シックスパッドを購入しました!実際に使ってみた感想とレビュー!

img_2457

シックスパッド(Six Pad)を本家から購入したのでレビューします!

追記:

この記事は「初代シックスパッド」のレビューです。最新のシックスパッドも購入してレビュー済なので、以下の記事を参考にしてください。

[SIXPAD新型]AbsFit2レビュー!性能が大幅アップ
AbsFit1(初代シックスパッド)も持っているのですが、ついついAbsFit2も購入してしまったので、ファーストインプレッションの感想を紹...

ついに買っちゃった!シックスパッド!

過去にコナミスポーツで試させてもらったことを書きました。

SIXPADを使ってみました!本音レビュー
今流行のEMS筋トレ器具の「SIXPAD」を試してみました。 私は今までEMSを使った事が一度もなかったです。 そんな初心者が、...

その時からずっと気になってたんですよね。もう少し長期間使ってみて、効果を試したかった。

で、今年の第一目標を「ダイエット」に決めて、腹筋運動の一部にシックスパッドを取り入れることを決意したのです!

1ヶ月で-7Kg目標のダイエット企画!この腹筋トレーニングを試すよ!
シックスパッドもやりますよ! この記事はダイエット企画の連載です。 今回のダイエットの具体的な目標については、以下の記事...

外観の紹介

私はシックスパッドの本家(MTG)で購入しました。理由は後述します。

今回購入したのは「アブズフィット」という腹筋専用のシックスパッドです。今回のダイエットでは腹筋メインでカロリー消費を促す予定だったので。

まずは、外箱を開けるよ!

img_2434

しっかりMTGのパッケージで到着しました。

img_2435

箱を開けてみました。Special Thanksが書いてあったり、細かいところで配慮がされていますね。

img_2436

さらに開けてみました。初めてのEMSってことで、ワクワクします!

img_2437

外箱から全てのモノを出してみました。

  • 本体がラッピングされた袋
  • プレゼント用のメッセージカード
  • 広告×2

私は自分へのプレゼントにも関わらず「プレゼント用ラッピング」を選択しました。なので、箱の中の本体も袋にラッピングされていました。

ラッピングを依頼したのには実は理由があります。後述します。

img_2439

これがメッセージカードの写真です。裏には(当然ですが)何も書かれていませんでした。

いよいよ、本体を取り出すよ!

img_2440

白く清潔感のあるラッピングがされていました。MTGのカラーである「オレンジとホワイト」のリボンで閉じられています。

img_2441

さて!袋から取り出しました。思ったよりボックスがデカい。

img_2443

裏面です。簡単な仕様と付属品について紹介されています。

img_2444

この箱、意外と洒落ていて、箱の全面がパカッと開く仕組みになっています。するとショーウインドウみたいにシックスパック本体を確認することができます。シッックスパッドはデザインもかなり力入れてますね。

img_2445

肝心の本体は箱の横から取り出します。上記の通り、スポンジで厳重に梱包されているので、配送時に破損することはまずないでしょう。

なんつーか、、、金かけてます。

第一印象は・・・本体がうすいっ!

これが素直な感想です。

コナミスポーツで試した時は気づかなかったのですが、シックスパッドってめちゃめちゃ軽くて、薄いです

写真だとゴツく見えるかもしれませんが、普通のお皿みたいな薄さ。

これだとお腹に貼っても不快感はなさそうだと感じました。

付属品の紹介

img_2447

本体を格納しているスポンジの下に入っている付属品も取り出しました。

  • 本体
  • シックスパッドを収納するスリーブ(クリアケース)
  • シックスパッドを保管する台紙
  • ボタン電池×2
  • ジェルシート×6
  • サポートベルト

ボタン電池は1つで稼働するのに、2つも付属します。サービスいいっすね!

img_2448

保管用の台紙とジェルシートの写真です。

このオレンジ色の台紙、ただの厚紙でできているのですが、捨ててはいけません。シックスパッド使用後に、この台紙にシックスパッドを貼り付けて保管します。地味に便利です。

ジェルシートは3枚が1袋に入っているので合計6シート。

使う為の準備をするよ!

では、さっそく使ってみたいと思います!

