プロアクティブ洗顔器を徹底レビュー!5000円とは思えない高機能

img_2315

プロアクティブの洗顔器(洗顔ブラシ)を購入したので実際に使ってみた感想をレビューします。

結論から言うと、現在の4,900円キャンペーンで買えたらコスパ良すぎです。
安いのに快適に使えて、壊れた時の代替品がないので逆に不安になるレベルです。

追記:高級洗顔ブラシ「フィリップス」も購入したので、徹底比較してみました!

プロアクティブとフィリップスの洗顔ブラシ徹底比較!オススメは!?
今回はいよいよ「プロアクティブ」と「フィリップス」の洗顔ブラシを比較してみます! 結論だけ知りたい方は、最後を見て頂ければ結構です。 ...

洗顔器(洗顔ブラシ)が欲しくなってきた

洗顔ブラシって知ってますか?
こんなのです。

71bqfny0gcl-_sl1500_

上のはフィリップスの1万円以上する洗顔器。
要するに、電動で洗顔してくれるヤツです。

これ、テレビのCMでやってたんですけど、めっちゃ気持ちよさそう&便利そうでした。

私は面倒くさがりです。全て自動化したい人間です。
洗顔器を使ったら「洗顔が楽そう」「手で洗うよりもキレイに洗えそう」という、非常に安直な理由で興味が出てきました。

でも調べてみたら、高い

うーん、たかが洗顔、これ程までにコストをかけていいものか?

と悩んでいた時に「プロアクティブの洗顔器」を見つけたのです。

プロアクティブの洗顔器とは?

これです。

付属の洗顔器について:

  • 防水
  • コードレス
  • ブラシが2種類ついてくる
  • 速度も2種類ある

上記の洗顔器以外にも洗顔料など沢山付いてくる。
これ全てコミコミで、上記ページだと7,900円がキャンペーンで4,900円。さらに、60日間は返金OK。

・・・マジか。完璧やん。

はっきり言って、他の製品と比べてコスパが良すぎます
上記に書いた通り、殆どの製品は1万円を超えますからね。

4,900円だったら使えなくても諦めがつくし、口コミでも評価が高いし、と。思い切ってポチッてみました。
(自動的に定期購入プランになるので、製品のクオリティが自分に合うかは別途確認しましょう)

まずは購入した感想

第一感想は「めっちゃ簡単!気持ちいい!」

正直、購入直前は「実は手で洗顔した方が簡単じゃ・・?」と不安でした。
でも、一回使ってみると、その考えは完全に逆転しました

明らかに、手で洗顔するよりも簡単です。手で洗うよりも各面積にかける時間が少なくて済む。

また、やはりこれがもっと重要なのですが、想像以上に気持ちいい!
後述しますが、シリコンブラシが汚れを一瞬で取り除いてくれる感覚が。それも一瞬で。

「これで本当に洗えてるのか?」と不安になるくらいの気持ち良さです。CMをみた時は「ゴシゴシ」って印象だったので。
しかし、入浴後に自分の顔を触ってみると、間違いなく手洗顔よりも肌がツルツルしています

ブラシが想像以上に柔らかい!「ゴシゴシ」じゃない!

上記で少し書きましたが、CMではブラシが「ゴシゴシ」肌を洗う印象でした。
しかし、実際のブラシはめちゃめちゃ柔らかいです。当初のイメージと全然違った。

詳細は後述しますが、ブラシは2つとも鳥の羽みたいな柔らかさです。
よっぽど無理に力をいらないと、肌が傷つくことは無いのでは。

ブラシが2つ付いてきて、この値段は驚異的

性能・効果が感じられなかったら、安い商品でも意味が無いのですが。
個人的には手洗顔よりも確実に効果を感じました。ツルツルになりました。何よりも気持ちいい!

こんなに気持ち良くて、¥5,000円を切った値段で購入出来るのは、コスパ良すぎです。

外観の紹介

では、実際に購入した洗顔ブラシを紹介します。
私は上記のリンクで3,000円引き「3ステップセット」を購入しました。

箱を開けてみた

img_2314

じゃじゃん!清潔感のあるパッケージですね!

