Packet.netで実際にVIRLを使ってみた感想

KIM150922017481_TP_V

前回の投稿でVIRLをPacket.netに・・・という話題を共有しましたが、それだけだと無責任だと思ったので(笑)、実際に使ってみた感想を紹介します。もしかしたら、英語でも後ほど同記事をポストするかもです。

最近Twitterでも私のブログを見てくださっている方もいるみたいですし。

正直

嬉しい!!!

です。

スポンサーリンク
レクタングル大

VIRLをPacket.netへデプロイするまでの感想

デプロイするための手順

私は家のMacBookAirからデプロイを行いました。

ちなみに、CiscoのサイトではローカルサーバーにVIRLを入れた後にPacket.netへ転送する方法と、ローカルサーバーには一切VIRLを入れないでPacket.net側で新規にデプロイする方法の2種類が紹介されています。私は後者を選びました。

手順はCiscoサイトを参考にして頂ければ良いかと思います。

手順を見ればわかるのですが、ぱっと見ると、非常に複雑に感じると思います。アプリ開発とかに馴染みがない方なら、手順を見るだけでくじけるかも。。

でも、実際は本当に手順通りにやれば問題ないはずです。個人的にはMacかLinuxでやるのがオススメです。理由はこの場では割愛します。

Macで手順にそって操作を勧めていけば、全く問題なくデプロイができるはずです。

私は初回のデプロイの手順を完了させるのに約30分程度かかりました。terraform/git/vpnソフト(tunnelback)の導入を含めてです。後述しますが、2回目以降はterraform apply .だけなので作業自体は一瞬です。作業自体はね・・・

デプロイするのにかかる時間

前回の記事でも記載した、一番気になる点ですね。

私が検証した結果としては、以下の操作の合計が約40分でした。

  • Packet.net側で初期マシンの構築(10分程度)
  • 初期マシン構築後の、VIRL設定(30分程度)

上記の2つのプロセスは、一度バッチ(terraform apply .)を行った後は全て自動で行われます。

でも、やはり合計40分かかるのは正直辛いです。「これからラボ練習しようぜ!」と思ってから時間を待たされるのはモチベーション低下に繋がりますから・・・。

デプロイ後の感想

では、次にVIRLをPacket.netにデプロイした後の感想を。

私が利用したトポロジはINEのCCIE SP用のトポロジです。

  • IOSv:10台
  • IOS_XRv:4台

Type-1のプランだと全起動はできなかった

Type-1とはPacket.netの2つめの規模(32GBメモリ)のプランです。1hrで$0.40です。非常にお得ですね。

残念ながら、このプランでは全てのルーターの起動は出来ませんでした。具体的には残り4つのルーターを起動する時にメモリ不足で起動出来ません。

次にType-3のプラン(128GBメモリ)で試してみました。こちらだと何の問題もなく全14台のルーターの起動に成功しました。

ちなみに、terraformで自動実行する時にType-3のプランを利用するにはsetting.tfを以下のように変更します。

通常の上記の”baremetal_3″のところが”baremetal_1″になっているはずです。

なので、ine.comのCCIE SP用トポロジを起動させる為にはType-3のプランの利用が必須です。ただ、Type-3は1hrで$1.75もするので、かなりコスパが悪くなりますね・・・

Type-2を選びたいところですが、setting.tfを見ると、Type-1かType-3しか用意されていないようです。恐らく、Packet.netのイメージレポジトリの方の話だと推測します。

応答速度は、まぁまぁ

実際にine.comのCCIE SP用トポロジを起動させてtelnetしてみた感想ですが、応答速度は多少のラグはあるものの、全く使えないレベルではありません。ine.comのレンタルラックの応答速度とほとんど同じです。Packet.netの拠点が海外にあるからしかたないのでしょうね。

もちろん、ローカルとは比べ物にならないので、これは一度試してみて感覚を確かめて頂いた方が良いと思います。

2回目以降のデプロイは簡単

Packet.netは時間当たりの課金なので、検証を終えたらサーバーを消してしまう運用になると思われます。

2回目以降のデプロイは、terraform apply .をするだけ(厳密には、その後に取得したVPNファイルをVPNソフトに再読み込みが必要)なので、非常にお手軽です。

お手軽なのですが、もちろん40分のデプロイはもう一度覚悟する必要があります。

結論

以上が今回VIRL on Packet.netを試してみた感想です。

要約すると

  • デプロイ手順は手順書見た瞬間はげんなりするが、実際やってみたら簡単
  • 2回目以降のデプロイはもっと簡単
  • でも、一回のデプロイに40分もかかる・・・
  • しかも、ine.comのトポロジを起動するにはType-3という高いプランを利用する必要がある
  • コマンド入力等の応答速度はまぁまぁ

となりました。

じゃあ、私が今後も使うかと言うと・・・ine.comのラックレンタルトークンが2,000も残ってるから、本当に必要な時はこっちを使うかも(笑)。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">