その前にセットアップしていきます。2つやることがあります。

ボタン電池を入れる

シックスパッドはボタン電池(CR2032)で稼働します。この電池は100均とかでも普通に販売されている汎用的な電池です。

ちなみに、ポケモンGO Plusも全く同じボタン電池で動作します。私はたまたま両方(シックスパッド・ポケモンGO Plus)を同じタイミングで購入したので、色んな種類のボタン電池を持つ必要がないから非常にありがたい!

img_2451

こんな感じで、付属のオープナーを利用し電池を入れるフタを開けます。そして、ボタン電池を放り込んでフタを閉めるだけ。

わずか30秒程度の作業。簡単です。

ちなみに、ボタン電池1つで30回程度は持つらしい。

ボタン電池自体もダイソーなどの100均で2つ購入出来るので、ランニングコストと言うにはあまりにも安いですね。

ジェルシートを本体に貼る

これは、少し手こずりました。

シックスパッドは直接肌に当ててはいけません。付属のジェルシートを本体に貼って、そのジェルシートを肌に当てて利用します。

なので、利用前に、本体にジェルシートを貼り付ける作業が必要。この作業は毎回必要な作業ではないです。あくまでもジェルシートを交換する時だけ。

ジェルシートは30回程度は利用出来るらしいから、1ヶ月に1回くらい交換することになりそう。
(実際にどの程度利用出来たかについてもレビューしようと思います)

では早速、ジェルシートを本体に貼っていきますね。

img_2452

まずはジェルシートを袋から取り出します。1袋には3つのジェルシートが入っています。2袋一気に開けちゃいましょう。

img_2453

袋から開けてみたジェルシート。上記の写真はオレンジのフィルムが貼っていますが、裏面は透明のフィルムです。

オレンジの面のフィルムを剥がして、シックスパッドに貼っていきます。

img_2454

こんなかんじで真ん中に切り込みが入っているので、オレンジの面のフィルムを剥がすのは簡単です。ネットで調べたら、切り込みが出来たのは最近らしい。昔は剥がすのに苦労したとか・・・

img_2455

ちょっと写真では見づらいですが、こんな感じで6つのパーツ全てに貼ります。

実際に使いはじめてから痛感したこと。この時点で、念入りに、多少は力を入れてもしっかりと本体に貼り付けるべきです。

ここでしっかり貼り付けとかないと、お腹から剥がす時に本体からシートが剥がれそうになります。

本体にフィルムを貼った時点では、肌に密着させる側のフィルム(透明のフィルム)を剥がしていません。このままでは肌にくっつかないので、この透明のフィルムを剥がします。

img_2518

上記は肌に密着する側のフィルムを剥がした状態です。これで指で触ったりしてもペトッとくっつきます。

以上で、シックスパッドを利用する準備が整いました!

早速使ってみた!使用1回目の感想!

使用する事前準備が終わったので、いよいよ使ってみます。

腹にシックスパッドを貼り付ける

シックスパッドの利用は非常に簡単です。腹に貼り付けるだけです

コードも何もありません。ただ、腹に貼り付けるだけです。ジェルシートの粘着力が思いのほか強く、貼ったまま走ったり屈伸しても全然剥がれる気配がありません。

ちなみに、冬はジェルシートが冷たくなっているので「うひひゃう!」って言いそうになります。

シックスパッドを起動してみる!

起動も簡単です。

img_2446

中央の「+」ボタンを長押ししたら、シックスパッドが動き始めます。

起動後に「+」ボタンを再度押したら、強度(レベル)が上がります。最大でレベル15まであります。

起動中に「-」ボタンを押したら、強度(レベル)が下がります。

23分で勝手に終了する(ピーッって音がする)のですが、「-」ボタンを長押しして、途中で終了することも可能。

本当に操作はこれだけです。

初めの1回は不安でいっぱいですが、やってみたら一瞬で慣れます。超簡単。

おぉ!腹筋が勝手に動くぞ!

起動させた直後はレベル1、つまり一番弱い強度です。でも初めは怖いので、普通はレベル1から始める人が殆どでしょう。

上記で紹介した通り、私はコナミスポーツで一度試したことがあるのですが、自宅では初めてです。

第一感想は

・・・腹筋が勝手にうごくぅー!

(自分の腹筋を見て)何か、、不気味(笑)

だって、自分の意志と関係なく腹筋が本当に動くのです。しかも、10分くらい続けていると、本当に(自分で筋トレしたみたいに)腹筋が疲労してくるのが感じられます

起動1回目は

  • 自分がどれだけ続けて問題ないか?
  • 「身体に悪影響がないか?
  • 歩いたり、動いても問題ないか?

