ポケモンGOに最適なスマホはiPhoneSEである。その理由3つ

160720pokemongo_beginners_guide-thumb-640x360-98059

これが、iPhone6やiPhone6s Plus、Galaxy6sなど、様々なスマホでポケモンGOをプレイしてみた私の最終的な結論。

ポケモンGOが一番プレイしやすいスマホは「iPhoneSE」である。

今回はその理由を3つ紹介します。(前回の記事でかなり反響があったので、今回改めてポケモンGOに特化した記事にしました)

スポンサーリンク
レクタングル大

ポケモンGOに最適な画面面積である

当然ポケモンGOをプレイするためだけに設計されている訳ではないのですが。

ポケモンGOをプレイする上で、一番画面操作が発生するのは「ポケモンをモンスターボールで捕まえる」シーンです。

つまり、モンスターボールを投げる動作です。これがポケモンGOのユーザ操作の99%をしめる

この動作、単純に考えると、画面が大きい方が狙いを定めやすいように感じますが、実際は逆です。

ボールを投げる動作は、画面が小さい方がやりやすい。

私は実際にiPhone6とiPhone6s PlusでもポケモンGOをプレイしています。その体験を踏まえても、iPhoneSEが最もプレイし易かったです。

画面が小さい方がコントロールしやすい

モンスターボールを投げるとき(一部カーブがかかる例外を除いて)真直ぐ投げるのが基本になります。

真直ぐ投げる為には、画面の真ん中を下から上にスワイプする必要があります。

この動作、画面が大きい程ぶれ易く、想定外の方向に投げてしまう事が多くなります。

特に、片手でスマホを持っている場合、聞き手の親指だけで操作する事が殆どだと思います。そうすると例えば左利きの人だと、左にボールが曲がって行く事が多いはず。

iPhoneSEの画面が適度な大きさなので、下から上に正確にスワイプしやすいです。

特に女性の場合は指が短いので、男性よりも顕著に効果が確認出来るはずです。

画面が小さい方が、遠くに投げ易い

モンスターによっては、画面の遠くに位置しているので下から上のスワイプをより深く行う必要があります。

この動作はiPhone6やiPhone6s Plusだと聞き手の親指だけだと無理な人も多いはず。

私も同じです。iPhone6やiPhone6s Plusだと左手に持ち替えて、右手の人差し指でスワイプしないと置くまでボールが飛んで行きません。

でもiPhoneSEの場合、画面の面積が小さいので、右手で持ちながら親指一本でも余裕で置くまで投げる事が出来ます

レベルが上がる程、スマホの差が顕著になる

ポケモンGOはレベルが上がる程、次のレベルアップに必要なEXPが多くなります。

しかし、レベルが上がる程、EXPをゲットしやすくなる訳ではありません。

結局、現在見つかっている最も効率のよいレベルアップ方法は「ポッポなどの進化し易いポケモンをひたすら集めて、しあわせタマゴタイムで一気に進化させてEXPを稼ぐ」方法です。これをやるためには、進化のしやすいポケモンを沢山集める事が大前提になります。

レベルが上がる程、この「進化しやすいポケモン」を沢山集める必要があります。

逆に言うと、逃げられたりモンスターボールが尽きてしまう事による「取りこぼし」が大幅な時間ロスになります。

なので、レベルが上がる程、ポケモンの取りやすさが重要になってくるのです。

ポケモンGOに大きな画面は必要ない

そもそも、ポケモンGOに限って言えば、iPhone6やiPhone6s Plusのような大きな画面は一切不要です。

表示するのはマップとポケモンの一覧画面くらいです。

なので、画面が大きい事は、ポケモンGOを有利に進める上で全く関係ありません。

落下対策のケースが沢山ある!

スマホゲームで一番怖いのが、ゲーム中に誤ってスマホを落下させてしまう事です。落としてしまった時のためにも、ケースは必須です。

以下はAmazon公式でiPhoneSEのケースを検索した結果です。

お店によってはiPhone6やiPhone6s Plusよりも沢山のケースがある場合があります。iPhone5sと同じケースが使えるので、バリエーションに富んでいます。

特に女性向けのケースが多い傾向があります。なので、外でのプレイもかなり安心です。

iPhone6やPlusの人は友達から借りてみてください

この記事を疑う人は、一度iPhoneSEを持っている人からスマホを借りてプレイしてみてください。違いの大きさに驚くはずです。

iPhoneSEを持っている人に取っては、そのプレイし易さが当たり前なのです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">