここが入り口。ゴールデンウィークの真っ只中に行きましたが、激混みという程ではなく、子供も普通に見て回れました。

ちなみにこの展覧会、写真は自由に撮って良いと言われました。子供の思い出を作る上でも非常にありがたい。

てな訳で、たくさん撮ってきた写真を紹介します。

IMG_3743

こんな感じで、実際の本で登場してくるアイテムも沢山展示されています。もちろん原画も沢山あります。私の子供はかなりのゾロリ本を読み込んでいるので、「あ!これ見た事ある!これも!」って感じで大興奮でした。

IMG_3744

これとか。新しい作品を読めるとかじゃないので、初めは息子が楽しめるか若干不安だったのですが、杞憂に終わりました。自分が知っているストーリーとかシーンとかがピックアップされて紹介されているのは非常に楽しいらしい。

IMG_3745

これとか、本を読んでないと解らないですね(笑)。でも息子はしっかり理解していました。子供って一回本を読むと(それを気に入ったら)絶対忘れないんですよね。

IMG_3751

まぁ、色々あります。敷地的にはそれ程広くはないのですが、その中に所狭しと本当にたくさん展示されています。

IMG_3754

本が発売された当時のニュースとかも紹介されていて、時代を感じる事も出来ます。

トリックアートについて

上記のアイテムとか原画の展示以外に「トリックアート」があるってのも今回の展覧会のウリです。

・・・が、ぶっちゃけトリックアートに期待して足を運ぶと若干肩透かしをくらうかもしれません。

というのが、トリックアートは以下の2点しかありません。

IMG_3748

この上に立って、ゾロリがイシシを助けるのを手伝う場所と

IMG_3750

この牢屋の中で写真を撮る。この2カ所だけです。と言っても、子供はそれだけでも嬉しそうでした。

売店について

「かいけつゾロリ大冒険展」を全て見終わるのにかかる時間は約20分くらいだともいます(7歳くらいの子供がいた場合)。流さずにじっくり楽しむなら1時間あっても足りないかもしれません。

全て見終わった後は売店コーナーに。本当に色んな「かいけつゾロリグッズ」が販売されています。クッキーとかラムネキャンディーとかのお菓子や、ペンとかファイルとかの文房具など。また、この展覧会でしか購入出来ない30周年の本とかも販売されていました。息子にはかいけつゾロリステッカーとラムネをお土産に買ってあげました。

IMG_3756

まとめ。ゾロリ好きな子供がいる家庭は、ぜひ!

絶対に喜びますよ。

入場料も激安ですし、中学生以下は無料なので、子供が何人いても値段は変わらない。

子供でも見やすいように展覧していますし、家族で楽しめる。非常にオススメなイベントでした。

>>30周年記念、かいけつゾロリ大冒険展(オフィシャルサイト)

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">