Strengthtapeキネシオテープのレビュー!長持ちする!

IMG_4160

久しぶりのレビュー記事です。

iHerbで「Strengthtape」というキネシオテープを購入したのでレビューします。

結論から言うと、9日貼っても問題なし、かぶれもなしと、非常に優秀なキネシオテープでした。

実際に9日貼ってみた写真も載せてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

少し前に「オススメのキネシオテープ」という記事を書きました。

10種類以上のキネシオテープを試した私がオススメするのはこれ!
今回のブログ記事では、実際に私がキネシオテープを10種類以上試して比較した結果、一番「買って良かった!」と感じたキネシオテープを紹介します。...

この記事では、実際に10種類以上キネシオテープを購入したことのある私が、本当にオススメのキネシオテープを紹介したものです。(本当に無駄なお金を使いました)

結論から言うと「KT Tape」というキネシオテープが一番オススメだと書きました。まぁ上記の記事を読んで頂いたらわかるのですが、要約すると以下の理由です。

  • かぶれない、痒くならない
  • 剥がれない
  • コスパが良い

てな訳で、私はKT Tapeを専ら使っていました。

で、たまたまiHerbでプロテインを追加購入する時に色々見ていて、このテーピングを見つけたのです。

>>Strengthtape(iHerb)(全商品5%OFF!)

パッと見た感じだと、以下が特徴のようでした。

  • 肩用、足用と用途ごとの製品がある
  • KT Tapeと同様に、ロール毎の販売もある
  • ロールはKT Tapeより安い

まず、肩用とか足用とか、用途ごとに種類があることに興味を持ちました。

これって、用途ごとに細かく切ったりされてるなら便利だな・・・と

あと、KT Tapeよりも単価が安いのも気になりました。コスパについては後述します。

ちなみにENDEVRっていう代理店でも購入できるようですが、iHerbの方が半額ほどで購入できました。

今回購入したStrengthtapeについて

キネシオテープの購入で気をつけないといけないことをおさらいしましょう。詳細は以下の記事を見てください。

キネシオ歴5年の私がキネシオテープ購入時に気をつける事、3点!
この記事では私がキネシオテープを5年以上使い続けてきて、購入前に気をつけるポイントを紹介します。 キネシオテープとは? 恐らくこ...
  • 肌色を買え!色付きは結局使えるシーンが少なくて困る!
  • 初めから大量に購入するな!
  • 色んな幅のテーピングは不要!

Strengthtapeは肌色も売ってますし、20本での販売もしてますし、幅は一番良く使う「5cm」だけです。

ただ、「肩用」とか「足用」とか、用途ごとの製品もあります。それは試してレビューしたい。

てな訳で、私は以下の3つを購入しました。

>>Strengthtape,ベージュ,20本(全商品5%OFF!)

>>Strengthtape,肩用(全商品5%OFF!)

>>Strengthtape,Knee(膝用)(全商品5%OFF!)

先に結論から言うと、肩用とか膝用とかは買う意味ないです。その辺は後述・・・

外観の紹介

いつものiHerbの箱で届きました。

IMG_4159

中を開けてみました。確かに3つあります。

IMG_4160

左から「20本(ベージュ)」・「肩用」・「膝用」です。

一つ一つ紹介していきますね。

20本(ベージュ)

全面にはお姉さんがStrengthtapeを付けている写真が。Pre-Cut Stripsとの記載がありますね。つまり、既に適切な長さに切られているので、ハサミがいらないって事です。後述します。

IMG_4161

後ろにはキネシオテープの特徴が記載されています

IMG_4163

側面には貼り方のサイトへのQRコードがプリントされてます。

IMG_4162

もいっちょの側面は中のテーピングが見える構造になってます。まぁ実際の店舗用ですね。

IMG_4164

実際に開けてみました。まず、当然ですが本体。

IMG_4165

そして、貼り方が記載されている説明書です。

IMG_4166

こんな感じで、様々な部位へのキネシオテープの貼り方が記載されています。英語がわからなくてもざっくりは分かるようになってます。でも、個人的にはYoutubeなどの動画サイトを見たほうが分かりやすいと思う。

IMG_4167

本体に戻ります。こんな感じでプラスチックシートを破る箇所があります。

IMG_4168

破って、さらにシールを剥がして初めて使えます。

IMG_4169

さて、この製品は「プリカット」なので、わざわざハサミでテーピングを切る必要がありません。

IMG_4170

こんな感じで、使用に適切なサイズに予め切られており、あとは台紙を破ったら使えるようになっています。

ちなみにKT Tapeも同じです。

「じゃあ長いテープが必要な時は使えないじゃないか!」と思われるかもしれません。

しかし、この長さ以上に必要なケースに「私は10種類以上のキネシオテープを使い、5種類以上の幅のキネシオテープを使い、10年ほどキネシオテープを使っている中で」一度も出くわしたことがありません

つまり、通常はこの長さで十分なのです。

ちなみに、テーピングを切る場合、普通のハサミで切ると「ノリがハサミについて非常に困る」状況に陥ります。なので、専用のハサミを買う場合hが殆どです。当然私も持ってますが、非常に面倒です。

プリカットを考えた人はとても頭がいい。

他のテーピングと大きさ比較

話を戻しますね。

せっかくなので、他のプリカットのテーピングと比較してみました。

IMG_4171

左から

  • KT Tape
  • CobraXionTape
  • StrengthTape

です。結局全て同じ大きさだということが分かりますね。この大きさが最適なのです。

ちなみに裏面はこんな感じ。

IMG_4172

Strengthtapeはグリッドが描かれており、この大きさからさらにカットする時の目安になります。ただ、これ以上切るときって半分に切るくらいだから、それ程関係ないと思う。

ちなみに、「肩用」と「膝用」は・・・

それぞれの部位用にプリカットされてるのかな!ワクワク!