内容物を並べてみました。

img_2316

内容物は左から以下の通りです

  • スキンクーリングセラム
  • スキンスムージングクレンザー(洗顔)
  • ポアターゲティングトリートメント(美容液)
  • スキンブライトニングハイドレイター(薬用クリーム)
  • 洗顔ブラシ(シリコン)
  • 洗顔器(ブラシ含めた本体)

このセットは化粧品がメインのセットになっています。
洗顔ブラシはどちらかと言うと付属品扱いです。

プロアクティブはニキビ肌対応でも有名です。
ただ、今回はとりあえず洗顔ブラシの紹介がメイン。

洗顔ブラシのパッケージ

では、いよいよ洗顔ブラシ本体の紹介。

img_2322

フロントパッケージです。
うーん、ワクワクしてくる!

img_2323

パッケージの裏面です。
使い方などの手順が紹介されています。

img_2324

使用方法を拡大してみました。正式名称は「ディープクレンジングブラシ」
まずは洗顔を顔にのせて、ブラシを使うのね。ブラシに付けるんじゃないのか。

洗顔ブラシ本体

パッケージから出してみました。

img_2326

洗顔ブラシとしての付属品は以下の通り:

  • 洗顔ブラシ本体
  • 取り外し可能なブラシ
  • 単三電池

あとは、箱の外に入っていたシリコンブラシです。

img_2321

このシリコンブラシですが、初めの印象は「固そうだなぁ」でした。
でも、実際に触ってみると。。。

img_2329

めちゃめちゃ柔らかいです!ぷにぷにです!
なんつーか、杏仁豆腐みたいな柔らかさですね。

img_2331

ブラシも非常に柔らかいです。こちらは、鳥の羽みたいな触り心地です。
ブラシの柄もシルバーで高級感が漂いますね!¥5,000以下とは思えない

次にサイズの紹介です。
洗顔ブラシとiPhone6s Plusを横に並べてみました。

img_2333

かなりコンパクトですね。
この手のアイテムは小さい方が疲れないのでGoodです!

洗顔ブラシの使い方

使い方は非常にシンプル。

img_2332

この背面のボタンを一回押すと「低速モード」でブラシが360度回ります。
そして、もう一度ボタンを押すと「高速モード」になります。再度ボタンを押すと停止する仕組み。

写真を見たら分ると思いますが、ボタンが大きい!
洗顔をしてる時はブラシを直接見れないので、手探りで操作出来るのは非常に便利です。

実際に洗顔ブラシを使ってみた!

では、実際に使ってみた感想を紹介します。

当然お風呂場で

私は朝も夕方も洗顔をシャワー・お風呂のタイミングで行います。

img_2335

この製品は「防水」なので、こんな感じで適当に置ける!便利!
(簡易防水なので、お風呂の中に入れっぱなしとかはマズいっぽい)

まずは、ブラシで試してみた

顔に洗顔をつけて、いざ「スイッチON」。

シュワシュワシュワーーー
・・・おぉぉ!気持ちいいー!

まず「全然痛くない」です。
ブラシが当たってるって感覚はなく、濡れた鳥の羽で肌を触ってる感触

これで汚れが落ちるのか?
むしろ、そっちの方が心配になりました。

しかし、お風呂を上がって水分を拭き取ったら、明らかに通常よりもツルツルでした。
電動洗顔ブラシ、マジすげーー!って感動。

シリコンブラシを使ってみた

次にシリコンブラシを使ってみました。
(ブラシの取り替えは簡単。手で一瞬で交換出来ます)

おお!こっちの方が気持ちいいかも!

個人的には通常のブラシよりもシリコンブラシの方が「洗ってる」感が強くて好みでした。
こちらも「全く痛みはない」です。肌が傷つく不安は全くありませんでした。

変速モード(遅・早)の感想は?

上記で紹介した通り、この製品は2段階の速度調節が可能となっています。

ただ、個人的には「遅モード」で十分だと感じました。
このモードだけでも十分洗えるはずです。敢えて早くする必要は無いかと。

結論。コスパ最強!洗顔ブラシは良いものです

まず、洗顔ブラシ全般の感想を一言。

使ったら、手放せなくなる

私は使う前は「本当に必要かぁ?」と自問自答していました。
でも、実際に使ってみると「気持ちいい!」「便利!」としか言いようのない製品です。

次に、プロアクティブの洗顔ブラシですが。

超コスパ良し!必要十分の機能が備わっている!
¥5,000円を切ってこれだけの満足度は、通常ありえない!

と感じました。
通常ブラシもシリコンブラシも想像以上に柔らかい!非常に安心感があります。

とりあえず、洗顔ブラシを試してみたい人には非常にオススメの製品です!
(今回は洗顔ブラシのレビューなので、洗顔料などは別の機会に)

勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    レビューを読んで購入を検討していますが、通販のリンク先のセキュリティ証明書が不安でしたが、そのページで注文されたのですよね?

    • CCIE_TOZAI より:

      ブログを見てくれてありがとうございます。
      一番下のリンクですよね。はい、同じページのはずです。
      先ほど念のためリンク先の証明書を確認しましたが、Verisignによる「proactiv.jp」に対する証明書でした。
      但し、気になるようでしたら、再確認を推奨します。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">