任天堂の修理(スイッチ)の神対応を実際に経験した話

IMG_5183

任天堂のサポートのサービスは素晴らしいとよく聞くのですが・・・

今回は実際に自分が体験してしまった話です。

スポンサーリンク
レクタングル大

ニンテンドースイッチのプロコンが壊れた

先日、息子とニンテンドースイッチのスプラトゥーン2をプレイしていたところ・・・

「あれ?なんか移動するときの速度が遅いぞ?」

具体的には以下の症状です

  • プレイ中の移動が遅い

スプラトゥーン2ってプレイ中に移動するには「左スティック」を動かす操作になります。つまり、「左スティック」の動作が不安定なんです。

ただ、決して全く動かない訳ではない。50%くらいの確立で、普通どおり動く。

でもダメな時はずっと「非常に遅く移動」となってしまう。

これ、スプラトゥーン2をやってる人にはわかると思いますが、致命的です。速度と精度が重要なゲームなので。(私は最近はやってませんが・・・)

で、問題の切り分けをしている中で、原因が分かってきました。

  • ニンテンドースイッチ付属のコントローラーなら問題が出ない
  • プロコンだけ、問題が出る

つまり本体自体の問題ではなさそう。。

プロコンが壊れた?

何度かスイッチとのペアリングを再設定してみても症状は回復せず・・・

で、ネットで類似な症状を調べてみたら・・・

同じような症状で悩んでいる人、修理で治った人のサイトが多数見つかりました。

そうか、、壊れたか。

最近の私って呪われてるんですかね。この短い期間に

  • マウス
  • SSD
  • プロコン

と、ハードが連続して壊れています。

このブログでも「XXが壊れた。修理した。」って記事が増えてきて、もはや「XXの修理方法ブログ」に見えるくらいです(笑)。

まぁ形ある物は壊れるので、それは仕方ない。

と言うわけで、修理をしようと思いましたが・・・

保証書を捨ててしまっていた!

そうです。完全に私のミスです。

プロコンの保証書を捨ててしまっていました。

実は、プロコンの保証書は「プロコンの箱」にプリントされてるんです。なので、箱を保管しておく必要があります。

・・・箱を捨ててしまった!

がーん!

ダメもとで修理依頼してみた

この時点で修理は絶望だと思っていました。

でも、そもそもプロコンは今年発売された製品なので、保障の1年以内なのは確実です。

なので、ダメもとで修理依頼してみることにしました。それでお金がかかったら仕方ないかと。

修理自体は、まずはオンラインで修理依頼をします。すると修理用の番号が発行されるので、それを本体に含めて任天堂の修理センターに発送します。

この辺はオンラインの修理窓口の手順の流れで全てわかります。

上記のオンライン修理登録のときに「どれだけお金がかかったら連絡したほうが良いか?」というコメント欄がありますので、急に修理品が到着&お金の請求が、という事はありません。

とりあえず本体と「保証書をなくしてしまいました。もしお金がかかるなら連絡ください」というメッセージと共に、修理センターに送ってみました。

まぁ、1ヶ月くらい待ってみよう・・・

と思ったのですが・・・

4日くらいで届いた!

なんと!

3日目くらいに「修理センターから商品を送りました」メールが届いて、4日目くらいにヤマトさんからこんな箱が!

IMG_5182

中を開けてみたら、間違いなく送ったプロコンが入っていました!

IMG_5183

で、一番気になる「そもそも故障していたの?修理はしてもらえたの?」ですが・・・

IMG_5186

やはり左のスティックが故障していたようです。

で、修理をしてもらったとの事!

IMG_5184

これが実際に修理から返ってきたプロコンです。

IMG_5185

ちょっと見づらいのですが、少し使用した跡が残っているので、本当に修理をして貰えたみたい。

まとめ。任天堂の神対応は本当だった。

結局、ついか費用なく、修理対応をして頂きました。

正直非常に驚いています。いくら発売から1年以内の製品と言っても、任天堂側からすると「本当にその人が購入したかもわからない商品」なわけですから・・・

息子は今も喜んでスプラトゥーン2を遊んでいます。

本当にありがとうございます。(株価も上がって・・・本当にありがとうございます)

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">