とか、不安いっぱいになります。私は心配性なので、すっげー不安になりました。

でも、安心して下さい。1回(23分)やってみたら、慣れます。決してシックスパッドが効かないとかじゃなくて、「あぁ、EMSってこういうモノなのね」ってのがわかって安心出来るのです。

1回やってみた感想

実は、この記事を書いている時点では3回程試しています。でも、まずは1回目の感想を書きますね。

1回やり終わった感想ですが、、

確かに、普通の腹筋トレーニングみたいな疲労感が感じられた。

というのが率直な思いです。正直、想像以上にトレーニング効果が感じられました。

最近の技術って凄い!って素直に思った。

使い終わった後の片付け方法

シックスパッドは片付けも簡単です。

本体を身体から剥がす

つまり、身体に貼り付けているジェルシートを剥がす作業です。

これが慣れるまでは一番苦労するかもしれません。ジェルシートは粘着性が強いため、剥がすのもコツがいるのです。

とは言っても、ゆっくり剥がしたら問題ないはずです。私は初回から特に問題なく剥がすことが出来ました。

要は慣れです。3回目は10秒くらいで剥がすことが出来ましたし

本体を台紙に貼り付けて、クリアケースに入れるだけ!

本体を身体から剥がしたら、後は一瞬で終わります。

付属の台紙に本体を貼り付けて、クリアケースに入れて終了。

img_2457

この台紙、ただの紙なのですが、良く出来ています。次に利用する時にペロッって簡単に本体を剥がすことが出来る。

一瞬で剥がして、一瞬で装着して、一瞬で起動出来る。

10秒で開始出来るってのがシックスパッドの売り文句なのですが、これは事実だと感じました。

その他の補足事項

以上が、実際に購入してから初回利用までの過程と感想です。

ここからは、上記で「後述する」と言っていた補足事項です。

シックスパッドを本家(MTG)で購入した理由

シックスパッドは本家以外でも購入が可能です。

>>シックスパッド アブズフィット(アマゾン)

しかし、私は本家で購入しました。

理由は「値段が殆ど変わらなかった」とか「サポート対応がしっかりしてそう」とか色々あったのですが、決定打は「正規品だと保証されるのが本家だけ」ということです。

シックスパッドは偽物が沢山販売されています。これは、事実です。

実際に上記のアマゾンのレビューを見てみると、偽物を購入してしまった方が複数見受けられました。また、公式ページでも、模倣品が確認されているとの情報があり。

値段がそれ程変わらないのに、偽物を購入してしまうリスクを取りたくない。これが一番大きかったです。
安心感が違います。

>>シックスパッド アブズフィット(本家)

ラッピングで購入した理由

私はシックスパッドをラッピング購入しました。なぜか?

理由は「ラッピングだとジェルシートの定期購入が発生しない」からです。

通常の購入だと、ジェルシートの定期購入が自動的に発生します。自分からキャンセルの連絡をしないと、永遠に費用がかかってしまいます。

ジェルシートは劣化するので、定期的に購入が必要なのは当然ちゃぁ当然なのですが。。やはり勝手に費用が発生するのは気持ち悪い。自分がいつ飽きるかもわからないし。

さらに、これはサポート外になるのですが、正規品の半額以下でサードパーティー製のジェルシートも多数販売されています。その辺は別途記事で書こうと思っています。

ラッピングで注文すると、本来は他人へのプレゼント目的なので、定期購入となりません。実際に自分が試した結果です。

ラッピング自体は無料です。自分の知らないところで費用が発生する可能性を排除したいのであれば、ラッピングでの購入をオススメします。

ダイエットに利用し、効果を確認予定です!

以上がシックスパッドのレビュー・感想となります。

商品としては非常に高級感があり、利用するのも一瞬でできて、非常に満足しています。

あとは、肝心の効果ですね。。これはダイエット企画の方で活用する事によって、順次報告する予定です!

追記:

この記事は「初代シックスパッド」のレビューです。最新のシックスパッドも購入してレビュー済なので、以下の記事を参考にしてください。

[SIXPAD新型]AbsFit2レビュー!性能が大幅アップ
AbsFit1(初代シックスパッド)も持っているのですが、ついついAbsFit2も購入してしまったので、ファーストインプレッションの感想を紹...
[SIXPAD新型]AbsFit2レビュー!性能が大幅アップ
AbsFit1(初代シックスパッド)も持っているのですが、ついついAbsFit2も購入してしまったので、ファーストインプレッションの感想を紹...

最新シックスパッドに乗り換えて、半年間使った感想・効果については以下を参照してください。

シックスパッド購入前に「絶対」知っておいたほうが良いこと!5つ!
私はこれまで「シックスパッドの旧式(Absfit1)」・「スレンダートーン」・「新型シックスパッド(AbsFit2)」と、様々なEMS器具を...

勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">