って感じで期待したのですが・・・

まずは肩用を開けてみました。

IMG_4191

上の切り取り線から開けます。

IMG_4194

既に来られたキネシオテープが6セット入ってるだけじゃん・・・しかも色が黒と青です。私が沢山持ってるKT Tapeの色とまるかぶりです。しかも肌色以外は使いにくい・・・

IMG_4193

あとは左の説明書が入っていました。それだけかよっ!

IMG_4195

念のため、大きさの比較もしてみました。一番上が今回買ったベージュの20本の1本、その下が肩用Strengthtape、KT Tape、CobraXionTapeと続きます。

・・・何も違いがない・・

気を取り直して、膝用も開けてみました。(まぁ想像はつくけど)

IMG_4196

こちらも肩用と同じで上から開けます。出てきたのは・・・

IMG_4198

はいっ!同じくプリカットされたStrengthtapeが6本でした!

IMG_4199

こちらも当然ながら大きさは同じ。

つまり、肩用とか膝用とかは、説明書が違うだけで実際のキネシオテープは同じっぽいです。

この用途別Strengthtapeは一つ当たりの単価が高いので、買う意味ないですね。

実際に貼ってみた(どのくらいもつか?)

さて、キネシオテープでもっとも重要なのは

  • 効果があるか?
  • 貼ってる間に痒くならないか?かぶれないか?
  • すぐに剥がれないか?

ですね。

実際にためしてみました。

IMG_4173

まずは、部分的に剥がしてみました。糊の部分に注目してください。しっかりウェーブ状に糊が塗られてますね。これ、非常に重要です。空気の通しを良くして、かぶれを防ぐのです。

KT Tapeなど、最近のキネシオテープだとデフォルトの機能ですが、Strengthtapeもしっかりウェーブ状になってることが確認できました。

IMG_4174

今回は腕に貼ってみました。キーボードの打ちすぎで少し腕が痛かったので・・・

ちなみに腕はキネシオテープでも剥がれやすい部位の一つです。机とかによく当たるので、テープに負荷がかかりやすいのです。

この状態で1週間もつか試してみました。

  • 通常の生活をする
  • 1日一回はお風呂かシャワーを浴びる

4日経過

こんな感じです。

IMG_4217

恐ろしいほど剥がれてません。

なんか・・・肌の一部になってるみたいで逆に怖いです(笑)

手首の端の方が少し剥がれ始めてるのがわかりますかね?と言っても3mm程度ですが。

当然、毎日のお風呂かシャワーは欠かしていません。夏です。

9日経過

こんな感じです。

IMG_4219

中央部分は全く問題がありません。完全に肌と一体化してます(笑)

IMG_4218

しかし、さすがに端が浮き始めました。見た目的に微妙になってきたので、これで外すことにしました。実際にはあと数日くらい貼ってても大丈夫だと思いますが。

IMG_4220

剥がした後の皮膚はこんな感じ。右に少しあとが残ってるのがわかりますね。でも赤くなったりかぶれたりはしてないです。

かゆくなったか?

一切なりませんでした。夏場は汗もかくし、汗がテープに染み込んでかぶれるのが心配だったのですが、私のケースではかぶれたり痒みがでたりはしなかったです。

コスパを見ていこう

では、いよいよコスパの話です。

そもそも「テープが長持ちしなかった」「痒くなった」場合はコスパの比較自体やめようと思っていました。

前回の比較記事でオススメした以下のテーピングを対象にします。

  • KT Tape
  • CobraXionTape

KT Tapeは150枚ロールというバケモノロールがあります。ただ、それと比較するのは卑怯ですね。大量購入したら安くなるのは当然ですが、その分一回のコストが大きくなるので。

てな訳で、KT Tapeは15枚ロールの楽天最安値と比較してみました。

KT Tape(15枚) CobrXionTape(5枚) Strengthtape(20枚)
値段 1,869円 1,000円 1,655円
1枚単価 124.6円 200円 82.75円

Strengthtapeの圧勝です。テーピングは消耗品なので使い続けるほど値段差が地味に効いてきます。

ちなみに、KT Tapeの150枚ロールの楽天最安値は11,920円でした。これを1枚単価にすると「79.4円」です。

>>KT Tape(150枚)ロール(楽天)

でも、150枚も使わない人が殆どでしょう。私みたいに後先考えない人以外は(笑)

まとめ

かぶれないし、何よりも長期間持続する、非常に品質のよいキネシオテープでした。

ちなみに私は今回紹介した3つの商品だけを購入いたのですが、iHerbだと送料無料でした。軽いものは送料無料になりやすいんですかね。

>>Strengthtape,ベージュ,20本(iHerb)(全商品5%OFF!)

今後キネシオテープを購入する方は、以下の方針で購入すれば良いかと。

  • 初めから沢山使うことが分かってる人(部活とか)は、KT Tapeを買えば良い
  • それ以外の人はStrengthtapeを買えば良い
  • 「肩用」とか「膝用」とかは、コスパが悪いから買う意味がない

前回の記事の通り、KT Tapeの持続期間は8日程度だったので、1日あたりのコスパって意味だとStrengthtapeがさらに有利です。

.
勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">