AUのiPhoneのシムロック解除費用は店頭で支払いできた!

Lalatel0I9A9560_TP_V

AUのiPhoneのシムロックを無事解除出来ました。そして、店頭で支払いもできました。

去年別の店舗に行った時は「できません!」ってつっぱねられたのに・・・

スポンサーリンク
レクタングル大

去年の11月は店頭支払いが出来ないって言われた

iPhoneをキャリアで購入した方はご存知だと思いますが、iPhoneにはシムロックがかかっています。例えばAUで回線を契約した際にiPhoneを購入したとして、そのiPhoneはDocomoやSoftbankのシムを入れて利用する事が出来ません。シムロックがかかっているからです。

利用する為にはシムロックを解錠する必要があります。契約して6ヶ月経過したスマホはシムロックを解除する事が可能です。キャリアにもよりますが、基本的に以下の方法で可能。

  1. キャリアのメンバーページからWebで解除
  2. 店頭で解除依頼をする

「1」の方法について、例えばAUでしたらAU Oneのページから解除が可能です。しかも、無料です。

「2」について、こっちの方法は基本的にメリットがありません。店頭に行くのが面倒ですし、キャリアによっては費用がかかる場合があります。例えばAUでしたら¥3,000かかります。

なので、普通はWebで済ました方がいいのです。

でも、私は敢えて店頭でSIMロックの解除を行いました。理由はAU Oneのアカウントがややこしい状態になったから(詳細は省きます)。

そうすると、結果的に¥3,000の支払いが発生します。これはやむを得ない。

で、ここからが本題なのですが、店頭でSIMロックを解除してもらった場合、支払いは原則「次月の支払いに合算」されます。つまり、店頭での支払いができません。(ここから先はAUに特化した話)

で、本当に店頭で支払いが出来ないか何度か確認してもらったのですが、結局出来なかったってのが去年のトライです。

AUのiPhoneのシムロック解除費用は店頭で支払いできない!
AUのiPhoneのシムロック解除を店頭でするには費用がかかるのですが、それが店頭で支払いできない(翌月の利用料金と同時支払い)ことが分りま...

でも、よく考えたら・・・

まぁ、制度的に出来ないなら仕方ないな・・・

と諦めていたのですが、先日、ふと思いついたのです。

・・・解約したiPhoneのシムロックを解除したい人はどうするんだ?

AUの回線を解約した場合、当然次月の支払いに合算する事は出来ません。そもそもAUに登録していた個人情報を保持出来ないはずなので、必然的に店頭での支払いにならざるを得ないはず。まさかシムロック解除のためだけに個人情報を登録させられるはずもないだろうし。

てな訳で、再度AUショップにいって聞いてみる事にしました。

無事店頭払いできました!

今回訪問したAUショップは、前回確認したショップとは別の店舗です。(店舗名は敢えて伏せますね)

結論から言うと、全く問題なくシムロックの解除・店頭払いができました。

想像通り「解約した後のスマホのシムロック解除手続き方法」があり、その手順に乗っ取って支払い処理を進めてもらいました。当然、現行の回線は生きたままです。

必要だったモノは以下の通り。

  • シムロック解除をするiPhoneそのもの
  • 身分証明書

iPhoneは当然ですが、身分証明書はiPhoneを持ち込みした個人の証明書が必要らしい。つまり、解約後のiPhoneのシムロックは、そのiPhoneの回線契約をした本人である必要は無いそうです。これも考えてみたら当然ですね。回線解約後に知り合いにスマホを譲るケースも多々あるでしょうから。(この辺が回線とデバイスの紐付けが緩くなったメリットでもある)

実際の手続きにかかった時間は20分程度でした。回線を契約する時に必要な個人情報の記載とかは一切不要。(店員さんのタブレットにサインするだけ)

という訳で、前回紹介した「AUのシムロック解除の費用は店頭では支払い出来ない」ってのは間違いでした。(前回のAU担当者さんの情報が誤報だった・・・)

まぁ、上述のとおり、一番簡単なのはWebから解除しちゃう事なので、普通はやらないオペレーションだと思いますけどね。Webの方がお金がかからないし。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">